FC2ブログ

ラグビーW杯2019、運命のスコットランド戦(前)

一昨年の組み合わせ抽選会が終わったとき、このラグビーW杯2019での日本にとっての最も大事な試合は、予選プールの最後のスコットランド戦だと、誰もが思ったはずです。
ランキングや実力からいって、両者が1敗で並んで対決する可能性が高く(現実には日本は全勝)、そこで勝った方が決勝トーナメント進出という、まさに大一番です。
しかも、スコットランドといえば、15年大会で苦杯を舐めさせられ、悲願のベスト8を阻まれた相手。
そんな相手と天国か地獄の戦いをすることになるとは、ラグビーの神様も粋なことをするというものです。

そうして迎えた10月13日、勝ち点争いでいうと、日本は”引き分け”もしくは”負けても相手にボーナスポイントを与えず、こちらがポイントを取る”ならば予選プール勝ち抜けが決まるというやや有利な状況。
具体的にいえば、日本は”トライを4つ以上獲る””ビハインドでも7点差以内”というのが目安になります。
逆にスコットランド側からいえば、日本のトライを3つ以下に抑え、8点差以上で勝つということになりますから、”日本を叩きのめす”というかなりアグレッシブな姿勢で来るのは明白でした。

試合が始まると予想通りスコットランドがガンガン立ち上がりから攻めてきて、前半6分にトライ&コンバージョンで0-7。宿敵レイドローのキックは相変わらず正確です。
これで横浜・日産スタジアムがなんともいえない不安な空気に包まれるなか、日本は攻勢に出るも、なかなか相手の守備を崩せず、それならば「まずはPKで…」といって狙った田村優のキックも外れて、観客席からは大きなため息。

そんな重苦しい雰囲気でしたが、そのすぐあと、左サイドを福岡堅樹が突破し、捕まったところで、片手オフロードパスを松島幸太朗へ!そして松島が独走トライ!日本が誇る2人の韋駄天が決めた!見事なコンビネーションプレイ!
コンバージョンも田村が決めて、ゲームは7-7の振り出しへ。
これで流れを掴んだ日本は、25分に松島が思い切りいい突破でゲイン、そこから左に展開し、右へ振って、左へ振って、相手を崩したあと、フォワード陣が魂のオフロードパスを繋ぎ、最後は稲垣啓太がトライ!ワンチームを体現するようなトライ!
稲垣はこれがなんと代表初トライ。ビッグゲームで勝利するときはこういう選手が出てくるもの。
田村のキックも決まって、14-7!

そこからしばらくスコットランドは混乱したようになって、日本は漬け込みたいところでしたけど、相手の必死のディフェンスに阻まれ(堀江翔太へのラフプレイが反則にならなかったのは疑問)、前半終盤はスコットランドも立ち直って規律が戻ってくると、膠着状態に。
38分の田村のPKも寂しく外れ、前半はこのままかなあ…、と誰もが思ったそのとき、日本の左サイドからの攻め、ラファエレティモシーがスペースへ蹴ったボールに福岡が快足を飛ばし、そのままトライ!稲妻のような走り!
田村が今度はきちんと沈めて、21-7!よっしゃああ!
日本はサイドの選手のスピードで完全にスコットランドを凌駕していましたね。

こうして前半は日本がスコットランドをちんちんにしてやったといっていいでしょう。
この日は台風19号で中止の可能性があり、そうするとルールでは”引き分け”となり、スコットランドは予選敗退が決まるため、ヘッドコーチが「試合会場を変えろ!」「試合を延期しろ!」だのぐちゃぐちゃいっていましたけど、前半が終わったときの気分はどんなだったんでしょうねえ。
カナダ代表などは台風で最後の試合が中止となったものの、文句もいわず、試合が行われる予定だった釜石市に残り、泥掃除のボランティアをしてくれていました。なんともカッコいい男たちです。
彼らは勝ち点を獲れませんでしたけど、この大会を賞賛とともに去ることができました。
釜石のひとびとの記憶には彼らは勝者として刻まれたはずです。

その”男らしさ”でいえば、日本代表もレメキロマノラヴァが試合前に語っていたように、「男らしく、試合で戦って、勝ち抜けたい」という
思いがチーム全体に溢れていました。
台風被害にあったひとたちを元気づけたいという使命感も強かったことでしょう。
日本全体がワンチームなのです。

そういう気持ちが桜の勇者たちを奮い立たせたのか、後半も開始直後から日本が激しいフォアチェック(リーチマイケル)から、福岡がボールを奪い、そのまま快足を飛ばしてトライ!まさにワールドクラスの足!
田村のキックも決まって28-7!ちんちんや!

この大差に私などはテレビの前で浮かれ踊りをしちゃいましたけど、油断しちゃダメだ。
ラグビーはちょっとしたことで流れが一気に変わるスポーツなんだ。
そう自分にいい聞かせながら、顔は自然に綻んでいました。
…しかし、やっぱりラグビーは怖い、ティア1の実力は凄かった…。
(長くなりそうなので後編に続きます。)
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード