FC2ブログ

貴ノ富士の往生際

貴公俊といえば、双子の弟・貴源治とともに貴乃花部屋のホープとして知られ、十両にも昇進し、順調に出世街道を邁進しているかに思われた平成30年大阪場所中、支度部屋という公の場で付き人に暴行を加え、謹慎処分になったのは記憶に新しいところです(書類送検・起訴猶予)。
当時の貴乃花親方は日馬富士事件の”被害者側”として、暴力追放の旗頭を自認していただけに、この弟子の不始末は言行不一致そのものであり、これがのちの廃業に繋がったことはいうまでもありません。

そうして貴乃花部屋から千賀ノ浦部屋に移籍した貴公俊は心機一転、貴ノ富士と四股名を改め、十両への最昇格も決め、前の名古屋場所(令和元年)では11勝を上げ、いよいよ幕内も視野に入ってきたところでした。
その貴ノ富士がこの秋場所前に、またもや付け人へ暴力を振るった報道には、耳を疑ったひとも多いのではないでしょうか。
常識的に考えれば、”もう一度やったら終わり”ということはわかるはずですし、なによりも前の事件で恩師たる貴乃花親方を廃業に追いやったわけですから、二度と同じ過ちを繰り返さないよう自戒するというのがまっとうな人間のやり様です。

相撲協会では秋場所中にコンプライアンス委員会の調査が進み、貴ノ富士からの弁明も聞いた上で、秋場所後の9月26日、「自主引退を促す」旨の決議がなされました。7段階ある処分の2番目の引退勧告に準じるものですが、懲戒解雇でもいいような事案なので、協会としては若い貴ノ富士に情けをかけたといっていいでしょう。
懲戒解雇なら退職金がなくなってしまう場合もありますし、今後は角界と絶縁関係になってしまいます(部屋のコーチやアドバイザーなどにもなれない)。

そんんわけですから、この温情処分を貴ノ富士がすんなり受け入れるかと思われたのですが、意外な行動に出ます。
貴ノ富士は引退を断固拒否し、「処分が重すぎる」としてスポーツ庁に上申書を送ったんです。
提出は25日で協会からの勧告前ですが、千賀ノ浦親方や協会関係者から自主的な引退を勧められたことに反発したようです。
さらに今日27日には文部科学省で記者会見を開き、付け人や弟弟子に対する暴行や差別的発言は認め、
謝罪したものの、それは「指導」の一環であり、「言葉で出来なかったので手を出した」と説明した上で、「角界では暴力以外の指導方法を教えてもらっていない」「問題を起こした力士を解雇するだけでは暴力根絶にならない」といって、その責任を協会や親方になすりつける姿勢を見せました。

引退勧告を拒否したことも驚きですけど、行政に訴えたり、子供じみた言い訳を悪びれずに主張するなんて、もはや言葉もありません。
今回は暴力行為だけではなく、ミスをした付け人や弟弟子を障碍者と呼んだり、鶏扱いして(鶏頭の意でしょう)、返事を人間の言葉ではなく「コケ」といえと命じたりというモラルハラスメントのようなことまでしているのですから、より悪質といっていいでしょう。千賀ノ浦部屋では若い衆が3人逃げ出したそうです。

また、貴ノ富士のことを調査する過程で、双子の弟である貴源治にも新弟子への行き過ぎた指導が発覚し、けん責処分を受けています。
もちろんそうなれば千賀ノ浦親方の監督責任も問われ、6ヶ月間20%の報酬減額処分を下されていますが、双子力士や貴乃花部屋から無理矢理預けられただけに、千賀ノ浦親方に同情する向きもあるでしょう。
もともと千賀ノ浦部屋にいた力士には問題が出ていないわけですからね。
貴ノ岩も付け人への暴力で引退していますし、おそらく貴乃花部屋では暴力指導を容認していたのでしょう。「暴力以外の指導を教えてもらっていなかった」ということです。

とはいえ、私は正直、相撲の指導から暴力がなくなるはずはないと思っています。
そもそも稽古が暴力のようなものなんですから、ある程度見て見ぬふりするというのが格闘技の指導というものです。
しかし、公益財団法人となった相撲協会は、それを根絶すると宣言してしまいました。
ならばその道を突き進むしかありません。
貴ノ富士は訴訟をチラつかせていますから、おそらく今後は法廷闘争になるでしょう。
もっとも、過去に例でいうと、力士本人が問題行動を認めたケースでは、すべて協会が勝っていますから、裁判で協会の方針が揺らぐことはありません。

しかし、ルールや法で締め付けたって角界から暴力がなくなるはずがないんです。
根本的な理由は、相撲部屋という閉ざされた空間と、番付による絶対的な上下関係にあるんです。
度重なる暴力問題は、伝統的な仕組みと現代的な価値観の相違のせいです。
相撲協会がその改革に手を付けられるかどうか、私には裁判の行方よりもそちらの方がずっと気になります。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード