FC2ブログ

19年女子W杯、苦しいスタートのなでしこ 必要なのは勇気

「大会中に何かのきっかけで大きく爆発的な力を発揮してくれそうな選手もいます」

なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督は、2019女子W杯に向けたメンバー発表の席で、自信に満ちた表情を見せていました。
今回の代表は平均年齢24.7歳という大幅な若返りを計ったわけですが(出場国でも2番目に若い)、そのうちの多くは高倉監督がアンダー世代から鍛え上げ、U17で優勝するなど結果を残してきた面々であり、いわば秘蔵っ子たちです。
それが監督のもと団結し、爆発すれば、このところ閉塞感漂うなでしこジャパンの殻を破り、結果を出せるという目算なのでしょう。
確かに若い力というのは可能性に満ちています。
昨年の男子W杯でも、優勝したフランスの平均年齢は下から3番目、4位だったイングランドは2番目でした。

しかし、若さというのはプラスに働くだけではありません。
大舞台での重圧に足が動かず、連携がギクシャクし、判断力やアイデアも失われ、「こんなはずじゃない…」というままにゲームや大会を終えるチームも珍しくないんです。
6月11日に行われた初戦のなでしこがまさにそうでした。
GSで最も格下の相手、絶対に勝ち点3を取らねばならぬアルゼンチン相手にまさかの0-0。
守備に徹する相手を最後まで崩しきれませんでした。

ちなみにスタメンは、GK山下 杏也加、4バックに鮫島彩・南萌華・熊谷紗希(CAP)・清水梨紗、ボランチに杉田妃和と三浦成美、
左MFが長谷川唯、右に中島依美、2トップは横山久美と菅澤優衣香。
予想通りのメンバーであり、特にアルゼンチン対策などせず、自分たちのサッカーでゴールをこじ開けるというイメージでしょう。

しかし、前半からボールは圧倒的に保持するも決定機はなかなか作れず、シュートも少なく、なんとも息苦しい展開。
後半は12分にジョーカー岩渕真奈を投入し、途中から4-2-3-1へ布陣を変え、攻撃にやや厚みが増すも、それでもネットを揺らすことはできませんでした。
なでしこが得意とする連携も、岩渕らの個人技も効果を発揮しませんでしたし、パワープレイはもともと苦手なチームなので、時間が経てば経つほど手詰まり感が激しく、ゲームセットのときはまるで負けたような雰囲気でした。
対照的に、相手のアルゼンチンは出場3回目にして”初の勝ち点”ということで大喜びでした。
高い集中力と気迫でゲームプランを完遂した彼女たちには、素直に拍手を送りたいです。

この試合でなでしこが無得点だった原因は、やっぱり”勇気”なんだと思います。
なでしこジャパンというチームは、選手のフィジカルや運動能力が劣るため、選手間の距離を近づけ、その連携によって攻守ともに戦うのを常としています。
守りでは運動量とポジショニングで数的優位を作り、攻めでもSBやボランチの攻撃参加が必要となるわけです。
しかし、攻撃に人数をかけるということは反撃時の守備の不安を伴います。
守備にも人数をかけたいチームですから、その不安は大きなものがあると思います。

でも、だからといって前に足を運ばなければ、得点は取れないんです。
この試合で唯一決定機と呼べたのは後半11分、右SBの清水がクロスを送り、ボランチの杉田がPAに侵入して囮なり、長谷川がシュートを撃ったものの、信じられないミスキックになった場面くらいです。
ここは後ろを振り向かない”勇気”を感じました。
こういうプレイを前半からできなかったことが敗因だと私は思います。

なでしこジャパンが11年W杯で優勝するなど、栄光の時代を築いた頃、ボランチにはレジェンド澤穂希が君臨していました。
彼女が野生の勘で攻守に渡ってキーマンとなることで、なでしこは得点力を維持していたんです(それと天才・宮間あやの正確無比なキック)。
ここぞというときに、澤が勇気を持ってPAに飛び込んでゆく姿は、多くの日本人が記憶しているところです。
そして、その澤がスタメンを退いてから、なでしこは弱くなった。勇気がなくなった。リオ五輪を逃したのもそのせいといっていいでしょう。
やはりなでしこジャパンにはポスト澤が必要なんです。
みんなの勇気を奮い立たせる存在が必要なんです。

それになれるのは、いや、なるべきなのは杉田妃和です。
杉田が爆発せねば、なでしこはなんの爪痕も残せぬまま大会を去ることになるでしょう。
杉田は22歳の若手ですけど、澤も宮間もその年齢のときはすでにチームの中心でした。
先輩に遠慮することはありません。
もう引っ張っていかなきゃいけない立場ですぜ。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード