FC2ブログ

吉本興業の終わりの始まり

「吉本興業が本当にファミリーならば、(会社が親で)僕は子供だと思っています。その子供が、悪いことをしたといって謝ろうとしているのを止めるのが親ではないと思います。親なら背中を押して欲しかった。それで吉本興業に不信感しかなくなってしまいました」

昨日7月20日(2019年)、件の闇営業問題についての釈明会見を行った田村亮さんは、そういって涙を流していました。信じていた会社に裏切られたという思いだったのでしょう。
しかし、この「不信感」に至るには前段があって、問題発覚当初、田村さんは宮迫博之さんと一緒に「お金はもらっていない」と会社に説明し、世間に対しても繰り返しそう主張していたんです。
吉本興業の方はそれを信じ、その主張に則った対応をし、世論の反発のなか、当該芸人たちをかばい、出演番組もそのまま放送させました。
子供のいっていることなら無条件に信じる、という姿勢を見せたわけです。
まさに”親”だったと思います。

ところが、芸人たちは週刊誌の追及や世論の疑惑の目に耐え切れなくなったのか(本人たちは良心の呵責みたいなことをいっていました)、嘘をついていたことを会社に打ち明けたといいます。
吉本興業が正式なコメントを出した次の日くらいのことだったみたいです。
そうしたら、会社から「いまは静観しろ」といわれ、田村さんは「なぜ背中を押してくれなかったのか」と不信感を持ったというわけです。

話の流れを見てもわかるように、裏切られたのは親である吉本興業の方です。
子供の言い訳を信じてなりふりかまわぬ対応をしたのに、いきなり白黒裏返されのですから、頭を抱えたはずです。
これが小学校で起きたトラブルならまだしも、社会的関心事となっているなかで、吉本興業という大きな芸能事務所が立場をころころと変えることが難しいことくらい、子供の方も理解すべきなんじゃないでしょうか。

また、吉本興行からすれば、嘘をついていた子供が、まだまだ隠し事をしているのではないかと疑って当然です。
「本当のことを話したい」といわれたって、芸人たちが記者会見で保身に走ったいい逃れをしたり、虚偽内容をいいふらしたりしたらたまったものじゃありません
週刊誌の第2弾、第3弾のスクープを待ち、自分たちでも客観的事実をできるだけかき集めるために、”静観”という判断をしたとしても不思議ではありません。

そもそも、今回は当該芸人たちの振る舞いが悪質でした。
宮迫さんが自ら認めていたように、振り込め詐欺グループからギャラをもらっていたのに、口裏合わせまでして、みんなで「もらっていない」と嘘をついていたことが問題をより大きくしたのは間違いありません。
口裏合わせを主導した宮迫さんの責任は計り知れず、一般の会社ならば”解雇”になっていてもおかしくないはずです。
後輩芸人たちを追い込んだだけではなく、虚偽報告によって会社に損害を与えているのですからね。

吉本興業のミスは、闇営業(直営業)をしなければ食べてゆけない芸人がいるという給与体系をそのままにしていることと、芸人からの説明を鵜呑みにしたことです。
むしろ、家族的な経営体制、つまりは”なあなあ”な雰囲気からくる落とし穴だったといっていいでしょう。
吉本興行は今後、コンプライアンスを順守するきっちりとした会社になるのか(芸人の待遇も含め)、ファミリーごっこを続けるのか、という選択に迫られることでしょう。

そして吉本芸人たちですが、一連の闇営業問題で、”嘘つき”というイメージが定着した上に、宮迫さんと田村さんが涙の記者会見を行ったことで、なんだか笑えない感じになってしまいました。
問題芸人たちをかばった他の芸人たちも、仲間を大切にする自分に酔っていたり、真剣になりすぎていたりで、笑える要素がありません。
ダウンタウンを旗頭に90年代後半からお笑いの覇権を握った吉本興業ですが、終わりのようなものが見えてきたといっていいでしょう。

この会社には、”抱き合わせ”や”メディアとの強すぎる資本関係”や”メディアへの圧力(移籍した芸人を干す、他事務所との共演NG)”といった独占禁止法に抵触しそうな問題もありますし、このあたりが潮時なのかもしれませんね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード