FC2ブログ

アジア2次予選で感じたサッカーの力

昨日(2019年10月10日)、埼玉スタジアムで行われたサッカーW杯アジア2予選の日本×モンゴルは、その実力差から6-0という予想通りの大差に終わり、ゲームの方もこれといって見所のないものでしたけど、日本とモンゴルのA代表が初めて公式に試合をしたという意味では歴史的な出来事でした。
実はモンゴルは、アジア2次予選に進出してきたのも今回が初めてで、彼らはいま歴史を作っている最中なんです。
スタジアムで観戦した元横綱・朝青龍も、「日本は幕内、モンゴルが三段目。そのモンゴルがW杯予選で日本と戦うというのは夢のようなこと。勝ち負けは関係ない」と感激した様子で語っていました。
朝青龍といえばサッカーのイメージも強いですから、なかなか深い言葉ですね。

モンゴル代表の躍進の背景にあるのは国内プロリーグの盛り上がりのようですし、そこに投資できるモンゴルの経済成長が大きいのはいうまでもありません(90年から民主化)。
実業家としての顔を持つ朝青龍も来年にはサッカークラブのオーナーになるとのことです。
また、モンゴルリーグでは外国人枠でプレイする日本人選手もけっこういるらしく、朝青龍はときおりご飯をおごっていることですから、「横綱、ごっちゃんです!」。

そうなると、気が早い話、アジアチャンピオンズリーグでの対戦はもちろん、Jリーグでモンゴル人選手が見たくなってきますよね。
日本とモンゴルは、モンゴル人力士たちの影響もあり、親しい関係が築かれていますが、サッカーによってそれがより深まるかもしれません。
東アジアにおける日本の友好国は台湾とモンゴルだけなので、大事にしたいものです。

また、このアジア2次予選では、他にもスポーツの力を見せつける大きな出来事がありました。
なんと、イランで40年ぶりに女性のサッカー観戦(代表試合のみ)が許されたんです。
きっかけは、この9月に起きた悲しい事件です。
テヘランにあるチームの熱烈サポーターだった女性が男装をしてスタジアムに入ろうとしたところ、入場チェックで引っかかり、〈女性の服装規則を破り、公共の秩序を侮辱した罪〉という理不尽な罪状で逮捕・起訴されてしまったんですけど、その女性は抗議の意味を込めて裁判所まで焼身自殺を遂げたんです。
このことを重く見た国際サッカー連盟(FIFA)が、イランサッカー協会に強く働きかけ、3500人という制限付きながら、女性の観戦が認められたというわけです。

その試合のイランの対戦相手だったカンボジアは、実質的な監督を本田圭佑が務めていて、本田は試合前にイラン人女性と一緒に写真に映り、女性たちの観戦の自由を支持し、反対の声もあるなか、スタジアムに足を運ぶ女性たちの「勇気を称える」と述べていました。
本田もまたサッカーが世界をいい方向に導くと信じている人間のひとりですね。
本当にカッコいい態度でした。
試合はイランが16-0でカンボジアを粉砕していましたけど…。

脱西欧を謳いながらプロサッカーリーグが存続し、サッカー人気も高いイランに、私は少なからぬ矛盾を感じます。
簡単にいえば、男の身勝手でしょうか。
いま、イランは国際社会から孤立してしまっていますけど、それを救うのは女性かもしれませんね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード