FC2ブログ

新元号は令和

「新しい元号は令和(れいわ)であります」

今上陛下が天皇として約200年ぶりに譲位(生前退位)されるのにともない、今上陛下存命中に次の元号が決まるという異例の形となった今回、国民の間でも”予想”を含め、大きな注目が集まるなか、今日平成31年4月1日午前11時30分過ぎ、新元号の発表が行われました。
これで来月1日から令和が始まるわけです。

発表した菅義偉官房長官によると、典拠は『万葉集』で、梅の花を詠んだ32首の序文、「時に初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す(于時初春令月 氣淑風和梅披鏡前之粉 蘭薫珮後之香)」からとのことでした。
〈令〉は”良い””素晴らしい””美しい”といった意味でしょうし、〈和〉は”やわらか””仲良い”、”和の国日本”という意味だと思います。
いまはまだちょっとしっくりきませんが、音の響きも文字の並びもなかなか好印象です。

この発表の後、記者会見に臨んだ安倍晋三総理は選定の理由について、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められております」「『万葉集』は皇族や貴族だけではなく、幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書であります」と説明していました。
あわせて述べられた、「文化を育み、自然の美しさをめでることができる平和な日々に心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ちあふれた新しい時代を国民の皆様と共に切り開いていく」との決意も前向きなものですし、新しい時代へのワクワク感に溢れる新元号発表だったと思います。

その明るい雰囲気でいえば、菅長官はこれまで見たことのないようなウキウキした顔をしていましたね。
小渕恵三元総理の平成のときのように、新元号発表会見は長く歴史に残りますから、まさに晴れの舞台という感じだったのでしょう。
これも平成を代表する名官房長官として長く活躍してきた御褒美だと思います。
また、同じようにテレビ中継に映る国民もみな笑顔でした。
平成のときは私もうろ覚えですけど、昭和天皇の崩御があったので、こんな雰囲気じゃなかったような気がします。
平成の色紙を掲げる小渕さんの顔も固かったですしね。
この”おめでたムード”を見ると、今後も国民は譲位での御代替りを求めるかもしれません。

この新元号ですが、もちろん私もあれこれ予想していました。
政府の選定基準は「書きやすく読みやすい感じ2文字で、過去のものとかぶらず、国民の理想としてふさわしいもの」となっていますが、これに加え書類などの生年月日欄で明治はM、大正はT、昭和はS、平成はHに丸をつけるという場面があるので、アルファベットの頭文字もそれと異なるのは間違いありません。
そして典拠はこれまでの中国の古典に加え、日本の古典も参考にするとの政府関係者の意向が報道されていたので、どちらかというと日本の古典になりそう。
『日本書紀』や『古事記』、『万葉集』や『古今和歌集』といったところでしょうか。
国民国家の観点から、様々な身分の心情が詠まれた『万葉集』があやしい…。

私には古典の知識がそこまでないので、2文字を予想するのは不可能でしたけど、”いい意味の漢字”ということから直感的に〈和〉か〈安〉が思い浮かびました。
しかし、ちょっと調べると過去に安和(あんな)という元号があるんです。
ですから、この2文字が同時に使われる可能性はゼロ。
そして〈安〉は、元号選定の最終責任者である”安”倍総理の苗字にもふくまれていますから、これを選ぶのはいかにも不敬。
また、〈和〉は昭和にも用いられていることから可能性は低く、使われるにしても最初の文字に来るかどうか…。

そういう予想だったので、〈令和〉と聞いて「半分当たった!」と喜びたいところですけど、2文字目にくるのは意外でしたし、〈令〉はまったく頭にありませんでした。
専門家によると、〈令〉が元号に使われるのは初めてだそうです。
昭和と同じ2文字目の〈和〉も予想したひとは少なかったんじゃないでしょうか。
メディアや企業が行った予想企画でも、この〈令和〉と〈令〉の字はまったくなかったみたいですし、そこをかいくぐりながら美しい2文字を考案した匿名の委員(元号と特定個人の結びつきを感じさせないためだそうです)はお手柄としかいいようがありません。

ちなみに、この〈元号〉を使っているのは世界のなかでも日本だけです。
西暦を使う国々では御代替りのたびに元号が新たになるのを「非効率的」と笑っているみたいですけど、我々からすれば、新しい時代が来るワクワク感を100年に1度しか感じられない彼らに同情するだけです。
”合理性”でいえば、日本も西暦を併用していますけど、それは世界の政治や経済を牛耳っているのがキリスト教の国々なので、仕方なくそうしているにすぎません。
本来ならば、我々は元号と皇紀(神武天皇即位紀元)を併用したいところなんです。
これはイスラム歴と西暦を併用している中東のひとたちも共感してくれると思います。

また、日本には共産党の志位和夫委員長のように、「元号は時をも君主が支配するとの考えからきている。国民主権の原則になじまない。西暦でいいのではないか」なんていって”元号廃止”を訴えているひとがいますけど、西暦はキリスト教の暦ですし、だいたい暦(紀年法)というのは宗教か国家が定めたものですぜ。
天皇制が嫌というだけのイチャモンもたいがいにしてほしいものです。
天皇制に反対するのはご自由ですけど、真正面からそれを国民に訴える覇気がないのは本当に情けない。
護憲を叫びつつ、憲法に定められた天皇制に反対しているのもダブルスタンダードです。

というわけで、新元号発表を機に、みんなで日本という国を考えたいですよね。
未来を生きる若者や子供と一緒に。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード