FC2ブログ

2019アジアカップ・準々決勝ベトナム戦、VARがあってもなくても

大阪なおみがホークアイ(審判補助映像システム)でエースを確定させて日本人初の全豪オープン決勝進出を決めたのと同じ日、アジアカップ準々決勝の森保ジャパンもVAR(審判補助映像)に揺さぶられながらの勝利を収めることとなりました。

この試合は相手が格下のベトナムということで、今後に備えてスタメンをいじってくることが予想されていましたが、前の試合から変えたのは1トップの北川航也のみ。
この森保一監督の判断はかなり意外でした。
南野拓実と堂安律と酒井宏樹がイエローを1枚所持していただけに、乾貴士と伊東純也と室谷成の起用はあるかと思いました。
それだけ今大会のダークホースであるベトナムを警戒していたということでしょうか。
(※武藤嘉紀は累積警告による出場停止だったのでそれがなければまったく一緒だったかも。)

試合が始まってみると、ボールを保持する日本vs引き籠ってカウンターのベトナムという予想通りの展開。
しかし、日本はベトナムの5バックに手こずってなかなかチャンスを作れません。
グループステージのトルクメニスタン戦の雰囲気とよく似ていました。
あの試合は前半にまさかの宣誓を許したものの、後半になると大迫勇也の活躍もあって逆転したわけですが、この試合にはそのエースがいません。
代役の北川はあまりにも存在が希薄、トップ下の南野はゴールを欲しがりすぎてリズムがめちゃくちゃ…。

そんな日本でしたが、原口がドリブルで仕掛けてCK獲得、柴崎の正確なキックを吉田が頭でねじ込んで待望の先制弾!
やはりアジアだと”日本の高さ”は武器になる!
…と喜んだのも束の間、VARのチェックが入り、結果”ハンド”の判定でゴールが無効に。
スローVTRだと確かに吉田がヘッドしたボールが本人の手をかすめています。
ベトナム側はまったく抗議していませんでしたし、流れ的にはゴールそのものでしたから、VARがない試合なら普通に得点が認められていたでしょうね。

29分には日本のショートCKから冨安健洋がどんぴしゃヘッドを合わせるも、ベトナムGKが超ファインセーブ。
VAR判定といいこのプレイといい、日本にちょっと運がない感じになると、逆にベトナムは勇気を得たのか、そこから40分くらいまではベトナムの時間帯に。
37分の分厚い攻めも危なかったですし、38分のGK権田修一が吉田麻也に不用意に返したボールをベトナムに奪われ、シュートを立て続けに打たれた場面は肝が冷えました。
最後は権田のナイスセーブで終わりましたけど、これは完全にマッチポンプの権田劇場ですぜ。

前半終了間際は日本がベトナムゴールに迫るも、ネットを揺らすことなくハーフタイムへ。
本当にもどかしい45分でした。
前線でボールが収まらないのと、個の仕掛けがないせいで、5バックのベトナムをなかなか崩せません。

後半はなにか手を変え品を変えたい日本ですが、立ち上がりから柴崎岳と遠藤航のWボランチがパスを回すことで「相手ボランチを食いつかせる」(試合後、柴崎)ことでベトナムの守備ブロックに隙間を作り、そこにパスを出すと同時に、原口や堂安が積極的に仕掛けるように。

すると9分、中盤からのパスを前線が落とし、パスを繋げてから堂安がペナルティエリアに侵入したところで相手DFに阻まれるという惜しい形。
こういうのを繰り返してゆけばいずれ点は獲れる、もっともっとしつこく攻めろ!
多くのサポーターやテレビ視聴者がそう声援を送ったことでしょう。

そうして日本がまた攻めにゆこうとしたとき、ふいに審判がVARを求める仕草。
なんと、ちょっと前の堂安へのチャージがファウルの判定で”PK”に!
この唐突なプレゼントに舌なめずりをしたのは若獅子・堂安律。
これをきっちり決めて日本先制!
ほっとした!
ジャイアントキリングなど許してなるものか!

その後も日本は追加点を狙って圧力を持続させるも、北川の力不足などもあってなかなかゴールが割れないでいると、27分には北川→大迫勇也という交代。
時間は最初から決めていたようですね。
臀部の怪我からの回復具合と見るということなのでしょうけど、先制しておいて本当によかった。

ベトナムは前半からの日本の圧力のせいか後半は明らかにパフォーマンスが落ち、気力のみで立ち向かってきたもののチャンスらしいチャンスも作れず、力の差をまざまざと感じたことでしょう。
そんななか、水戸ホーリーホックに所属していたこともあるFWグエン・コン・フオンはときおり鋭いプレイを見せ、実力のほどを証明していました。
Jリーグへの再チャレンジをしてくれたら嬉しいかも。
ベトナムは他の選手のレベルも上がっていますし、”東南アジア王者”の看板に偽りはありませんでした。
ドバイのスタジムにはベトナムサポーターもたくさん詰めかけ、サッカー熱の高まりも感じられましたし、これからの成長が怖くもあり、楽しみでもありますよね。

そうして33分には原口元気→乾で左サイドが落ち着き、大迫のおかげで前線に起点が出来たことから日本の攻めはより分厚くなり、試合は一方的なものに。
追加点は入らず、40分過ぎにベトナムのカウンターが少しありましたけけど(44分南野→塩谷司)、”日本の完勝”という形でのタイムアップ。
これで2大会ぶりのベスト4が決まりました!

予想外に苦しい試合展開でしたけど、日本は集中の切れる時間帯もなく、逞しく戦い抜いたと思います。
チーム全体の意思が勝利に向かって統一されているのがこの森保ジャパンの強味です。
ただ、得点力不足はやはり解消されませんでした。
ベトナムがしっかり守っていたこともありますが、日本は攻撃のアイデアに欠け、南野と北川という個人の問題もあったといっていいでしょう。
厳しくいうと北川は実力不足。Jでさらなる進歩を期待します。
南野はゴールを欲しがって焦り過ぎ。前線のバランスにも悪影響を及ぼしています。

しかし、大迫(と乾)が入るとバランスが一気に改善されるのですから、やはりこのチームの攻めは”大迫ありき”です。
次の準決勝イラン戦では大迫がスタメン復帰するでしょうから、南野ももうちょっと落ち着いてプレイできるようになるはずです。
ちなみに、GS初戦は大迫がスタメンだったものの、中盤の要である遠藤が発熱で欠場していましたから、今大会の日本はいまだに”ベストメンバー”でスタートしたことがありません。
次の試合で初披露目ということです。
下馬評では「イラン有利」という声が多いようですけど、日本が真の力を隠したままここまで勝ち進んできたことを忘れてはなりません。

森保ジャパンはしたたかで逞しいチームです。
そこに強い結束力もある。
準決勝は南野のゴールで”1-0”と予想しておきます!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード