fc2ブログ

元メンバーから容疑者へ、飲酒運転は不幸しか生まない

このところ所属タレントの残念な退所が目立つジャニーズ事務所ですが、7月(2020年)に発表された〈TOKIO〉の子会社化は、ジャニーズとの関係を残しつつ、メンバー個々の活動がより自由になるという意味で、世間一般にも好意的に受け取られていたと思います(※長瀬智也くんは独立)。
そしてそのとき同時に語られていたのが、〈株式会社TOKIO〉は18年に未成年への猥褻事件を起こして脱退した山口達也元メンバーを受け入れるためのものではないか、というものです。
アイドル事務所のジャニーズに復帰するのは難しくても、別会社とういう形ならばまた元の5人で活動できるのではないかというわけです。
残された4人は山口元メンバーの受け入れを匂わせる発言をしてきましたし、ファンのなかでもそれを期待していたひとも多かったかもしれません。

そうして、この9月21日でデビュー26周年を迎えたTOKIOでしたが、その翌日、まさかの事件が起きてしまいます。
テレビニュースでも大々的に取り上げられていたように、山口元メンバーが酒気帯びの状態でバイクを運転し、追突事故を起こしたのです。
当てた相手の車の運転手も、山口元メンバー本人もまったく負傷することもないような小さな事故だったようですが、午前9時半頃という時間にも関わらず、山口元メンバーの呼気からは基準値の5倍というアルコールが検出され、現行犯での逮捕となりました。
ニュースで流されていた後続車のドライブレコーダーの映像では、山口容疑者のバイクは蛇行を繰り返しつつ、前の車との車間距離も上手く取れていませんでしたから、ベロベロに酔っていたのでしょう。

”山口容疑者と酒”といえば、未成年猥褻のときも酩酊状態だったとされ、事件を受けてのTOKIOとしての記者会見でも、他のメンバーからは山口容疑者が度々収録現場に酒の匂いをさせて現れていたことが語られていましたし、松岡昌宏くんなどはアルコール中毒を疑っていて、事件後には「あんたは病気だ」と叱責したとのことでした。
メンバーたちは山口容疑者を見下げはてつつも、もっと前から厳しく接するべきだったと激しく後悔したことでしょう。
しかし、彼らは退所した山口容疑者を見捨てることなく連絡を取り合っていたようです。
山口容疑者もその絆に応えるように、断酒をし、頭を丸めてお寺に通い、自分を見つめ直す日々を送っていたと、昨年夏の週刊誌で語っていました。

それがどうしてこうなったのか。
反省の言葉は嘘だったのか、それともやはりアルコール依存症というのはそう簡単に克服できなのか。
山口容疑者の内面でなにが起こっていたのかはわかりませんが、わかっているのはTOKIOへの復帰が限りなく遠のいたということです。
私は、病気だろうがなんだろうが、仲間を裏切った彼を心底軽蔑します。

ただ、ここで首をひねりたくなるのは、山口容疑者の報道量がちょっと多すぎることです。
彼はいまは”一般人”なのですから、ニュース番組でそんなに大きく扱う必要はないはずです。
どうしても取り上げたいのだったらワイドショーに任せればいいんです。
社会面として報じるならば、飲酒による事件を繰り返すひとと依存症との関係にテーマを絞るべきです。
山口容疑者でいえば、本人も依存症の自覚があったのか、猥褻事件後にアルコールに関する治療のため1ヶ月ほど入院していたそうですけど、そういうひとが普通にバイクを運転していることに、私は正直いってかなりびっくりしました。
運転免許は手放さないものなんですね…。

日本ではアルコール依存症であっても、それを申告しなければ運転免許の取得が可能ですし、もちろん更新だってできます。
おそらく、依存症のひとでも日常的に車やバイクに乗っているケースが多いのではないでしょうか。
ちなみに、酒気帯び運転で検挙されても、濃度によっては免許停止で済みますし、取り消しになっても欠落期間の2年が過ぎれば再取得も可能です。
より悪質な酒酔い運転でも欠落期間は最長10年でしかありませんしね。
どんなに酷い飲酒事故を起こしても、日本の法律では運転免許の永久剥奪はできないんです。

また、”アルコールによる他の事件”を起こしたとしても、当然のように運転免許には影響しません。
かりに他の飲酒に絡む事件で逮捕され、依存症と診断されたら運転免許が取り消されたり失効したりするというのであれば、山口容疑者も今回の事故を起こすことなく、TOKIOに戻る道を真っ直ぐ歩めたかもしれないわけです。
山口容疑者が事故を起こした交差点は小学校の近くだったそうですし、”酒と運転免許”については、日本社会として、もっと議論すべきだと思います。

飲酒による事故は不幸しか生みません。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード