FC2ブログ

有事だからこそ正直になりましょう

ヨーロッパでの武漢ウイルスの蔓延は、”対岸の火事”という意識から対応が遅れたせいだといわれていますが、人間というのは得てしてそういうもので、身近に何かあって、ようやく行動を起こすものですし、日本だって少なからずそういうところがありました。
かくいう私も、この4月1日(2020年)に地元長野市で初めての感染者が発覚し、いっそう気をつけるようになったばかりです。
長野県ではそれまで松本保健所管内と飯田保健所管内だけだったので、私もどこか警戒が緩かったように思います。

その緊張感の高まりは長野市民全体もそうだったのか、私の周りでも催しや集会が中止になっていますし、そういう話もいくつか聞き及んでいます。
たぶん市内のホテルや飲食店はキャンセルの電話が鳴り続けていることでしょう。
たったひとりの感染者の発覚が想像もつかないような影響を及ぼしているわけです。
その感染者の30代女性は、3月1日~24日までイギリスに滞在しており、そこからウイルスを持ち込んだ可能性が高く、この時期になぜヨーロッパに…と首を捻りたくなるだけに、憤りを覚える市民も少なくないかもしれません。

ただ、その30代女性は、帰国後は28日まで都内のホテルに留まり、28日に家族に車で迎えに来てもらって長野市に帰宅してからも外出はせず、31日に医療機関を受診したとのことですから、感染を広げないという意識はあったようです。
濃厚接触者も家族ひとりだけとのことです。
市民としては感染ルートがわかれば、少しはほっとした気持ちになれます。

その意味で怖いのは、感染者の4割ほどがルート不明だという東京でしょうし、都民のみなさんには同情します。
わからないというのは本当に怖いことですし、そういうときは”嘘”も多く広まり、疑心暗鬼が深まることもまた感染症の嫌なところです。
ルート不明の感染者の何割かは”夜の街”での感染を内緒にしているともいいますが、諸事情あるにしても、お客さんもお店も正直になって欲しいものです。
そこで濃厚接触者を追うことができれば、蔓延を防ぐことに繋がるんです。

その”嘘”でいうと、卒業海外旅行での感染を隠して卒業式や飲み会などに参加し、感染を日本中に拡散させている京都産業大学の学生が大きな問題になっていますけど、こういうケースは京産大だけに限るとは思えません。
日本の大学生は約290万人ですから、4回生は70万人強でしょうか。
そのうちの何パーセントかは海外での卒業旅行を楽しんだでしょうし、そのうちの何パーセントかはウイルスを持ち込んでいるはずですし、そのうち何パーセントかは無警戒に色んなところに顔を出したはずです。
非難されるのは怖いでしょうけど、身に覚えのあるひとは、どうか正直になって欲しいものです。
わからないまま感染が2次3次4次と広がってゆくことこそ、本当に恐ろしいのです。
(大阪大学で京産大と似たような事態になりかけています。)

また、エイプリルフールに「新型コロナに感染した」と”嘘”をいって世間を騒がせたキム・ジェジュンさんのようなことも絶対にしてはなりません。
それは社会を怯えさせ、混乱させる行為です。
そういうことの繰り返しが、買占めや医療崩壊に繋がることを想像すべきです。
有事での嘘は身を滅ぼします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード