FC2ブログ

救国の英雄

国家的英雄の条件はなにか?
一般的には”国土を広げること”と”国土を守ること”だといわれ、前者ではナポレオン・ボナパルトやヴィクトリア女王やピョートル1世が有名ですし、現在でもその祖国では一定の尊敬を集めているものです。
しかし、国土を広げた英雄というのは他方から見ると”侵略者”ということになりますから、全面的に賛美されるわけではありません。現代的な価値観からいうとなおさらそうなることでしょう。
その点、”救国の英雄”というのはどこからどう見ても英雄です。祖国では永遠の人気が約束され、外国からも賞賛される(敵国からは憎まれている場合も)国の宝ともいうべき存在です。
ネルソン提督やマンネルヘイム元帥や岳飛といった有名どころになると世界的にその名言が知られていたり、創作物になっていたりもしますよね。

そんな救国の英雄ですが、日本にももちろん存在します。
それは元軍を退けた北条時宗です。
大河ドラマになったこともあるのでご存知の方も多いことでしょう。
日本は他国から侵略にあった経験そのものがとても少ないので救国の英雄自体も数少ないわけですが、元という国家は人類史上でも最大級の帝国ですから、そこから日本の独立を守った時宗の功績というのは計り知れないものがあります。
冷静に考えると日本史上最大の英雄かもしれませんし、世界に自慢したら欧州人などは腰を抜かすかもしれません。

ただ、日本での時宗の評価ってそんなに高くありませんよね。知名度も低いし。
その理由は様々考えられますが、おそらく北条執権体制が源氏将軍を傀儡にしていたせいでしょう。
その後の足利幕府や徳川幕府(源氏を自称)の時代ではその功績が称えられるはずもありません。
近代でも主家乗っ取りはイメージが悪いでしょうね、楠正成が再評価されたことを考えればわかるというものです。
しかし、現在の我々にはそんな時代背景はありませんし、思想背景もありませんので、もっと公正に評価すべきです。
その決断と行動を見れば、間違いなくワールドクラスの英雄ですぜ。

ちなみに、時宗が撃退した元軍というのは元主力軍+属国となっていた高麗軍です。
また、元主力軍といっても、大元(元王朝)は蒙古国から起こったものの、蒙古人自体の数は少ないので、中国大陸にいた色んな民族で構成されていたことでしょう。
いまでいえば中国軍+南北朝鮮軍のようなものです。
”侵略”といえば中国や南北朝鮮は”被害者”という一面ばかりを強調しますが、”加害者”としての歴史もあるわけです。

しかし、未来志向の我々日本は”被害者”を強調しません。
私はそういう日本が好きです。
自衛隊が観艦式で北条氏の三つ鱗の旗を掲げるなんて、考えるだけでも恥かしすぎます。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード