FC2ブログ

2019アジアカップ、決勝で負けることの虚脱感

1月5日から始まった2019アジアカップもいよいよ決勝戦。
我らが日本代表はのらりくらりとした勝ち上がりで、実力を不安視されてきたものの、準決勝では”アジア最強”イランに完勝し、チーム状態も良好。
しかも日程面でも逆の山より”1日”休息が多いという好条件。
また、アジアカップ決勝は4度進出して4度優勝という験の良さ。
そして相手のカタールは、若手主体で生きがよく、育成年代から国主導で一環強化してきた組織力と連携があるとはいえ、まだまだ雑な部分が多いチーム。
もちろんフィジカルもスキルも経験も日本が上。
これだけ条件が整うと、負ける気などまったくしません。
不安があるとしたら、遠藤航の負傷欠場と、主審がサウジ戦でナイーブな笛を吹きまくったラフシャン・イルマトフということくらいでしょう。
しかし、それくらいで彼我の差が埋まるとも思えません。

そんなわけで、私のみならず、日本のサポーターやサッカーファンはちょっと浮ついた気分で2月1日のゲームを観始めたと思うんです。
…ところが、とんでもない試合になっちゃいましたね。

まず立ち上がり、日本はチーム全体がやや重たい動きだったものの、ゲーム自体はコントロールし、格上感を醸し出しながら押し込んでいってFKやCKを何度か奪うという悪くない試合の入り方。
このままバランスを保ちながら、真綿で首をしめるようにして勝利をもぎ取ってゆく道筋か。
それがいきなり遭難コースに入ってのが12分のカタールの攻撃。
左にサイドチェンジしてから簡単になかに入れてきたボールを、ここまで8得点でアジアカップ記録タイのアルモエズ・アリがゴール背を向けながら足先でのしなやかなトラップ。
吉田麻也が寄せるも、それにかまわず鮮やかなオーバーヘッド。
GK権田修一のセーブも及ばず、まさかのカタール先制。
ちょっと信じられないような展開。
吉田の寄せが甘かったのはもちろん、シュートスピード自体は遅かったことを考えれば、権田は止められなかったのか…。

まぐれに近い感じのゴールでしたから、気を取り直したいところですが、日本は完全に動揺し、カタールが勢いに乗ったことでそこからはカタールの流れ。
日本の攻めは相手の5バックに手こずって、大迫にボールが収まりません。
すると、28分、カタールが中盤で細かくパスを回してから、アブデルアジズ・ハティムが左足でのミドル!
対応していた吉田の寄せがまたしても甘い!
このシュートが左隅に突き刺さって、カタールの追加点。
ハティムは準々決勝でも印象的なミドルを決めているというのに、簡単にしてやられるというのどういうことなのか、吉田の心が整っていなかったとしか思えません。
プレミアリーガーの肩書が泣いていますぜ。

それにしてもアジアカップでの2点ビハインドというのは、この四半世紀なかった危機的状況。
会場の日本サポーターも、テレビで応援する日本人も眩暈がしてきたんじゃないでしょうか。
しかしW杯ベスト8以上を狙うチームならここから逆転すべき。
ロシア大会ではベルギーが日本相手にそれをしたではありませんか。

そうして日本は重い腰を上げたように逆襲に移りますが、効果的な攻撃は見られず、時間だけが過ぎて行き、前半は0-2のまま終了。
吉田のミスはもちろん、遠藤の欠場で塩谷司が入ったボランチでバランスを取れなかったこと、相手の5バックに縦パスを封じられた上に、相手の最終ラインからの組み立てを容易に許したことがこのスコアに繋がったといっていいでしょう。
しかしこのアジアカップの森保ジャパンといえば”後半からの修正”がひとつの売りです。
まだまだ諦めちゃいけない。

予想通り、後半は開始直後からギアを上げた日本が圧力を強めていきます。
前半になかった積極的な仕掛けでセットプレイを奪い、そこから”高さの優位”を生かして得点を奪いにゆくというリアリスティックな選択。
カタールは2点のリードがあることから引き気味のカウンター狙いでしたが、日本がセカンドボールを拾うのでほとんどピンチになりません(一度だけビビった場面も)。

しかしそれでも日本の決定機は訪れず、森保一監督は17分に武藤嘉紀を投入(←原口元気)。
”フィジカルでゴリ押す”という明確なサインです。
トップ下だった南野も左にポジションを移したので「俺が俺が」になりにくいはず。

このあたりからはカタールも、日本の圧力と中2日のせいか、だいぶ疲れが見えてきて、日本の得点の匂いが強まってきます。
そして後半24分、酒井宏樹のパスが跳ね返され、それを拾った塩谷がワンテンポタイミングをずらしての縦パス、これに反応した南野がチップシュート!待望のゴール!これで1-2!
まだまだわからんよ!

そこからは瞳をギラつかせた武藤を中心に、日本はパワープレイ気味のエネルギッシュな攻めを繰り返します。
これは日本本来の形ではありませんが、カタールにはこれが最も効果的。
20分も時間があれば、いつかはこじ開けられるはず。
走れ日本!

そうしてじりじりする時間が流れるなか、34分、カタールの久々のカウンター。
日本がかなり前掛かりになっていたこともあって、するすると攻め込まれると、PA手前からシュート!
これは柴崎がつま先に当ててなんとか難を逃れるも、カタールのCK。
しかしセットプレイは体格で勝る日本が有利ですし、リードしているカタールはリスクをかけてこないので、まあ大丈夫か。

そしてこのCKも吉田が競り勝って、ことなきを得た…はずだったんですけど、カタール選手が「ハンド!」をアピールし、今大会から導入されたVAR判定へ。
この間、テレビではスローVTRが流されましたが、確かに吉田の手に当たっています。
なぜジャンプしてときに脇を開けて腕を上げているのか…。
眩暈がしてきた、悪夢のようとしかいいようがありません。
もちろんビデオ確認したイルマトフ主審の判定もPK。
これをあっさり決められて1-3。
日本の追い上げムードは完全に雲散霧消。
残り10分での2点差はきつすぎる。

日本はボランチの塩谷を削って伊東純也を投入するというリスクの高い交代で、さらに前掛かりになるも大した効果は表れません。パワープレイなら塩谷を残すべきだったような。
そして最後のチャンスらしいチャンス、44分の日本のFKではニアで流したボールがファアの吉田へと届く、かなりのビッグチャンスでしたけど、吉田はヘッドを大きくふかして枠の外。
この日の吉田は呪われているかのよう。
がっくりと蹲る吉田にはもはやチームを引っ張るキャプテンの面影はどこにもなく、武藤に「まだあきらめるな」といわれんばかりに助け起こされます。

アディショナルタイムは5分という長めのものだったものの、ゴールは遠く、結局1-3で試合終了。
ハードラックを跳ね返せないまま、日本は初めて決勝で涙を飲むこととなりました(森保ジャパンとしても初の敗戦)。
優勝カップの横を素通りすることの悔しさと無力感がこんなにも大きいとは…。
敗因を一言でいえば「吉田」ですけど、ひとりの不出来をカバーできなかったのはチーム力の低さに他なりません。
いまの日本代表の実力はそんなものなのです。
アジアでも突き抜けているわけではないんです。

しかし森保ジャパンはこの手痛い敗戦を糧に成長せねばなりません。
成長を止めることこそが真の敗北なのです。
次のW杯でのベスト8、2030年までのベスト4に向かって立ち止まってはいられません。
虚脱状態もいまだけです。
人気ブログランキングへ
明日はこの決勝を含む、アジアカップ全体での森保ジャパンについて振り返ってみたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード