FC2ブログ

緊急事態宣言とStayHome

いよいよといいますか、ようやくといいますか、今日4月7日(2020年)、安倍晋三総理大臣は”東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡”の7都府県に対し、緊急事態宣言を発出しました。
これで武漢ウイルスとの戦いもステージがひとつ上がったといっていいでしょう。

この宣言を受け、当該都府県の知事は、これまでよりちょっとだけ厳しい措置を取ることができるようになりますが、かといって日本には市民生活を強制的に制限する法律はありませんから、あくまで要請や指示に留まります。海外のようなロックダウンも当然できないわけです。
総理が会見に語っていたように、「当該地域のひとびとがこれまでよりいっそう一致団結し、密閉・密集・密着の三密を避け、外出を7、8割減らし、2週間後のピークアウトを目指そう!」という呼びかけによって、同調圧力を強めることが狙いです。

ただ、法律で可能になる部分もあって、臨時の医療施設を開設するために土地・建物を強制収用できることと、企業や工場などから医薬品・食品などの物資の売渡しを政府が要請できるのは大きな変化です。
かりに今後感染者が急増した場合には各地の体育館や公園などが治療の現場になるでしょうし、万が一国が危機的状況に陥れば食料品や医薬品を政府が買い上げ、それを配給することになるでしょう。
また、そこまでいかなくたって、例えば小売店ですぐに売り切れてしまう不織布マスクを政府が生産現場から直接買い上げ、それを国民に分配することも可能なはずです。
個人的にはこれを一刻も早くすべきだと思っています。
(話題の布マスクは、鼻と口を十分に覆える立体マスクが欲しいです。日本医師会の横倉義武会長がしてたようなやつ。)

感染症というのは接触がなければ移らないわけですから、7都府県の方々は大変でしょうけど、とにかく出歩かないことです。
武漢ウイルスに打つ勝つための世界の合言葉は「Stay Home」です。
安倍総理は来月の6日を目途にしていますから、とれあえずはそこまでの辛抱です。
諸外国を見ていればわかるように、「Stay Home」の効果は抜群ですし、来月にはやってよかった!と思っているはずです。
(3月20日~22日の天気の良かった3連休での気の緩みが現在の感染者増に繋がったともいいますし、緊急事態宣言が終わっても同じ轍を踏んではなりません。)

その外国でいえば、ロックダウンを恐れた国民が北部から逃げ出して感染が広がったイタリアなどは、とても参考になる反面教師です。
日本ではロックダウンはありませんが、生活の制限を嫌ったひとの一部が7都府県から脱出しているとの報道もありますし、もうすでに都会から地方に帰省した学生が2次感染3次感染4次感染を産んだという事例もあります。
これは絶対にやめるべきです。
もし武漢ウイルスに犯されていれば、それを拡散することになりますし、移動した自治体で治療を受けることになれば、そこの住民のベッドを奪うことにもなるのです。

「Stay Home」は地方からのお願いの言葉でもあります。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード