FC2ブログ

飯山高校は勝者

みなさんご存知の〈某巨大掲示板〉、そこでは目もくらむような数の板とスレッドが立ち並び、日々色んな議論が交わされていますけど、夏のこの時期のスポーツでいえばやはり”甲子園”ですよね。
投手の酷使の問題から始まり、試合内容や注目選手といった真面目な話から、どこの学校のチアが可愛いとかそんな話まで、本当に尽きることがありません。掲示板利用者の年齢層のせいか、みんな甲子園大好きです。
そんななか、根強い人気を誇るスレッドがあるんです。
表のメディアでは決して語られない失礼なスレッドなんですけど、その名も〈最弱代表はどこだ!?〉。

高校野球は都道府県のレベルの差がけっこうある上に、甲子園大会では”コールドがない”ので、ときおり居たたまれないようなワンサイドゲームが発生します。
近年そういうゲームが増えているような気がしますけど、最弱代表を語るというのは、ただ単にバカにするのではなく、地域格差を問題にしているのだと思います。
少子化の影響もあるのか、有力選手が強豪県や強豪校に集中し、戦力差がより広がった結果、最弱代表が目立つようになったというわけです。

そしてその最弱代表ですが、今年2019年のそれは、まだ1回戦が行われている最中だというのに、我が長野県代表の飯山高校で「確定」だといわれています。
仙台育英高校に1-20という大差で敗れたというスコア的な意味だけではなく、ミスの多さや、攻守に渡るスキルの低さから、「甲子園にやってくるレベルではない」という声が多数を占めていました。
悔しいですけど、私はそれに反論しません。確かにその通りでしょう。
ただ、それでも私はこの飯山高校を評価しています。大したものだと心底思っています。

長野県飯山高等学校は、雪深い県北の県立高校です。
スキーのノルディックでは何人ものオリンピアンを輩出し、OBには河野孝典選手(2大会連続複合競技団体金)がいるように、冬季競技の地域にあるんです。
そこから甲子園に出るだけで本当に凄いことです。
たとえば、高校野球の強豪・大阪桐蔭から冬季五輪に出場した選手はひとりもいないんですから、総合的に見れば飯山高校が遥かに格上といえなくもありません。

さらにいうと、この飯山高校は、07年に飯山南高校と飯山照丘高校が統合し、14年には飯山北高校が加わっていまの形になった新しい学校なんです。
そしてその14年の統合の際にスポーツ科学科が発足したなかで、4つある専攻実技のひとつが野球なんです。
つまり、”新”飯山高校スポーツ科学科は、わずか5年で甲子園出場という結果を出したことになります。
驚くほどのとんとん拍子です。
1回戦で大敗したとはいえ、長野県と飯山市と飯山高校は、間違いなく勝者なんです。
全国の高校に胸を張って自慢していいと思います。

もっとも、そんな飯山高校が長野県の代表になってしまったことは、長野県全体の野球のレベルが下がっていることの証左でもあります。
野球の競技人口は少子化以上のスピードで減少していますけど、長野県もその多分に漏れず、関係者が努力しているものの、それに歯止めがかかる雰囲気はありません。
越境入学で選手をかき集める学校もないので、長野県代表の成績は長らく1回戦敗退が定番になっています。
そういった状況で競技レベルを上げるためにはやはり”選択と集中”が必要です。
長野県の県立高校の学区は4つなので、それぞれに強豪校がひとつあるくらいでいいんじゃないでしょうか。

長野県は高校野球熱が高い割に、本大会での成績が振るわず、8月はいつも寂しくなっちゃいます。
せめてお盆まで勝ち残ってくれていると、親戚が集まったときも盛り上がるんですけどね…。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード