FC2ブログ

GSOMIA破棄、ワンコリアへ加速

「韓国は手首を切るブスみたいなもん」
作家の岩井志麻子さんが関西テレビの番組で披露した分析は、私などは”なるほど面白いこというな”と思いましたが、一部から「差別的だ」というクレームがあって、関テレは謝罪に追い込まれていました。
しかし、この謝罪は必要なかったんです。
昨日8月22日、韓国政府が発表したGOSOMIAの破棄は、まさに”手首を切るブス”そのものでした。
韓国の保守派の大手新聞も「自傷行為だ」と批判しているのですからね。

この日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)は、いうまでもなく”対北朝鮮”のためのものです。
日韓の軍事情報共有を円滑にし、北朝鮮の動静(主に核・ミサイル)をより確実に掴むためのものです。
2016年にこれが締結される前は、アメリカを挟みながらの情報共有だったわけですが、このGSOMIAによって日韓の間が直通となったわけです。
ただ、このGSOMIA締結を”準軍事同盟”と見る向きもあって、基本的に”反日”である韓国民は、当時のパク・クネ政権に反発しましたし、北朝鮮も例の口調で大いに罵倒していたはずです。

対する日本の受け止めはというと、北朝鮮が核・ミサイルをばんばん繰り返していたこともあって、マスコミも世論もGSOMIAの必要性では一致し、政府の判断はすんなり受け入れられていました。
韓国の方に利益が多い協定なので、親韓傾向のメディアは当然賛成でしょうし(NHKの有馬嘉男キャスターのように日韓同盟を望んでいるひともいるくらい)、韓国に対して常識と良識で臨むひとたちも「仕方ない」という雰囲気だったはずです(こちらは日韓同盟には間違いなく大反対)。

そうして、主に北朝鮮のミサイルへの監視に使われることになったGSOMIAですが、韓国は”軍事衛星を所有していない”ので(ロケット実験が失敗続きで諦めた模様)、それを持っている日本から韓国へ情報を渡すことがメインになったのはいうまでもありません。
締結の仲介者であるアメリカによって、日本は韓国への支援を分担させられたわけです。
そもそも南北はいまだ”休戦状態”、つまり準戦時下といってもいいわけですから、GSOMIAは韓国が頭を下げてでも日本にお願いしたい協定だったはずです。
それを我から放棄しようとする韓国の姿勢は、まさに”自傷行為”です。
私も正直いって、破棄はしないと思っていました。そこまで馬鹿じゃないと思っていました。
なんといいますか、もっともっと距離を置きたくなりましたね。

そういう思いは日米両政府とも同じだったのか、両政府高官からの反応は「日米同盟(米日同盟)がしっかりしていれば大丈夫」といってピッタリ一致していました。
瀬取りや戦略物資などの横流し疑惑もありますし、以前から”韓国は北朝鮮側”という認識だったのかもしれません。
ポンペオ国務長官は、韓国のGSOMIA破棄について、「決定に失望している。ムン・ジェイン政権は北東アジアの厳しい安全保障環境について深刻な思い違いをしている」という珍しいほどに辛辣なコメントを発していましたが、もはやアメリカはムン政権を完全に見放しているようです。
アメリカはGSOMIAを継続するように促していたのに、韓国はそれを振り切ったのですから当然です。
怒ったアメリカは在韓米軍の撤退を視野に入れながら、駐留費負担の大幅アップを韓国に迫ってゆくことになるはずです。

こうしてムン大統領は、北との融合”ワンコリア”に向けて完全に舵を切ったといっていいでしょう。
もともとGSOMIAに否定的といわれていたひとですし、日本政府のホワイト国除外は渡りに船だったのかもしれません。
愛する北朝鮮に対して、GSOMIAなどは決して許されない裏切り行為です。
そんなムン大統領はかねてより一国二制度の連邦制による南北統合を掲げていました。
そうなれば南北双方から選ばれた連邦議会・連邦政府というものが発足することになります。
ただ、そこで冷静に考えて欲しいんですけど、韓国は親北のひとが約50%、北朝鮮は親北が100%なんですぜ。
そこから議会や政府が選ばれるとなれば、ワンコリアとやらは実質北朝鮮、実質キム王朝の傀儡になることは確実です。
ワンコリアというのは”韓国が消滅する”ということと同じなんです。
韓国のひとびとは本当にそれでよいのでしょうか?

日曜日(25日)に行われるであろう反ムン・ジェインデモに注目ですね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード