FC2ブログ

武漢肺炎、韓国を見習っていたらどうなっていたでしょう?

安倍晋三総理が発した休校要請を受け、私の住む長野市でも今日3月3日(2020年)から市立の小中学校が臨時休業に入ったせいでしょう、街中を見渡すと明らかに子供たちの姿を目にします。
ひとりだったり、友達ずれだったり、親子連れだったり、色々ですけど、その雰囲気は”一足早い春休み”といった感じでした。
しかし、いうまでもなく、この休校は武漢肺炎が蔓延しないために、子供たちが不特定多数と接触しないことを目的にしたものです。
政府は国民に対して、不要不急の外出をしないようにも呼びかけていますし、子供も親御さんも、この1、2週間は我慢して欲しいものです。
この武漢ウイルスは、人類史で語り継がれるような感染症問題になる可能性もあるわけですから、この時代をリアルタイムで生きる者として、行政や学校がどう判断しているのか、マスコミがどう報じているのかを知り、そして自分や家族がこの厄災をどう捉え、どう行動するか、それらすべてが勉強だと思います。

と、私はそのように考えているわけですが、マスメディアでは休校要請への批判が強く、ことさらマイナス面ばかりを報道しているように思えます。
情報番組のコメンテイターや報道番組の解説者は、つい先ごろまで「政府の対応は後手後手だ、先手を打たなければいかん!」と青筋を立てていたのに、いざ安倍総理が大胆な先手を打つと、健忘症にかかったように「やりすぎだ!現場が混乱する!」と怒り出すのですから、なんとも気楽な商売ですよね。
むしろ、マスメディアこそが世の中をかき乱しているようにも見えます。
テレビがトイレットペーパー売り場が空になっている映像をくり返し流し続けることで、品薄・品切れ状態を作ったのもその一環だと思います。

また、マスメディアのテキトーさでいえば、「PCR検査が足りない!」という政府批判です。
特にテレビでは連日その論調で、「韓国では日本の何倍もの検査数ではないか!」というのがセットになっています。
テレビだけ観ていると、このPCR検査というのは万能で、これさえ受ければ武漢肺炎は治るんじゃないかと錯覚させられそうになりますけど、これは単なる検査、しかも確度がそう高くない検査であり、もちろん、受けたって決して治るわけではありません。
武漢ウイルスはまだ特効薬がないため、陽性と診断されれば隔離され、そこで対症療法が行われ、そのひと自身の免疫力によって回復し、陰性となったのち2週間の経過観察を受け、それでようやく元の生活に戻れるわけです。
日本政府が重症者を優先的に検査させ、そうでもないひとをあとまわしにしているのは、たとえ陽性であっても軽症ならば、入院するのも自宅で療養するのも変わらないという判断からです。

ちなみに、マスメディアのみなさんが憧れる韓国では、軽症と重症の区別なく検査を行ったせいで、あっという間に治療機関が満杯となり、重症の陽性患者があぶれてしまったため、より重篤な状況に陥るというケースが出てしまっています。
さらには軽症の武漢肺炎患者のために、他の重い疾病の患者の治療も後回しにされ、「医療崩壊を招いている」との指摘もあるくらいです。
日本語に翻訳されているような韓国メディアの記事でも、「日本やアメリカのように重症者を優先させるべきではなかったか」という内容のものがありました(悔しいことに向こうのメディアの方がまとも)。
いまや韓国では本場・中国を凌ぐほどの勢いで武漢肺炎の患者が増え、死者も相次いでいます。
状況が落ち着いてくれば、政府の対応への激しい批判が起こることでしょう。

日本のマスメディアのみなさんも、そういう事実を知っているはずなんです。
私ももちろん日本の検査体制には不満がありますし、感染者数もわかっている以上に存在していると思っています。
しかし、ここで重要なのは死者の数と、その死亡の状況です。
これはほぼごまかしようがないはずですが、それを見ると、韓国やイランやEUに比べ、日本は圧倒的に少なく、また検査を受けられず、入院することができずに亡くなったというケースもいまのところはありません。
ですから、現時点では、日本はそう悪い対応をしていないといっていいでしょう。
むしろ、マスメディアがいうとおりに韓国の真似をしていたら、とんでもないことになっていたはずです。

こういう緊急事態のとき、役に立たないどころか、足を引っ張るんですから、日本のマスメディアはいったいなんなんでしょう?
特定野党も似たようなものですし、日本が長く患っている病も、早く治すべきですよね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード