FC2ブログ

エリカ様の逮捕で損をするのは

〈今年の漢字〉は例年12月に発表されるわけですけど、ひょっとしたら”麻”になるのではないかというくらい今年2019年は麻薬で逮捕される著名人が多かったなか、今日(11月16日)びっくりするような速報が流れました。
女優の沢尻エリカさんが、合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕されたんです。
警視庁組織犯罪対策部が沢尻さんの自宅に踏み込み、MDMAのカプセルを発見し、沢尻さんも「私のものに間違いない」と認めたそうですから、今後起訴され、有罪の判決が下りる可能性が高いといっていいでしょう。

沢尻さんといえば00年代に数々の作品をヒットさせ、女優として地位を確立させたものの、言動の危うさもあって休業状態に入り、09年の結婚後は海外に在住していたこともあって、ちょっと忘れられた存在になっていましたけど、離婚後の12年からはまた女優に復帰し、少しずつ評価を取り戻すと、イメージも回復してきたのか、ここ数年はドラマやCMに引っ張りだこという感じでした。
それが今回の逮捕で元の木阿弥どころか、とんでもないマイナスを背負うことになったといっていいでしょう。
打ち切りが確実なCMやドラマの違約金は莫大なものになるでしょうし、執行猶予(おそらく)で刑務所行きは免れたとしても、女優としての仕事の機会を得るのはかなり難しいものになるはずです。
これが酒井法子さんのように歌手ができるというならば、個人でライブなどを催して収入を得ることもできるでしょうけど、映像作品を活躍の場にしている沢尻さんは個人でできることが少なすぎます。
”薬に甘い芸能界”とはいえ、麻薬で逮捕された俳優は、10年以上の禊期間を経るか、復帰できないまま引退しているかのどちらかなので、33歳の沢尻さんの人気女優としての未来は閉ざされたに等しいものがあります。

また、今回の逮捕で大きく報じられているのは、沢尻さんが来年の大河ドラマ『麒麟がくる』で濃姫役(斉藤道三の娘、桔梗帰蝶)に選ばれていることです。
『麒麟がくる』は明智光秀を主人公にいた作品ですから、同じ美濃出身であり、織田信長の正妻となる濃姫はドラマの鍵を握るような存在でしょうし、沢尻さんが降板となれば、混乱は必至です。
撮影は6月から始まり、沢尻さんは序盤から登場しているとのことなので、放送開始まであと1ヶ月半のなかで代役を決め、撮影済み部分の取り直しをするというのは、想像を絶する難仕事です。
大きく脚本を変えて、濃姫の出番を削るしかないんじゃないでしょうか。
しかし、そうなれば『麒麟がくる』の全体が大きく狂いかねず、今年の『いだてん』に続く大コケが予想されます。
沢尻さんとその事務所は降板の損害賠償はするでしょうけど、大コケの賠償はしないので、ドラマは大損です。

その損を被るのはNHK…といいたいところですけど、NHKは税金ともいえる受信料で運営されているだけに、損をするのは国民なんです。なんといっても、1話1億円ともいわれる巨額の予算で撮影される大河ドラマですしね。
『いだてん』でもコカインのピエール瀧さんの降板と、申告漏れ(ほとんど脱税)の徳井義実さんの無理矢理カットで、作品の勢いが削がれたことは間違いありませんし、NHKもキャスティングする際に身辺調査や血液検査をした方がいいのかもしれませんね。
一昔前の大河と比べればわかるように、最近の大河は”名前のある芸能人”を起用し過ぎる傾向にあります。
それは画面を華やかにする以上にリスクを背負うことに繋がるとNHKは自覚すべきでしょう。

キャストに連続で問題が発生しているというのは、起用する側の問題でもあるわけです。
国民に損をさせてばかりいては、公共放送ではありません。
NHKは反省と自戒を込めて、再来年は『僕が違法薬物で逮捕されNHKをクビになった話』を大河ドラマ化してはいかがでしょうか。
人気ブログランキングへ
沢尻さんはいい女優さんなだけに、本当にもったいない!
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード