FC2ブログ

円も日本製

日本が韓国を”普通の国”として扱うようになったことで火病を起こした韓国がその報復としてチラつかせていた”日本の輸出管理優遇国からの除外”ですが、今日8月12日(2019年)、韓国政府はそれを決めたと発表しました。
新たな制度で区分を増やし、日本への信頼度を一段階下げようというわけです。
20日間の行政手続きの間に公募で意見を聞き、9月には新制度が施行されるとのことです。

それにしても、なんだかこれ、日本がこないだ韓国に行った措置とよく似ていますよね。
信頼性の度合いを段階分けしたこと、パブリックコメントを募集したことなど、そっくりです。
いうまでもなく、韓国人が得意とする”パクり”でしょうね。
知的財産から製品から技術から文化まで、世界中からありとあらゆるものをパクってきて、〈韓国起源説〉という駄々っ子みたいな言い訳でごまかしてきた国だけのことはあります。
今回も本当に子供じみた仕返しです。

ただし、パクれなかったのは”除外の理由”です。
日本政府は「安全保障」の観点から、韓国に輸出された戦略物資が行方不明になっていることを問題にし、その協議を韓国側に求めたのに拒否されたことで、いわゆるホワイト国除外に踏み切ったわけです。
理路整然とした大人のやり方です。
ところが、韓国政府は記者会見でも理由を明示しないまま、日本を優遇国から外しました。
これは完全なる”報復措置”です。
韓国は散々「自由貿易の重要性」を主張してきたのに、自らそれを踏みにじるのですから、まさに矛盾の塊です。
WTOへの提訴はどうするんでしょう?

また、韓国政府の考えが理解しがたいのは、その報復にまったくといっていいほど効果がないことです。
日本が韓国から輸入している戦略物資はほとんどないんです。
韓国が独自の開発能力を持っている物資や、大きなシェアを持つ物資はありません。
仮に韓国から入ってこなくなっても、日本は自分で賄うか、他の国から購入することになるでしょう。
困るのは韓国政府によって日本市場から締め出された韓国企業だと思いますぜ。
日本除外の発表を受けて、ウォン安も進行したみたいですしね。

もっとも、韓国政府は「日本がものを売ってくれないから、こっちも売ってやらない」といっているだけましかもしれません。
日本不買運動と称して血眼になって日本製品狩りをしている”韓国国民”は「韓国のものを日本に売ってやらない」とは決していいません。
ボイコットジャパンというのだったら、キムチや韓国ノリの輸出、韓流アイドルや韓流ドラマの日本進出に反対したり、日本からの観光客を受け入れないなりすべきじゃないでしょうか。
”円”も日本製ですぜ。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード