FC2ブログ

またもやジャンプ作者の性犯罪

今日8月8日(2020年)、『週刊少年ジャンプ』で連載中の『アクタージュ act-age』の原作者が「女子中学生への猥褻行為で逮捕」
というニュースですが、ただでさえ嫌悪すべき犯罪なのに、その加害者が”少年少女向けの漫画雑誌”で仕事をしているのですから、教師の性犯罪に似た胸糞悪さを感じます。
報道によると、マツキタツヤ容疑者は、路上を歩いていた女子中学生にそっと近づいて体を触って逃げるという下衆な行為を、少なくとも2度繰り返し、本人も概ねそれを認めているといいますから、擁護のしようもありません。連載の方も中止になることでしょう。
『ジャンプ』は看板に傷がついただけではなく、連載にも穴が開いたわけです。

ただ、”ジャンプ作者の性犯罪”というのは、そんなに驚くことでもありません。
02年には2度の未成年買春で『週刊少年ジャンプ』連載中だった島袋光年氏が逮捕されていますし、18年には『ジャンプスクエア』の和月伸宏氏が児童ポルノ禁止法(単純所持)で書類送検されたばかりです。
もちろん、連載も休止に追い込まれました。
マツキタツヤ容疑者だってそのことは知っているはずなのに、より悪質な強制猥褻に及ぶというのは、かなり異常です。おそらくは病気の類でしょう。
もちろんそれは減刑の要件にはなりませんけどね。

また、『アクタージュ』のファンが気になるのは、連載が再開されるか否かという点だと思われます。
島袋氏や和月氏は一定の期間を置いてから、別漫画を書き始めたり、連載が再開されたりしてますので、可能性はゼロではありません。
ちなみに、島袋氏は懲役2年・執行猶予4年という判決を受け、同じ集英社の他紙で復帰したのは逮捕から約2年後ですから、懲役の年数を謹慎期間としたのでしょう。
罰金20万円の判決の和月氏が連載中の作品を再スタートしたのは書類送検から約半年後ですが、児童ポルノの単純所持は「1年以下の懲役又は百万円以下の罰金」なので、集英社は半年くらいの謹慎期間が妥当と考えたのかもしれません。

そう考えると、「6月以上10年以下の懲役」が課せられる強制猥褻のマツキタツヤ容疑者は5年くらいの謹慎期間でしょうか。
ただ、島袋氏の連載作品は一度打ち切りになったあと、3年後に他紙で完結編として再開されましたけど、『アクタージュ』の場合はさらに長い期間を置かねばならないはずなので、ファンも関心が薄くなってしまうかもしれません。
もっとも、それはかなりましな方で、犯罪の悪質性からいうと、集英社は連載の完全な打ち切りだけではなく、既刊(単行本は12巻出てます)の絶版すら検討しているはずです。

私はマツキタツヤ容疑者の犯罪は絶対に許せないという立場ですが、絶版にも反対です。
白々しいいい方ですが、作品に罪はないと思うんです。
とはいえ、この『アクタージュ』が書店の棚や、オンラインの漫画販売サイトに、何事もなく並ぶのは、ちょっと受け入れられません。
販売するにしても何らかのレギュレーションをかける必要があるでしょう。

そして、もちろん連載だって、時間を置いた上で、少年誌以外であれば、再開していいと思います。
早目に再開したいというのであれば、同人誌という手もあるでしょう。
ファンのためにも完結させるのが義務というものです。
世間の理解を得るために(反感を抑えるため)、収益の多くを生活困窮家庭の子供たちに寄付するという手もあります。
マツキタツヤ容疑者はまだ若いのですから、罪を悔いて、新たな境地で活動を再開して欲しいものです。

また、その悔いるでいえば、『ジャンプ』の集英社は、過去の作者たちの性犯罪に対する処分が、正しかったのかどうか、もう一度よく考えてみるべきです。
少年少女が読む雑誌の作者が性犯罪で裁かれるということを軽視してきたようにしか思えません。
02年の島袋氏を集英社から追放し、2度と連載させないという厳しい姿勢を取るべきでした。
この3度目の事件は、泣いて馬謖を切らなかった結果です。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード