FC2ブログ

2月19日に下船させてよかったのか?

武漢ウイルスの蔓延により、横浜港に停泊していたダイヤモンド・プリンセス号ですが、日本政府が設定した”2月19日(2020年)”の検疫期間の少し前に、アメリカを始めとした諸外国は自国民を船から下ろし、チャーター機で帰国させました。
どの国もマスコミが「日本政府のやり方は間違っている!これでは監獄だ!すぐに救出しろ!」と騒いでいたものの、タイミングから見るに、政府の方は日本政府の”下船させない”という方針を一応認めていたのだと思います。
ただ、もちろん各国ともウイルス検査については、日本政府が行ったからそれでよしというわけではなく、陰性とされた帰国者でも2週間は特別な場所に隔離し、その後に自由の身とさせると決めているようです。
そもそもDP号では連日のように感染者が明らかになり、検疫作業に当たっていた職員までもが感染しているのですから、”19日”が過ぎれば安心とはいえませんしね。
帰国者の多くは船から下りられることを喜んでいましたが、隔離機関がさらに続くことを理解しているのでしょうか…。

そんななか、BBCによると、さるアメリカ人夫婦はそれを理解していて、17日のチャーター機での帰国を断ったそうです。
「私たちは予定通り船内での隔離措置をただ終えたい。日本で数日間、隔離されていない状態でリラックスしてから、私たち自身で手配した通りにアメリカへ空路で戻りたい。それのどこが悪いんだ?」というのはアメリカ人らしい合理的な考え方ですね。
日本にいれば19日になったら下船できて、自由の身になるのだから、アメリカでまた2週間隔離されるのは馬鹿馬鹿しいということでしょう。
ごもっとも、としかいいようがありません。

ただ、日本人として恐ろしいと感じたのは、このアメリカ夫婦が19日になったら完全に自由になれると考えていることでした。
日本政府が設定した”2月19日”というのは、感染者が頻発している状況からして、正しいとはいえない設定です。
常識的にいえば、新たな感染者が発覚する度に、その期間を伸ばすべきだと思います。
これが武漢からの日本人を受け入れた千葉県の〈ホテル三日月〉のように、検疫期間中に感染者がひとりとして出ていないというのであれば、2週間で解放されることに我々はまったく危険を感じませんが、DP号はそうではないのです。

私はそんなふうに考えていましたけど、今日2月19日、日本政府は予定通り、陰性のひとの下船を認めました。
今日は443人が下り、21日までに残りの2千数百名があとに続くとのことです。
乗客たちは運航会社(イギリス船籍)が用意したバスでターミナル駅に運ばれ、そこから三々五々散らばっていったそうですけど、そのひとたちは本当に陰性なんでしょうか?
報道によると検査の正確性は高いとはいえませんし、検査で陰性と出たひとでも、そこから日数が経っていて、その間に感染していないともいいきれません。
メディア取材に応える下船者のなかには、感染の不安があるので保健所に行きたいといったり、すぐに家に帰って仕事を始めると、家族や同僚に移すかもしれないので、しばらくどこぞに身を寄せると話しているひとがいましたけど、感染者が頻発する船内で過ごしていたのですから、そう思うのも当然です。

それでも政府、いや厚生労働省が19日という予定を押し通したのは、ひとえに彼らの面子のためとしか思えません。
延期してしまえば、この2週間の検疫体制に不備があったと認めることになりますからね。
ただ、今後、陰性とされた下船者から陽性反応が出たら、厚労省はどう責任を取るのでしょう?
もちろん下りたあとに感染する可能性はありますけど、国民はそうは思いません。

中国に忖度し過ぎる日本政府もそうですし、国民全体の安全を第一にして欲しいものです。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード