fc2ブログ

パリ五輪に向けてもう負けは許されない大岩ジャパン

パリ五輪予選を兼ねるこのU23アジアカップ2024の大岩ジャパンは、グループステージ2連勝で決勝トーナメント進出が決定。
3戦目の相手は同じく2連勝で得失点差も同じ韓国なので、勝った方が首位通過となります(90分同点の場合はPK戦)、。
その首位通過は日本にとって、アジアナンバー1のプライドを賭けての戦いという意味でも大切なのですが、2位通過だと決勝T1回戦の相手が大会開催国のカタールになってしまうため、スタンドの盛り上がりと中東の笛の加味すると、かなり嫌な感じがします。
そのため専門家もファンも「カタールは避けたい。韓国戦は勝利にこだわるべきだ」というのが試合前の一致した意見でした。

ところが大岩剛監督にはその意識はさらさらなかったようで、4月22日のピッチに送り出したメンバーは2戦目から7人替えのターンオーバー。
しかもチームの軸である藤田譲瑠チマと松木玖生、エース格の細谷真大、2戦連続で好プレイを見せていたGKの小久保玲央ブライアンをベンチに座らせるという予想外のスタメン構成。
今大会は最低でもベスト4に進まないと五輪の可能性が消滅するため、決勝T1回戦(ベスト8)が最も大切な試合になりますから、そこでの対戦相手どうこうよりもチームのコンディションのピークをそこに持って行きたいというのが大岩監督の判断だったのでしょう。
2位通過の場合の対戦相手、インドネシアも今大会はかなりいいチームなので、1位通過にこだわって消耗するのも意味がないとも考えたのかもしれません。
そもそも「カタールを避けたい」という考え自体が消極的ですし、「アジアで優勝して五輪で金メダル」を目標とするチームには相応しくないですしね。

ちなみに韓国も決勝T1回戦重視といわんばかりに第2戦から10人を入れ替え。
さらに試合が始まると5バックの守備的布陣で構えるのですから、勝利へのこだわりはまったく見えません。
韓国は日本を一方的にライバル視しているので、日本を格上と見立てた戦術は国内で批判が起こりそうなのに、ファン・ソンホン監督はなかなか勇気があります。

前半の日本は韓国の守備的姿勢に面食らったのもあったでしょうし、怪我やカードや疲労を避けたいというのもあったのか、果敢な攻めはほとんど見られず、右WG平河悠が躍動してはいたものの、韓国の5バックを崩せず決定機といえる場面はほとんどありませんでした。
一方の韓国はカウンター狙いがさして機能せず、球際はラフプレイばかりという酷いチーム。
主力をベンチに温存していたこともあって強さはまったく感じられません。

後半も互いに選手交代はなく、立ち上がりは前半と同じような停滞状態。
しかし13分に韓国が2枚を替えて攻撃のギアを上げると、試合の様相が変わり出し、さらには17分に韓国が疲労の見えた2枚を替え、それに対応するように日本が18分に松木・藤田・佐藤恵允の3枚を投入したことで試合は一気に白熱します。

この大岩監督の後出しジャンケンはいい判断でした(試合後にとある評論家が批判していましたけど、それこそ悪い意味での後出しジャンケン)。
アンカー藤田が中盤を支え、それを担保にIH松木が積極果敢に攻め上がり、左WGの佐藤も攻守にエネルギッシュで、さらにはその影響を受けた右WGの藤尾翔太も生き生きとし始め、チャンスを幾度か作ります。
ただ、なかなかゴールに繋がらない。
とはいえ、韓国はへばってきていましたし、その攻撃を繰り返していればそのうち日本に点が入るだろう、そんな雰囲気になってたんです。

ところが、サッカーというのは恐ろしいものです。
28分、韓国が日本の最終ラインの裏を狙ったボールを入れてくると、それを高井幸大と相手19番が競り合って、高井が勝って日本ボールかと思われたものの、残念ながら相手CKに。
そしてその右CKのボールを韓国がファアに蹴ると、GK野澤大志ブランドンが飛び出しながらもまったくボールに触れないという凡ミス、しかもファアではなぜか日本が数的不利な上に身長のミスマッチも起きているという意味不明な守り方。
当然のように易々とヘディングシュートを決められて、韓国が先制。

選手間の声掛けの問題、GK野澤のコーチングと飛び出しの判断の問題が重なった酷すぎる失態でした。
まあ、この大事な1戦で正GK小久保ではなく野澤を起用した大岩監督に最も責任があるでしょうけど。

このビハインドに慌てた日本は32分にエース細谷と高精度の左足を持つ山本理仁を投入。
この交代もはっきりいって悪くなかったです。チャンスも明らかに増えましたし、決定機も3つ4つあったんじゃないでしょうか。
ただ、まったくゴールに繋がりません。
韓国が死に物狂いで守っていたのもありますけど、41分の細谷のヘディングシュートとかアディショナルタイムの佐藤のヘディングシュートとかは相手は関係ありません。自分自身の技術とメンタルの問題です。
彼らが決定機を外しまくっているのを見ながら、私は怒りを通り越して、心が虚無になっていました。

こうして試合は0-1のまま終了。
韓国が格上相手の常道を完遂しての勝利。
日本はよくある攻めあぐねてワンチャン決められて負けるという駄試合。

それにしてもUAE戦もそうでしたが、日本の決定力不足はまるで呪われているかのようです。
この韓国戦だって3点くらい入っていても不思議ではありませんでした。
試合後に佐藤恵允が「五輪出場権のこともあってプレッシャーを感じている」と語っていたように、チーム全体が少々固くなっているのかもしれませんが、次のカタール戦でもそんなことをいっていたらパリ五輪は逃げて行ってしまいます。

今大会の大岩ジャパンは飛び抜けたタレントはいないものの粒ぞろいで、チームとしての完成度が高く、優勝候補ナンバー1といえるでしょう。
この韓国戦でもスタッツは日本が完全に上回っていましたし、テレビで観ていた印象でも日本が明らかに強かったです。
しかし結果は負けです。我々は惨敗したんです。
グループステージだったので大会を去らずにすみましたけど、決勝T1回戦では負けは絶対に許されません。
スタッツや印象なんてどうでもいいんです。勝利以外は無価値なんです。

大岩ジャパンの面々も、五輪を逃した恥辱の世代になりたくないのだったら、ゴールを奪い、まずはカタールを粉砕するしかありません。
自分のなかの獣性を解放するのです。
獣は重圧など感じません。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード