FC2ブログ

うどんにはやっぱりちくわ天かな

武漢ウイルスによる巣ごもり生活で”手作り料理ブーム”が起こっているといわれるなか、3月下旬頃(2020年)からホットケーキミックスなどの小麦製品が品薄傾向となり、それがこの5月まで続いているようです。
確かに休校中の子供と一緒にパンやお菓子を焼いたり、お好み焼きを作ったりするのはいい気晴らしになりますよね。
ちなみに、この品薄では”小麦粉自体が不足しているのではないか?”との心配もありましたけど、菅義偉官房長官や農水省が「在庫は十分」といって完全に否定しています。
世界ではいくつかの国が小麦や米の輸出を制限しているものの、日本の輸入先であるアメリカとカナダとオーストラリアは「供給を保つ」という方針なので、我々もいまのところは不安に思う必要はないでしょう。
休校措置が明けたら小麦製品が一気に小売に流れてくるはずです。
(※日本の小麦自給率は十数パーセント。)

そんなふうに考えながらお好み焼きミックスを待っている私ですが、今日5月19日、〈はなまるうどん〉から発表があった「かけうどんの価格変更」にはちょっと戸惑いました。
小が150円→220円、中が250円→320円、大が350円→420円(いずれも税抜き)というのは大幅値上げといっていいでしょう。
これで、すわ!小麦粉不足か!と思って、色々調べましたけど、幸いそういう動きはありませんした。
麺類系外食チェーンで値上げをしているのも〈はなまるうどん〉だけですし、理由についても「昨今のマーケットや飲食業界を取り巻く環境の急激な変化」と説明しているので、小麦粉の問題というわけではなさそうです。
ぶっかけうどんは据え置きですしね。
(※4月から政府が輸入小麦の売り渡し価格を3.1%引き上げたので、それにともなって製粉大手が6月からの値上げを発表していますが、そこまで過剰なものではありません。)

そこで考えられる理由は、やはり武漢ウイルスです。
消費者が外食を控え、行政からは営業自粛要請があるので、店側はかなり苦しい状況でしょうし、それに加えて”ずらりと並んだトッピングをトングで自由に取る”という〈はなまるうどん〉らしいスタイルがマイナス要素になっていることが考えられます。
飲食店やスーパーやパン屋でお馴染みの陳列から自由に取る方式は、”トングを介したウイルス感染”の恐れから、今現在激減しています。
店側はパック詰めのコストがかかるようになりましたし、続けているところでもトングの交換や消毒といった手間がかかっているのはいうまでもありません。
〈はなまるうどん〉でもすでにそれを実施していますけど、そのコストをトッピングの方ではなく、かけうどんの方に転嫁したのではないかと私は推測しています。

これはうどんチェーンあるあるですが、ぶっかけうどんに比べて、かけうどんは値段が安く設定されていることが多いんですよね。
〈はなまるうどん〉でも中サイズで、かけが250円、ぶっかけが390円と、大きな差があります。
これはどういうことかといいますと、ぶっかけは薬味だけや少量のトッピングで済ますひとが多いのに対し、かけは天婦羅などの大物にあれやこれやと手が伸びやすいので、事実上のセット割引になっているというわけです(ぶっかけは薬味代が馬鹿にならないという話も)。
ですから、トッピングが売れなかったり、販売にコストがかかるとなれば、必然的に本体であるかけうどんの値段も考えざるを得なくなってきます。

今回の〈はなまるうどん〉の値上げは、武漢ウイルス禍の終息後も続くであろう”環境の変化”を見越した迅速な対応といえるでしょう。
他の店でも、生き残りをかけ、これまでの価値観やスタイルの変化が求められるはずです。
その先陣を切った〈はなまるうどん〉を私は大いに評価しています。
庶民を支えるお店として、これからも頑張って欲しいものです。

ただ、私は讃岐うどんは固いのであんまり食べないんですけどね…。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード