fc2ブログ

国体廃止は早計過ぎる

国民体育大会といえば1946年から続く国民的なイベントですが、2000年頃から”肥大化による自治体の負担増”がいわれ始め、競技数の上限を定めたり、一部競技の日程をずらしたりといった対応をしてきてはいたものの、費用が下がる気配もなく、いよいよ限界に達してきたのか、昨2023年11月の全国知事会でその存続について見直しを検討することが決議され、それが政府にも通達されたことで、国体に関する議論が表沙汰になってきました。
そしてその流れのなか、この24年4月8日、全国知事会の会長でもある宮城県の村井嘉浩知事が「廃止もひとつの考え方ではないか」と発言したのを受けて、各地の知事も意見を表明し始め、そこでは村井知事に賛同する声もあれば、縮小して続けるべきだという声もあって、今後知事会として改革案をまとめる方針のようです。
どちらにしろ「これまで通りではダメ」というのが共通認識なので、国体にはなんらかの変化が出てくることでしょう。

私も個人的には現行のままの国体には賛同できません。
スポーツ庁のHPに「広く国民の間にスポーツを普及し国民の体力向上を図るとともに、地域スポーツの振興と地域文化の発展に寄与すること目的として、国民体育大会が毎年開催されています。」と書かれていますが、いまの日本を見ると、各地に官民のスポーツ施設やスポーツイベントが充実していることはもちろん、ネット等でスポーツ関連の情報も得やすくなっていて、国民ひとりひとりが自分で体を鍛えることは容易になっていますし、地域のスポーツ文化にしてもJリーグやBリーグが十分にそれを担っていて、国体の存在意義がかなり希薄になっているのは事実です。
むろん、それを1年ごとに各都道府県の持ち回りで平均200億円もかけて開催するのはどう考えても費用対効果が低いといわざるを得ません。
加えて国体向けの施設も、大会のときだけ県の面子が立てばいいという考えで、長く使っていこうという意識が低く、辺鄙なところに建ててしまって、あとで負の遺産となることも多いので、それも問題だと思います。

とはいえ、私は国体の廃止することには絶対に反対の立場です。
国体の開催には上記の理由の他に、天皇皇后両陛下の前で国民の健康で闊達な姿を見せるという本質的な意義があるのです。
国体はいわば国民の大運動会です。
学校の運動会が保護者や地域のみなさんに子供たちの元気な姿を見せるのと同じ理由です。
両陛下は国民にとっての父上母上なのですから、運動会を止めてはなりません。
(※国体には男女の総合優勝県に天皇杯と皇后杯が下賜されています。)

そんな私が推奨したいのはブロック開催案です。
3~5くらいの都道府県の共催で行えば費用負担も抑えることができますし、むしろその方が持ち回りの年数も短くなるので国民にとっても国体がずっと身近になるというものです。
ちなみに私は長野県に住んでいるのですが、冬季国体は開催地が限られているため、10年おきくらいに長野県にやってくるのでありがたみが薄いくらいになっています。
実は第1回の国体は近畿国体と銘打って京都・大阪・兵庫・奈良・滋賀の共催でしたし、第7回は福島・宮城・山形の東北3県大会、第8回は四国大会でしたから、ブロック開催には前例があり、それを復活させることにはなんの問題もないはずなんです。

また、ブロック開催になれば長らく問題になっている国体開催県の勝利至上主義もかなり解消されます。
2004年までは居住地か勤務先がある都道府県での参加だったものが、05年からの〈ふるさと選手制度〉の導入で、卒業した中学高校のある都道府県からも出場できるようになったため、開催県が助っ人として所縁がある有力選手を口説き落とすのが常態化し、さらには大会ごとに色んな都道府県から出場する”ジプシー選手・傭兵選手”なるものが生まれてしまったのですから、これはさすがに行きすぎです。
国体は競技会ではなくあくまで運動会のはずですからね。

さらに出場資格でいうと”国籍条件”も杜撰すぎます。
国体は日本国民のためのものであるはずが、いつの間にか外国籍の学生や永住権を持つ外国籍の成人もしれっと出場できるようになっていることをどれだけのひとがご存じでしょう?
国民体育大会の国民は”日本国民”のことですから、さすがにこれはおかしいです。

とはいえ、私も排外主義者ではありませんから、天皇陛下と日本に敬意を払うことのできる外国人の参加も制限付き(各都道府県何人まで)で認めてもいいかとも思っています。
学生も二重国籍を持つ未成年者はまだ国籍選択前のひともいることから、未成年者に限っては外国籍も許していいんじゃないでしょうか。
ただし、日本国籍取得(帰化)の要件に「5年以上日本に住所を有すること」とあることを考えれば、外国人の国体出場も5年以上の居住を要件にすべきです。
いまだと学生は「1年以上在籍」で国体に出場可能なのですから、さすがにこれは緩すぎます。

とにかく、日本国民の大運動会として、筋の通った形で国体を存続させて欲しいというのが私の考えです。
海外には国体のような全国的なスポーツイベントはありませんし、日本独特の文化をそう簡単に手放してはなりません。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード