FC2ブログ

日本人はノムさんの野球が大好き

昨日2月11日(2020年)、野球評論家の野村克也さんが急逝したという速報を見て、私も思わず「え!?」と声を上げてしまいました。
17年に奥さんを亡くした頃のノムさん(こう呼ばせてもらいます)はずいぶん気落ちしたように見えましたけど、ここ最近はかつてのふてぶてしさを取り戻し、メディアにも精力的に顔を出していたので、84歳の高齢とはいえ、まだまだ我々に野球の面白さを届けてくれると思っていました。
死因は自宅浴槽でぐったりしていたところを発見された虚血性心不全とのことですけど、やっぱり高齢者にとって冬場のお風呂は危険ということでしょう。
避けられた可能性を考えると残念でなりません…。

メディアではノムさんのこれまでの功績が語られ、長島茂雄氏など野球関係者からのコメントが数え切れぬほど発せられ、高津臣吾監督の涙や新庄剛志氏のインスタグラムのように、こちらがグッとくるような追悼の場面もあったわけですが、それらを見ているとどれだけノムさんが愛されていたかがわかります。
偉大な三冠王であり、名捕手であり、名監督であり、名解説者であったノムさんは、それぞれの顔で多くの人間とふれ合い、強い影響を与えてきたのでしょう。
とりわけ、指導を受けた教え子たちが、心からの敬意と感謝を述べていたことに、ノムさんの功績が集約されているように思えます。

そんなノムさんを、私が初めて知ったのは、家にあった著書でした。
私の父は有名人、とりわけスポーツ関係者が書いた本を買うのが好きで(買って満足)、ノムさんのも家あったうちの一冊ですが、幼い私が何気に手に取ったその本は、ノムさんの自叙伝のようなものでした。
京都府網野町の寒々とした景色のなか、極貧の母子家庭で苦労して育ち、野球の才能を頼りに学生時代を過ごし、契約金ゼロ円で夢のプロ野球選手に当初は才能のさなさから常に首の危機にさらされるも、持ち前の粘りと努力と人間観察で南海ホークスの正捕手の座を掴み取り、押しも押されぬ名選手へと成り上がってゆく。
非常に読みごたえがありました。

ただ、その内容を思い返してみると、野球という競技のことはほとんど書かれていません。
人間とはどういうものか、集団で生きるというのはどういうことか、競争で勝つためにはどうすべきか。
そういう一般人でも共感できることばかりが散りばめられていたわけです。
名言王・ノムさんの言葉に「野球人たる前に社会人たれ」というのがありますが、その本がいいたいことはまさにそれだったと思います。

そういえば野村克也という野球人のエピソードには野球の技術的なことはほどんどでてきません。
捕手では〈ささやき戦術〉で相手打者を惑わせ、解説では〈ノムラスコープ〉で配球を読み、監督では〈ID野球〉でデータや選手ごとの能力を重視しました。〈野村再生工場〉も人情話のようなものです。
もちろん偉大な三冠王として打撃理論を語ったり、生涯一捕手としてキャッチャーの技術を語ったこともありますが、メディアで取り上げられるのは、いつも”人間を考える、野球を考える”という話でした。
そして、日本の野球ファンも技術論よりそちらを好んでいたように思います。

私はプロ野球が面白かったのは90年代だと思いますが、その中心にいたのは間違いなく野村克也でした。
イチローや長島監督が輝けたのもノムさんがいたからです。
阪神タイガースが面白いチームになったのもノムさんのおかげです。
そうして我々を引きつけたノムさんの野球とはなにか?
それはやはり人間対人間の野球です。

日本人と野球の関係の特質としてよく語られるのは、”日本人は高校野球とプロ野球は好きでもメジャー中継は観ない”ということです。
日本人は野球の競技レベルに価値を見出していないわけです。
そんなことよりも、母子家庭で育った選手が甲子園で名を挙げ、プロでスターになるも、晩年は怪我に苦しみ、代打家業となったあとも腐らず努力し、ここ一番で殊勲の一打を放つ、みたいな話が大好物なんです。
”日本の野球はキャラゲー”などといわれるのも、そういうことでしょう。
どんなにレベルが高くても、知らない外国人のプレイには興味がわきません。

ノムさんはそういう日本人の気質を見抜き、野球を浪花節にしたのです。
私はそこに日本野球の目指す道があると思いますし、メジャーと決別し、ベースボールではなく、野球として突き進む道があると思っています。
日本人は野村克也の野球が大好きなんですからね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード