FC2ブログ

清々しい新年のスタート

お正月というのはなんだか慌ただしいもので、年が明けたと思ったら、早くも今日4日は仕事初め。
明日はまた土曜日で休みになりますけど、なんとなく通常モードな気分です。
しかし、冷蔵庫を覗くと、そこはまだまだお正月。
お節料理の残りやお歳暮で送られてきた食べ物がぎっしりと詰まっているお宅も多いのではないでしょう。

ちなみに、色んなメディアが行っているお節に関する調査を見ると、日本人の8割以上がお正月にお節を食べているそうですけど、その内6割以上のひとが「三が日の途中で飽きる」と答え、3割のひとが「余らせてしまう」(捨てるという意味でしょう)という結果が出ているんす。
実家や親戚の家を思い出すとこんな感じなので、この数字は現実をよく現しているような気がします。
正直毎日お節って飽きちゃいますもの。3日くらいから洋食だの中華だの食べたくなりますよね。若いひとだとファーストフードとか。
そうなれば自然にお節が余ってしまうというものです。

そして、その”余りものランキング”でいうと、昆布巻き、田作り、煮しめ、かまぼこが四天王として君臨しているようです。
その下(上とも)には黒豆、栗きんとんもいますけど、そのふたつは”好きなお節ランキング”の上位にいるだけでなく、余ってしまったあとでもスイーツとしてのリメイクが簡単です。
長野県に住む私は、実家や親戚や友達へのお土産に〈栗かの子〉を持って行くのが定番ですけど、余ったらバタートーストの上に塗るのを勧めています。
これがかなり好評でして、そのために太ってしまったひともチラホラ…。

対して四天王は好きなランキングで下位にいるのに加え、かまぼこ以外はリメイクも簡単ではありません。
田作りは甘酢につけて柔らかくしてから青菜と和えるくらいでレパートリーはほとんど広がりませんし、煮しめは里いもをベースに他の品物を細かく刻んでコロッケにするひといるようですけど、かなり面倒くさいですよね。
昆布巻きなんて、ほんとどうしていいかわかりません。これは料理としての完成度が高すぎます。

しかし、そういうとき、日本には先人たちが残してくれた知恵があります。
余った食べ物の始末をつける料理といえば、お好み焼き、カレー、チャーハンが三巨頭です。
これでだいたいは対応できます。
しかもその三つは伝統的な日本料理ではないので、お節に飽きた舌も満足させてくれることでしょう。
煮しめなんかは品物によってお好み焼き(コンニャク・しいたけ)とカレー(里いも・ニンジン・れんこん)に分割で使えばいいですし、昆布巻きはチャーハンでいけます。
昆布と鮭を一緒にみじん切りにして、ご飯と卵とレタスと炒めると、思った以上に素晴らしいものになります。
これは余りものとは思えません。このために残してもいいくらい。

お節が綺麗さっぱりなくなってこそ、清々しい新年のスタートというものです!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード