FC2ブログ

令和元年5月場所、歴史的なトランプ杯

平幕優勝は「上位との対戦がない」ことを理由に、それを好まない相撲ファンもいますけれども、14日目の大関・豪栄道との相撲を見る限り、朝乃山(西前頭8枚目)は賜杯を抱くに相応しい実力を持っているといっていいでしょう。
立ち合いは豪栄道の踏み込みが鋭く、右差し左上手を許した朝乃山が不利に見えたものの、思い切りよく先に攻めることで豪栄道に後手を踏ませ、得意の左上手を取ったことで豪栄道の逆襲をしのぎ、最後は見事に寄り切って勝利を収めました。
大関と胸が合う相撲を取って完勝したのですから、文句のつけようがありません。

この次の取り組みで横綱・鶴竜が栃ノ心の変化に対応できずに敗れたことで、朝乃山の初優勝が決定。
令和最初の初場所で25歳の若武者が爽快な番狂わせを演じてくれました。
「大器」といわれながらも伸び悩んでいた朝乃山ですが、新時代を引っ張る力士のひとりになってくれそうです。
優勝、おめでとう!
(※栃ノ心は13日目に”疑惑の判定”で大関復帰の10勝目を逃していただけに、注文相撲でも会場は大盛り上がり。珍しい光景でした。)

そして今日の千秋楽は、安倍晋三総理夫妻に案内されたトランプ大統領夫妻が来場。
現役アメリカ大統領が大相撲を観戦するのは初めてということで、歴史的な一日となりました。
役力士の取り組みとなる最後の5番だけの観戦でしたけど、午後5時前に総理と大統領が入ってきたときの異様な雰囲気はちょっと記憶にありません。
警護は物々しいのに、観客はそれを一切気にする様子もなくスマホで写真を撮りまくり、なかなか興奮が静まらず、「座ってください」とアナウンスが入るなんて、初めてのことだったと思います。
天覧のときはお行儀良くしている相撲ファンたちも、ここぞとばかりにハメを外したのでしょう。

そこからの5番はどれも真っ向勝負で、力士たちも気合が入っていましたけど、トランプ大統領は相撲のルールがわかっているのかわかっていないのか、ポカンとした顔で土俵を眺めていました。
相撲は最も試合時間の短い格闘技だけに、仕切りも含め、その独特の間合いに慣れるのは時間が必要かもしれません。

もっとも、トランプ大統領の目的は観戦ではなく、表彰式だったのか、朝乃山にアメリカ大統領杯を渡すときは満面の笑顔でした。
表彰状の読み上げの際も「Reiwa One」としっかり入れ、自分が長い大相撲の歴史の一部になったことにご満悦といったところでしょう。
大相撲にも箔がつきましたし、Win-Winの一日でした。

こういうのは来てくれることに意味があります。
楽しんだかどうかではありません。
それは今回のトランプ大統領の来日にもいえることです。
首脳会談はするものの、”共同声明を出さない”ことが事前に明らかになっていたため、一部メディアや野党議員、有識者は「無意味だ!」と批判していますが、新しい時代の最初の国賓としてアメリカ大統領を迎えることそのものに意味があるんです。
現在のアメリカ中心の世界秩序を支えているのはいうまでもなく米英同盟(NATO)と日米同盟(太平洋同盟)です。
アメリカに対抗している国々は、これが少しでも緩むことを期待しています。
日本が民主党政権、アメリカがオバマ政権だった頃のことを思い出せば、その危険性はすぐにわかります。

いまの日本は、アメリカのグループに所属するのが最善の選択肢です。
令和も強固な日米同盟を維持せねばなりません。
アメリカの太刀持ち・露払いと揶揄されても、自分が横綱になるつもりがないのならば、そのポジションで十分なのです。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード