FC2ブログ

最も有名な信州人

正月に家族と一緒に箱根駅伝をテレビ観戦しながら、「長野県出身の選手(実際には佐久長聖卒)ってけっこう多いよねー」「というか高校が関東じゃない選手の方が多くない?」「だからテレビ視聴率もいいだろうね。関東だけじゃない感じになるから」なんて取り止めのない話をしていて、その流れから誰かが「紅白歌合戦でも出身県出せばいいのに」なんて発案したんですけど、そもそも長野県出身で有名な歌手がいないことに気がづいて、みんなちょっと寂しい気持ちになってしまいました。
(美川憲一さんが諏訪市出身ながら、幼少期に東京に移っているので、長野県のイメージはありません。)

というか、歌手だけではなく、長野県出身で、全国的な高い知名度を有している人物って、まったくといっていいほど思い浮かびません。
試みにメディアが調査している知名度ランキングをいくつかチェックしてみたんですけど、ベスト100にはついぞ見当たりませんでした(見落としていたらごめんなさい)。
隣県だと新潟県は渡辺謙さんや小林幸子さん、群馬県はBOOWYや篠原涼子さん、山梨県は中田英寿さんや田原俊彦さん、といった具合にすぐ出てくるのに…。

いや、我々は忘れているだけだ、長野県は都道府県別人口16位なんだから、誰かいるはずだ!
そういって家族で喧々諤々したんですが、なかなか名前が出てきません。
このままでは箱根駅伝も最後の学校がゴールしてしまう、そんなときでした。
「小林尊さん、そう、伝説のフードファイター、小林尊さんがいるじゃない!」
その名が挙がると同時に、リビングに歓声が沸いたのはいうまでもありません。
そうです、我々は日本という小さな枠にこだわりすぎていました。
海の向こうに目を向ければよかったんです。

長野市出身の小林尊さんは、日本の数多くの大食い番組で名を馳せたあと、2003年頃からアメリカにその活躍の場を移すと、その驚異的な胃袋によって、ホットドッグの大食い大会などを席巻し、瞬く間にスターダムを駆け上がったのです。
小柄(日本だと中くらい)で少年のような彼が、巨人のような大男たちを次々に打ち負かすは、全米に衝撃を与えたといっていいでしょう。
特に子供たちからの人気は大きなものがあったらしく、すぐに子供向けの商品のCMに起用されたそうです。

また、アメリカでは大食いはスポーツのように扱われていることから(小林さんがそういう認識に変えたという説も)、スポーツメディアではロジャー・フェデラーなどの世界的アスリートと同列に語られたり、日本人アスリートランキングや有名アジア人ランキングでも上位に名を連ねるようになりました。
我々日本人からすると驚きなのですが、あのイチローよりもよく知られているともいいます。
この15年ほどの〈アメリカで有名な日本人ランクング〉でも、10位以内を守り続けている稀有な存在が”小林尊”なのです。

その小林尊さんが明日1月12日(2020年)、久々にテレビ東京の大食い番組に出演することが決まり、楽しみになさっているひとも多いかもしれません。
”大食い番組”は2000年頃に大きなブームになったものの、それを真似した子供が事故を起こしたことから批判を受け、番組も中止に追い込まれ、ブームも一気に消え去りました。
その後、「安全性に配慮した」という形で”早食い”要素がなくなり、徐々に番組が復活したものの、過激さと同時に熱気も失われたのか、ブームの再燃とはなりませんでした。
テレビ局としては、スターだった小林さんが番組に帰ってくることで、雰囲気だけでも往時を取り戻したいのかもしれませんが、ルールが変わってしまったいま、それも難しいでしょう。
(自己責任の国アメリカでは今現在も早食い大会が基本。)

”大食い”というのは、日本だけではなく、世界各地でも豊作を祝うイベントとして催されていますし、茨城県桜川市の〈大飯祭り〉などの古くからの風習も残っています。
もちろん、大食いを戒めるような昔話が残っているように、批判をされてきた部分と表裏一体ではありますが、”ハレの日の楽しみ”だということを忘れなければ、本来はなんの問題もないはずなんです。
また、小林尊さんが常々自らを「アスリートだ」と語っているように、テレビで観るような大食い大会は身体と技術を鍛えたプロフェッショナルによるものであり、素人が簡単に真似してはいけないものだと、みなが理解することも重要です。

私はエキサイティングなフードファイトが観たい、という考え方なので、最近の大食い番組はあまり面白くありません。
かつて存在した『世界びっくり人間大賞』みたいな番組もそうですけど、コンプライアンスだのなんだの、テレビってややこしくなっちゃいましたよね。
テレビ東京には、ぜひその壁を打ち破って欲しいものです。

私の住む長野県は受信できないので、地元局での再放送ですけどね!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード