FC2ブログ

日の丸を剥がした高野連とyakyu

ことなかれ主義と自虐史観の高野連によって日の丸を剥ぎ取られ、どこの国の代表かわからないままに韓国で行われるU18W杯に旅だった高校球児たちでしたが、2次ラウンドで連敗したことで初優勝の夢破れ、結局、なにが”史上最強チーム”なのかわからずじまいでした。
そのわからないでいえば、永田裕治監督は大会ルールがよくわかっていなかったみたいで、オーストラリア戦の敗北の後、「まだ試合は残っている」と前を向いたところ、記者から「3位決定戦には出られませんが…」と突っ込まれていました。
永田監督はショートの選手ばかりを選んだ編成といい、その采配も理解不能でしたし、彼がなぜ監督に就任したのかも、理由を知りたいところです。
おかしな大人たちに振り回された選手たちには、心から「お疲れさまでした」と労いたいものです。

そうしてU18が5位で終ると、テレビ・新聞はまるで大会が存在していなかったように、静かになりました。
代表発表や日本出発の様子さえもあれだけ喧しく報じていたのに、その手のひら返しのスピードには唖然とさせられます。
これはトップチームのワールドベースボールクラシックでもそうでした。
日本が敗退すると大会報道がぱったりとなくなり、日本開催だった13年大会などは、日本がいない決勝戦の中継が突如として深夜の録画放送になったのですから、大会に対するリスペクトもへったくれもありません。

メディアがそのような忖度対応をしてくれるせいか、野球界の方でも負けはすぐに忘れ、敗因分析などといったものは決してしません。
そもそもそういう部門がないんです。
他の競技なら、技術委員会でレポートを出し、次の大会に備えるものですが、野球はこれがないため国際大会で負けを繰り返すのでしょう。

ちなみに、チーム関係者や選手、そして専門家の分析によると、今回の敗因は「木製バットでのバッティング」と「天然芝での守備」だそうです。
日本の高校生は金属バットで人工芝、もしくはフカフカに均された土のグラウンドでプレイしていますから、まったくの別物になってしまうというわけです。
対する外国勢は普段から木製で天然芝なのでその部分での問題はありません(メジャーリーグを目指しているせいでしょう)。

もっとも、野球ファンからすると「その言い訳は聞き飽きた」の一言です。
このU18W杯は、もう30年も前からずっと木製バットですし、天然芝の球場でも数多く開催されてきました。
日本はそれに対応する気が微塵もないわけです。
最初から勝つ気がないといってもいいでしょう。
実際、日本は28回を重ねる大会のなかで一度も優勝したことがありません。
いいたくはありませんが、日本は”高校年代のプレイヤー数が世界一”なんですぜ。
日本野球は屈辱を感じるべきです。

しかし、U18を送り出した高野連からはそういう反応は一切見られません。
彼らは甲子園球場にお客さんが入ればいい、というだけの人間ですからね。
むろん、それは高校野球の発展のためではなく、朝日新聞と毎日新聞が購読者を増やすためです。
高野連幹部の多くは両新聞社のOBが務めているのですから、その方針は変わりません。

本気でU18が世界で戦いたいのなら、まず代表チームが高野連と手を切ることです。
そもそのこの”U18”を送り出す主体が高野連なのもおかしいんです。
大会ルールでは、”年齢は16歳~18歳”と定められているのですから、いま18歳の大学生や社会人やプロだって参加資格があるはずなんです。
高校生だけで組む必要はありません。

これは日本に統一された野球組織がないせいです。
日本野球全体を見るひとがいないせいです。
それがあれば、木製バットもしくは木製に近い反発係数のバットの導入も進められるはずです。
天然芝のグラウンドもそうでしょう。
バットとボールが衝突する金属音と土で黒く汚れたユニフォームへの信仰は捨てるべきです。
特に金属バットは”飛距離が出て試合が盛り上がる”という興行的な理由ですしね。

とはいえ、野球は世界ではマイナー競技ですし、その国際大会を重視したからといって日本野球の未来が明るくなるかどうかは不透明です。
そういえば、高野連はU18大会が木製バットになった第7回大会のとき、「事前の話し合いがなかった」としてボイコットしているんです。
(このときはU19だったので、社会人野球を統括する日本野球連盟と全日本アマチュア野球連盟が協力してチームを作りました。)
その後、長いものに巻かれる形で、選手に木製バットへのアジャストを強要した高野連ですが、金属バット信仰に立ち返って、U18など永久に辞退してはどうでしょう?
”日本ならでは”のものを変えないのだったら、それが正しい道にだと思います。

これはプロで代表を組むワールドベースボールクラシックでも同じことです。
「ボールがー、芝がー」といつまでも愚痴をこぼしているんだったら、参加しなければいいんです。
日本はbaseballじゃなくてyakyuでいきましょう。
オーストラリアには〈オージーボール〉といって、クリケット場でやるラグビーみたいなドメスティックな競技があるんですけど、これが国民から大人気なんです。
baseballからyakyuへ進化すればいいんです。
そうすればなにもかもが自由になります。

悪い大人たちの。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード