CNNの2018年訪れるべき場所18選

年末年始といえば、世界各国のマスメディアや旅行業界が「今年(来年)行きたい場所や国」といったランキングを発表していますけど、CNNテレビが発表した「2018年に訪れるべき世界18の場所」に日本で唯一長野県が選ばれたことで、信州人はちょっと鼻高々になっています。

こういうのは普通、世界的な観光地だったり、新たに観光スポットやイベントが生まれたみたいなことがなければ選ばれないので、そういう場所でもない長野県が選ばれたということは、”もとからあった魅力が掘り起こされた”ということです。
CNNの記事のよると、名物の蕎麦、数々の温泉、そしてウィンタースポーツにもってこいのパウダースノーが特徴であり、1998年に冬季五輪を開催したこともある長野県がようやく国際的観光地として注目されてきたとして、お勧めスポットとしては松本城(松本市)と地獄谷野猿公苑(山ノ内町)を挙げているようです。

私も長野県に住んでいて最近は外国人観光客をよく見かけるようになりましたし、県が出しているデータを見ても、2016年度の外国人宿泊者数(実数)は86万人を超え、過去最多を記録し、これは昨年と比べると2.18%増、12年度と比べると4倍を超えています。凄まじい伸びですね。
ちなみに最も多いのは(16年度)台湾からのお客さんで約24万人、次いでオーストラリアが約13万7千人、中国からは約9万4千人(香港が約7万6千人なので合わせれば17万人)となっています。

そして、宿泊地で最も多いのは松本市が約14万人、軽井沢町が約13万6千人、白馬村が10万人。
松本市は台湾や中国が多いものの色んな国から満遍なくといった感じ、軽井沢は台湾の方が約6万7千人とダントツ、白馬村はオーストラリアの方が5万4千人と半数を占めています。
松本市は国際的に知られた観光地、軽井沢はアジアから避暑やゴルフやショッピングが目的、白馬村はオーストラリアのひとたちがウィンタースポーツを楽しむというグラフになっているわけです。イメージ通りですね。

また、”スノーモンキー”で有名な山ノ内町は人口が約1万1千人しかいないのに、5万5千を超える外国人観光客を迎えているのですから、実質的なナンバーワンはここかもしれません。
猿だけではなく、志賀高原スキー場と湯田中温泉があるのはやっぱり強いですね。
ちなみに地獄谷野猿公苑の観光客の”7割”は外国人とのことです。
私もそうですけど、日本人ってそんなに猿のこと好きじゃないですよね。害獣扱いすることも多いですし。
ただ、外国人からするとニホンザルのように人間社会の近くに生息する猿は珍しいようですし、世界的に見ると猿は熱帯の生き物なので、雪のなかにいるだけで不思議な光景のようです。
しかもそれが人間みたいにのんびりと温泉につかっているのですからね。
我々がコアラを見るより楽しいのかもしれません。

そんな長野県の観光地ですが、外国人のみなさんは大切な場所をお忘れじゃあないでしょうか。
長野県のシンボルであり、日本最古の仏像が秘仏とされる善光寺がある長野市を!
軽井沢や松本市はまだしも、野沢温泉村の8万7千に及ばない7万5千しかいらっしゃらないなんてどういうことなんですか!
CNNも善光寺にはまったく触れていませんし、ある日本のテレビ番組でもオーストラリアから日本に来た男性が長野市をスルーしていましたし、悔しいったらありゃしません!
五輪の開催地も”長野市”なんですよ!

長野市在住の私はCNNの18選がちっとも面白くありません!
長野市もっとがんばらないと!
人気ブログランキングへ

反権力の笑い

12月といえば忘年会のシーズンですが、15日の首相動静に安倍晋三総理が松本人志さんら複数のタレントと会食をしたという内容が載ったとき、私などは「これもひとつの忘年会なのかな」と思った程度でさして気にも留めなかったのですが、一部メディアが批判的に報じていて、ちょっとびっくりしました。
どうやら「お笑い芸人は権力に迎合してはならない」というのがその理由みたいですけど、一緒に食事をしたといっても、松本さんはこれまで安倍総理の太鼓持ちのような振る舞いをしたこともなければ、プロパガンダの手先になったこともないはずです。
松本さんの立ち位置としては、権力側でも反権力側でもなく、中立といったところだと思います。
しかも会食の理由も、以前に安倍総理が松本さんのテレビ番組に出演したときの”打ち上げ”とのことで、代金も官邸のおごりではなかったそうです(共演者のツイッター)。

そんな”反権力とお笑い”といえば、17日放送の『THE MANZAI 2017』でウーマンラッシュアワー(30代の漫才コンビ)が、原発問題や北朝鮮のミサイル問題、沖縄の米軍基地や日米関係、五輪費用問題などを政治批判ネタを披露してちょっとした話題になりました。
安倍政権を非難するようなネタが主だったせいか、特に左派寄りの有識者には好評だったらしく、彼らいわく「コメディアンは権力に批判の目を向けるべきであり、欧米に比べて日本のお笑いはその点で遅れている」とのことです。
確かにアメリカやイギリスのコメディでは政治批判・風刺というのは定番になっていますし、スタンダップコメディや映画では辛辣を通り越して悪辣といっていいほどのネタもありますよね。
欧米人がああいうのに大笑いするのを見ていると、私などはちょっと引きますけど…。

もちろん、日本でも政治批判・風刺の笑いがないわけではなく、小話でそれをする落語家も少なくはありません。
ただし、欧米のようにとことんこき下ろすのではなく、”ちくり”とやるというのが日本の笑いです。
そしてお客さんの方はそれを”くすり”と笑う、それが日本人なんだと思いますけど、ウーマンラッシュアワーさんや左派寄り有識者の方々はそれでは物足りないということなのでしょう。

有識者の方やウーマンラッシュアワーさんはご存知ないかもしれませんが(とても残念)、日本の”反権力の笑い”というのは実はとても古い歴史があります。
確認できる範囲ではおそらく世界最古のはずです。
それは日本で800年ほど前から楽しまれている〈狂言〉です。
狂言の本というのは色々ありますけど、定番のひとつが、太郎冠者(使用人や家来)が主の目を盗んで悪さをする、というお話です。
身分制度のはっきりしていた時代、主というのは”絶対の権力者”です。
それに対して太郎冠者がささいな抵抗を見せることは、いまの我々でも十分に笑えるのですが、昔のひとは一層胸のすく思いがしたに違いありません。
そして、その”落ち”では、主が「やるまいぞやるまいぞ」といって刀(に見立てた扇)を持って、逃げる太郎冠者を追いかけながら終わるのですが、よく考えたら太郎冠者の反権力というのは命がけです。
だから笑いになるのですし、主に大したチカラがなければ面白くもなんともないわけです。

そもそも反権力の笑いというのは”普段威張っていて絶対におちょくられることのないひと”をこきおろすから面白いんです。
”いったらやばいこと”を笑いというオブラートに包んで風刺するのがコメディアンの腕の見せ所です。
では、その意味でいって、ウーマンラッシュアワーさんのネタはどうだったでしょう?
残念ながら普段マスコミが書きたてているような内容ばかりで、私には少しも”やばい”感じがしませんでした。朝日新聞をすらすら音読しているようなものです。
早口でリズム良くネタを展開する話芸が見事なだけにちょっともったいなかったですね。

いまの日本の政治家には絶対の権力者などはいません。
一般人もマスコミも自由に批判ができますし、自儘に権力を振るえばどんな政治家もすぐにでも首が飛んでしまいます。
我々の国はロシアや中国や北朝鮮ではないのです。
風刺でしか抵抗できない政治家など、いまの日本にはひとりもいません。

ただし、他の分野にはまだまだ権力や権威を振りかざしているひとがいるので、お笑い芸人さんもそちらをネタにした方が面白いと私は思うんです。
国民的グループを崩壊させた芸能事務所の副社長、燃え盛る芸能界のドン、流行を無視して自分の好きな言葉を流行語に選ぶ漫画家(豊田真由子氏に「ちがうだろーこの○○!」といって欲しかった)、、独善的な選民意識でこりかたまったメディア関係者や有識者、政教分離を無視するどこぞの名誉会長などなど。
威張っているという意味では野球界で「喝!」とか叫んでいるひとや、メキシコ五輪銅メダルのサッカー界のレジェンドをおちょくるのも勇気があるお笑いです。

「反権力!」とカッコいいことをいうのなら、そういう”やばいところ”に切り込んで欲しいですね。
人気ブログランキングへ

堀部安兵衛、300年越のUターン

昨日12月14日といえば、いわずと知れた赤穂四十七士による吉良邸討ち入りの日。
『忠臣蔵』のハイライトです。
それに因んで14日には日本各地で〈義士祭〉と銘打たれた催しが開かれ、特に有名な兵庫県赤穂市の赤穂義士祭、港区泉岳寺(浅野長矩と赤穂浪士の墓所)の義士祭などは全国ニュースでも取り上げられたことがありますよね。
しかし、今年一番注目の義士祭は”新潟県新発田市”のそれでした。

新発田市、かつのて新発田藩といえば、なんといっても”堀部安兵衛”です。
四十七士のなかでも大石内蔵助と並ぶ知名度を誇り、〈高田馬場の決闘〉というもうひとつの伝説を持っている江戸時代のスーパースターです。
その活躍の様子は池波正太郎先生の『堀部安兵衛』に生き生きと描かれているので、興味のあるひとはぜひお勧めします。

その堀部安兵衛は、新発田溝口家臣の中山弥次右衛門の嫡男として生まれ(中山安兵衛)、弥次右衛門がなにかしらの失態を犯して藩を離れることになった際、共に浪人の身の上となりました。
その後、江戸に出た若き安兵衛は有名剣術道場で腕を磨き、そこで一端の剣客としての地位を得たわけですが、同門の菅野六郎左衛門がさる相手との決闘に及ぶこととなり、その助太刀として駆け付けた安兵衛は、多勢に無勢のなか”十八人斬り”とも称される大活躍をして一躍江戸のヒーローになったわけです。

その安兵衛に目をつけたのが赤穂藩の堀部弥兵衛。
後継ぎがいないことに困っていた弥兵衛は、安兵衛を口説き落とし、娘と結婚させて婿に迎え入れることに成功したのです。
そうして元禄10年7月に”赤穂藩の堀部安兵衛”が誕生したわけですが、あの松の廊下の刃傷事件が起き、赤穂藩が改易の憂き目にあったのが元禄14年3月。
安兵衛は仕官から4年にも満たない新参のまま浪人になってしまったわけですから、赤穂藩への忠義がいかほどのものだったかは疑問が残るものの、それでも安兵衛は積極的に仇討ちに加わってゆくことになります。
その理由は”謎”とされていますが、『堀部安兵衛』での解釈が私はに好みです。

…と話は長くなりましたが、先月(2017年11月)、その安兵衛の遺骨が泉岳寺から新発田市の長徳寺に分骨され、”300年ぶりの帰郷”を果たしたそうです。
昨日12月14日はその分骨後初めての義士祭だったのですから、注目を集めないはずがありません。
新発田市ではまず中山家の菩提寺である長徳寺のお堂で市民団体による剣舞や詩吟が催され、その後、市内の小学生児童がダンダラ法被の義士姿に扮し、太鼓を鳴らし、勝鬨を挙げながら市街地を練り歩く〈少年少女剣士パレード〉が行われます。
今年の新潟県は例年よりも降雪が早かったこともあって、映像作品で観る忠臣蔵のような風情のあるパレードだったようですね。

また、お堂での剣舞では安兵衛に扮した小5の女子児童が気迫の籠った剣さばきを披露していたのですが、この少女は5月に行われた市内の剣道大会での優勝者だそうです。
このような”優勝特典”があるのなら、子供たちも大いに稽古に励むことでしょう。
そして、この義士祭の思い出が地域への誇りと愛情を育み、若者の定着率アップやUターンの増加にも繋がってゆくのだと思います。

いい伝えによると、安兵衛は堀部家に婿に入る際、”中山性のまま”という条件をつけ、やがては中山家を復興させたいという思いがあったようです。
その先には新発田溝口家への復帰の夢もあったのかもしれません。
300年越しのUターンですね。
人気ブログランキングへ

鶏むね肉料理で日本も世界標準になるかも

2017年もまだあとひと月残っているわけですが、12月1日に〈流行語大賞〉と〈ネット流行語大賞〉が決まると、なんだか今年ももうお終いという気分になってくるのですから不思議なものです。
ちなみに流行語大賞は「インスタ映え」と「忖度」、ネット流行語大賞は「Nintendo Switch」でしたけど、私個人は「ちーがーうーだーろー、ちがうだろー!」ですね。これを豊田真由子氏風に抑揚をつけて使うとけっこうな笑いが取れます。
豊田氏が議員生命と引き換えに残したこの言葉は世の中をちょっとだけ明るくしたと思いますぜ。

そして今日4日に発表されたのが〈今年の一皿〉。
これは2014年から〈ぐるなび〉が選考しているもので、14年ジビエ料理、15年おにぎらず、16年パクチーというように、割と納得感のあるものが名前を連ねています。
ぐるなびは選考の要件として、
・その年に流行または話題となった。
・その年の社会の動きと関係が深く、世相を反映している。
・食文化の記録として後世に受け継ぐ価値がある。
の3つを挙げていますけど、上記の3皿はまさしくこの通りですし、その後、これらの料理が一般に定着しているという意味でも、この〈今年の一皿〉は価値の高いものだと思います。

そんな2017年の大賞は〈鶏むね肉料理〉でした。
これも本当に今年に相応しい一皿ですね。私もまさにこれだと思います。
授賞理由として、「高齢化や健康志向の高まりから、糖質・脂質の過剰摂取を控えてたんぱく質を適正に摂取しようとする人々が
増え」たことが述べられていただけではなく、
「加熱すると硬くなり、パサつくといわれる「むね肉」だが、ここ数年で塩麹に漬ける、真空低温調理するなどの技術により、柔らかくしっとり美味しく食べられるようになった」という分析も的確としかいいようがありません。

この鶏むね肉について興味深いのは、日本と海外での評価と価格の差です。
日本では一般的にもも肉が好まれ、価格も胸肉の倍はしますが、海外ではその差はありませんし、アメリカなどでは胸肉の方が高いんです。
日本人は牛肉の霜降り信仰があるように、脂の乗った柔らかい部位を好むのに対し、海外では肉そのもののを旨味を貴ぶのでしょう。
日本人には感覚的にわかりにくいですけど、ケンタッキーFCでどの部位も1ピースの価格が変わらないところに世界標準があるのかもしれませんね。

しかし、胸肉料理の流行と定着とともに、日本もその世界標準に近づいているのは確かです。
実は市場価格でいっても、この1年胸肉は右肩上がりで、少しずつもも肉に近づいていっているんです。
このままでは胸肉のひとつの売りである”安さ”がなくなってしまうかもしれないんです!
前にこのブログにも書いたように、我が家はずっと胸肉中心なので、〈鶏むね肉料理〉の受賞は家計のピンチかも!
人気ブログランキングへ

世の人は我を何とも言わば言え

鹿児島県で西郷隆盛を呼び捨てにすると怒られるというのは有名な話ですが、同じように県民から愛されながらも、県民全員から友達のように呼び捨てにされるのが土佐の英雄・坂本龍馬です。
私も高知出身の友人がいますし、高知県にも行ったことがありますが、高知のひとが龍馬を語るときのなんともいえない誇らしげな表情と、まるで近所のお兄ちゃんが都会で一旗揚げたことを喜ぶような親しみは、とても印象深いものがありました。
ところが、そんな坂本龍馬が”教科書から消える”かもしれない、というのですから、高知のひとも「なめたらいかんぜよ!」と鬼龍院花子なみにブチ切れていることでしょう。

11月16日(2017年)の報道によると、高校・大学の教員らで作る〈高大連携歴史教育研究会〉が、「教科書に載っている用語が多すぎる」ことを理由に「歴史上の役割が大きくない」事柄を教科書から削る案を文部科学省に提言する方針なのだそうです。
まあ、歴史用語というのは年々増えてゆきますし、それを憶えることが勉強の主体になってしまえば、その事柄の歴史的意義や歴史の流れが学びにくくなってしまうという判断なのでしょうね。

しかし、だからといって坂本龍馬を削っていいのか、と高知県民は憤るに違いありません。
また、龍馬は小説や映像作品でもヒーローですから、龍馬ファン・歴史ファンも黙ってはいないでしょう。
多くの日本人が持つ”坂本龍馬像”というのは薩長同盟や大政奉還に尽力した日本の偉人なのです。
歴史上の偉人ならば学校で教えねばなりませんよね。

ただ、坂本龍馬は本当に偉人なのでしょうか?
確かに薩長同盟では犬猿の仲だった両藩の仲介役として活躍し、大政奉還でもそれを建白した土佐藩に思想的な影響を与えたことは、関係者の証言や歴史的資料があるので事実といっていいのでしょうけど、歴史上の偉人というのは、世のなかを変革させるようなビジョンを描き、それを成した(成そうとした)人物をいうのです。
そういう意味でいえば、坂本龍馬は偉人たりえません。
薩長同盟を企図したのは駐日英国大使ハリー・パークス(とイギリス政府)だと考えるべきですし、そこでの龍馬はパークスの配下といってい立場でした。
大政奉還は新時代の主導権争いにおいて幕府と土佐藩の思惑が一致して編み出された逆転への一手であって、龍馬は土佐藩(後藤象二郎ら)にアイデアを与えた政治顧問とでもいうべき立場です。
(※大政奉還が成された後も平和的な政権移行には失敗し、結局は内戦に至ってしまうので、大政奉還の歴史的意義というのはそんなに大きなものではありません。)

さらにいえば、薩長同盟で大切なのは、その背景にフランスとイギリスの対立があったことです。
幕府寄りのフランスと薩長寄りイギリスで、日本の新時代に向けての影響力争いがあったわけです。
幕末期、内戦になるか平和的に政権移行が行われるかはわかりませんでしたが、日本が近代化してゆくのは確実でした。
結果的には薩長中心の明治政府が出来上がり、それとイギリスは強い関係を持ち、日本はイギリスをモデルとして近代国家へと変革を遂げて行きますし、大きな貿易相手国ともなりました。
そして1902年には日英同盟へと発展するわけです。

また、大政奉還での土佐藩の動きは、〈薩長土〉という新時代を模索する雄藩のなかで、土佐藩だけが”徳川恩顧”だということと無関係ではないはずです。
小大名だった山内一豊が関ヶ原で大した活躍もせず、時代の機微をよく読んだという一事において、家康によって土佐20余万石を与えられ国持大名になったのですから、その恩は土佐藩の骨格といっていいものがあります。
内戦に陥った後でも藩として大軍を送り込まなかったのはそのためでしょう。

このように歴史というのは当時のひとたちの政治的思惑が渦巻きながら、”縦”に繋がっているものなのです。
歴史の授業というならば、それを生徒たちが理解できるよう導くべきです。
そのために用語を減らすというのなら、文科省も世論に臆することなく実行すればいいのです。

龍馬は偉人ではなくヒーローです。
一介の浪人が日本を動かす偉人たちの信頼を得たことはもちろん、大藩や外国商人たちから上手に金を引き出して会社を立ち上げたこともまた痛快です。
生きていたら明治の大政商になり、いまに続く財閥の祖になっていたかもしれません。
「世の人は我を何とも言わば言え 我なす事は我のみぞ知る」
龍馬本人は教科書から自分の名前がなくなったって、どうも思いませんよ。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード