FC2ブログ

岡村隆史氏は公共の電波に適していないだけ

私は芸能人というのは一般的な常識や倫理の外にいるひとたちだと思っていますから、彼ら・彼女らが何か突拍子もない発言をしても目くじらを立てることもありませんし、犯罪に繋がったり、世間を混乱させなければいい、くらいの大らかな気持ちで見ています。
芸能人の発言はメディアに乗りやすいので、いちいち気にしていても仕方ありませんし、我々も聞き流すくらいが調度いいと思うわけです。

そんな私ですが、現在大炎上中のナインティナイン・岡村隆史氏の「コロナ明けは美人さんが性風俗に入ってくるので、いまは我慢して待つ」という発言にはさすがにドン引きしました。
以前から性風俗好きを公言している岡村氏は、4月23日~24日未明(2020年)のラジオ『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』でのリスナーとのやり取りのなかで、武漢肺炎が収束する頃は不況になっていて、「え、こんな子が」という女性が性風俗に流れ込んでくる、それは自分たちにとっては「絶対に面白いことだ」と笑いを交えて語っているんです。
かなり具体性のある話でしたから、真意が伝わっていないとかなんとかではなく、これは岡村氏の真意そのものであり、彼は日本が不況になって貧困層が拡大するのを楽しみに待ちわびているわけです。
いやはや、愕然とします。

この話でまた酷薄なのは、「可愛い子が3ヶ月の間、集中的にパッと働きます。で、パッと辞めます」といっているように、岡村氏はそういう女性たちが本人が望まぬ形で働いていることを理解していることです。
その上で、女性たちが窮乏に喘ぐような状況を、チャンスだと思っているところに、寒々しいものを感じます。
しかも、あっけらかんとした話しぶりでもわかるように、大物タレントである彼はコロナ後も影響を受けないと確信を持っているかのようです。
日本社会がどうなろうと自分は貧困とは無縁であり、常にそこから快楽を搾取する側であるという前提で話が進んでいるのですから、まさに特権意識といえるでしょう。

ただ、私はそういう岡村氏の”本質”を批判しているわけではありません。
そういう考え方のひとが一定数いるのは知っていますし、それはそれで仕方ないと思っています。
岡村氏が残念なのは、それを公の番組でしゃべってしまうこと、いっていいことと悪いことの区別がついていないことです。
生放送のラジオを25年間もやっている49歳が仕出かす失言としては最低の類です。
一流芸人ならば、女性の貧困問題や現在の日本の状況を鑑みながら、ギリギリのラインを見極めて笑いを取るべきです。

今日27日、〈ニッポン放送〉は、岡村氏に先んじて、
「コロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました。放送をお聴きになって不快に感じられた皆様、関係の皆様にお詫び申し上げます。弊社番組に関わる全ての制作スタッフには、迅速に、より一層の教育を図ってまいります」
との謝罪コメントを出していましたけど、岡村氏を突き放したともいえる態度です。
番組が継続するかどうかは、岡村氏の”本質”に賛同するスポンサーがあるかないかでしょうね。
まあ、日本は自由の国ですから、岡村氏が自由な発信を続けたいのであれば、ラジオでなくても、インターネットを使えば出来るわけですから、ファンとの楽しい空間はそこだって作れます。

そしてまたこの炎上はかなりの規模で燃え広がっていますから、岡村氏のテレビでの仕事にも影響が出るのは必然です。
特にNHKが彼をこれまで通り起用し続けるのは難しいのではないでしょうか。
過去に問題(犯罪ではなく)を起こして降板したタレントさんと比べても、無傷で済むはずがありません。
今後、岡村氏が謝罪や釈明をしたとしても、彼の本質が変わるわけではなく、最初から公共の電波に向いていない芸人だったと考えるべきなのでしょう。
もともと動きに特徴がある芸風なのですから、舞台で頑張って欲しいですね。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード