FC2ブログ

信州のお盆といえば

台風の上陸といえば、普段は8月の終わりから9月のことですから、今年(2019年)のようにお盆直撃というのは本当に珍しですよね。
15日に西日本に上陸することが確実視されていた10号のせいで、鉄道や航空も早々と運休を決めたため、帰省のひとびとの多くが14日にUターンを前倒しし、それもまた混乱を招いたようです。
家族や親戚と楽しむ予定もキャンセルせざるを得なかったでしょうし、同情を禁じ得ません。

しかし、そうしてお盆期間が短くなるとわかると、かえって全力でお盆を満喫しようという集中力は増したかもしれませんよね。
特に”食”の部分ではそうだと思うんです。
久々に食べる故郷の名物やおふくろの味(おばあちゃんや父親の味も)を、1日3食のなかでいかに味わいつくすかは、なかなかの難題です。
人情やマナーの面でも用意してくれていたものは食べつくさねばなりません。
おはぎやお団子なんて、人数に合わせて用意されていますから、残してしまっては実家にも迷惑というものです。
博多のように、お盆の3日間で食べるものがきっちり決まっている地域だと本当に大変です。

その”お盆の食事”でいうと、博多の精進料理もかなり珍しいと思うんですけど、私の住む長野県もそれに負けず、ちょっと面白いんです。
まず定番は信州名物おやき。
ちょうと特産の丸ナスの時期ということもあって、この丸ナスのおやきがなければ「お盆じゃない!」というひともいるくらいです。
信州の丸ナスはおやき用に品種改良されたといっても過言ではなく、身が詰まったやや歯ごたえのこのナスは皮で包んでも水っぽくならず、大きさは輪切りにするとちょうどおやきのサイズにはまるという一品です。
丸ナスおやきは本当に美味しいので、観光で信州にいらっしゃる方にもお勧めです。
いまが旬!

そして、もうひとつの定番は天婦羅の盛り合わせ。
新たに信州にやってきてお盆を初体験される方は、この天婦羅のあとに名物のお蕎麦が出てくるんじゃないかと予想しがちですけど、お蕎麦は出てきません。天婦羅だけです。なぜかはわかりませんが、お盆にお蕎麦は食べないんです。食べそうで食べないんです。

そういえば、お盆にお素麺を食べる地域はけっこうありますよね。
「幸せが細く長く続くように」という説、「ご先祖様が精霊馬の手綱に使う」という説などがあるとのことです。
まあ、暑い時期なので、お素麺が食べたくなるというのが真実だと思います。
お素麺は定番の薬味も夏野菜が多いですし、ほんとお盆にぴったりですよね。

そういう条件でいうと、お蕎麦(ざる蕎麦)もお素麺とそんなに変わらないと思うんですけど、信州ではお盆にお蕎麦を食べないわけです。
おそらく、お蕎麦の旬は秋なので、それまで待とうという蕎麦好きの心理が働いているのだと思います。
信州のひとびとが新蕎麦を待つ気持ちは、雪国のひとが春を待つのと同じくらい強いですからね。

そんなわけで、信州のお盆ではお蕎麦なしで天婦羅を食べるわけですけど、お盆ならではのネタがあるんです。
それはなんと”お饅頭”。お饅頭の天婦羅です。
ギョッとされる方もいらっしゃるかと思いますが、かりんとうや羊羹の天婦羅と味の構成は同じなので、驚くほどもものではありません(驚くべきはそのカロリーだけ)。日本人なら口に合う味わいです。

しかも、この天婦羅饅頭には水分や甘味を抑えた専用饅頭まであるというのが信州人のこだわりです。
天婦羅饅頭はお盆限定の食べ物ですから、これもまた旬です。
観光の方々も、ぜひご賞味あれ!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード