FC2ブログ

久保建英、レアル・マドリーへ

いま、世界のサッカーシーンで最も熱い話題といえば、エデン・アザールのレアル・マドリー加入ですが、こと日本においては”久保建英”です。
スペインの有力各紙が伝えるところ、同じくレアル・マドリーへの移籍が決定したいうのです!
私も含め、これに驚いたひとは多いと思います。
なにしろ、久保くんといえば、FCバルセロナのカンテラ育ちですから、ライバルであるレアルへの鞍替えはいわゆる”禁断の籍”になりますからね。
久保くんはもはやバルセロナに帰ることはないでしょう。

もっとも、久保くんのレアル加入の背景にあるのは、バルサの久保くんへの評価です。
報道によると、久保くんは当初バルサ復帰を希望していたものの、バルサ側は30万ユーロの年俸とBチーム(スペイン3部)での2年間のプレイを提示したのに対し、レアル側は100万ユーロ×5年という太っ腹な金額と所属はBチームもしくはレンタル、そして海外ツアー(アジアツアー)でのトップチーム帯同という好条件で久保くんを振り向かせたというのです。
この報道が本当なら、”プロ選手”として、レアルを選ぶのは当然です。
クレ(バルサ・サポーター)の一部は早くも「裏切者!」と叫んでいるようですが、その怒りの矛先はバルサの編成に向けるべきです。
久保くんがレアルのトップチームに昇格したときはなおのこと。

このクレの悔しがりようや、バルサ側にあるであろう「しまった」という思いは、レアル側の目的のひとつであることは確かです。
不倶戴天の敵から有望な若手を引き抜いてやったことで、マドリーのひとびとは笑いが止まらないはずです。
また、その有望若手でいうと、近年のレアルは大枚をはたいて世界各国の”神童”をかき集めています。
世界で最もリッチなクラブだけに、”数撃ちゃ当たる”を実践しているというわけです。
しかし、いまのところ、その”当たり”はほとんど引けていません。
Bチームからレンタルで他クラブへ、そしてそのままどこぞへ完全移籍というのがよくあるケースです。
久保くんがトップに昇格できなくても、それが当たり前だと、我々も心得ておくべきです。

ただ、おそらく久保くん本人はサンティアゴ・ベルナベウの大観衆の前でプレイする自分の姿を明確にイメージしているはずです。
いまのレアルでいうと、役割が近いのはイスコ(27歳)でしょうか。数年後に久保くんがポジションを奪っていたら凄いことです。
理想的な未来予想図としては、1年目はBチームでレアルの哲学を学び、2年目は東京五輪で活躍して評価と名声を一気に高め、そのままトップチームへ昇格・定着といったところだと思います。
そうなったら、日本ではレアルのレプリカユニフォームが飛ぶように売れるに違いありません。

また、この”2年”というのが久保くんには大事な数字で、少年の頃バルサのカンテラで3年半ほど過ごした彼は、あと1年半ほどスペインに居住すれば、”スペインの市民権”を獲得できるんです。
これがあればEU加盟国のリーグにおいて外国人枠から外れることができます。南米を始めとした国々の有力選手との競争を回避できるわけです。
その考えると、2020年こそが久保建英の世界進出のスタートかもしれません。

もっとも、明日から始まる2019コパ・アメリカで大爆発を起こせば、未来予想図も上方修正されるはずです。
外国人枠を使ってでもレアルがトップに昇格させるかもしれませんし、スペインの他クラブがレンタルを強く要望するかもしれません。
サッカーでは、実力さえ示せば無限の可能性が開けるんです。
しかも久保くんは日本のスポンサーを引っ張ってくるという旨味もあるんですから、お買い得です!

日本のサッカーファンとしても、いまは思う存分夢を見ましょう。
久保建英はそれだけの才能です。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード