そこはやっぱりボディでしょ

このところちょっとした議論になっている”受動喫煙問題”といえば、”公共の場での全面禁煙”を求める厚労省と”ちょっとくらい吸わせてよ”という自民党の対立ばかりが注目されてきましたが、ここにきて自民党内のごたごたが大きな話題になっていますよね。
その発端は5月15日に行われた自民党・厚生労働部会の会合で、ガンを経験したこともある三原じゅん子参院議員が、「ガン患者のためにも職場での受動喫煙を防止すべきだ」という演説をしている最中に、「働かなくていいんだよ!」という野次が飛んだというものでした。
この会合はマスコミをシャットアウトしていたものの、三原議員がこの野次を自らのブログに上げたり、マスコミに話したことで、”犯人探し”が始まったわけです。

そして、会合に出席していた自民党議員たちが口を揃えて密告した名前が”大西英男衆院議員”。
これで大西議員はマスコミの取材攻勢を受けることになったわけですが、当初は「いっていない」と全面否認。
しかし、21日頃からマスコミがどこぞで手に入れた会合の”音声データ”を公開すると、そこにばっちり、大西議員らしい声が入っていたことから、「そういう”趣旨”のことはいってない」と微修正。
そして今日22日に会見を開いた大西議員は、「ガン患者を深く傷つけてしまって、深くお詫びする」といって頭を下げたものの、「働かなくていいんだよ!」という野次については、ガン患者に対してではなく、受動喫煙を避けたい「小規模飲食店の従業員”に対してだ」、と苦しい釈明。
音声を聞けば、誰だってガン患者に向けたものだってわかりますぜ。

内々の発言とはいえ、ここまで下衆な野次というのは聞くに堪えないものがありますし、またそれを追及されて、その場しのぎの嘘でごまかそうとする姿勢にも吐き気を催します。
こういう人間に今後自民党が公認を与えるのか、また、東京16区の有権者がどう判断するのか、これから注目したいですね。

ただ、今回の騒動では、三原議員のやり口にも、私は疑問を感じています。
これは仲間内での会合というより、自民党内での喫煙派と反対派の戦いです(大西議員は自他ともに認める大の愛煙家)。
そこで、汚らしい野次を飛ばされたのですから、三原議員はその場で大西議員を糾弾し、真意を問い詰め、徹底的に打ち負かすべきでした。
音声データでの三原議員は、「働かなければいいなどという話がありますか、弱いひとたちの立場を考えて法案を作るべきだ」と反論していましたけど、それでは弱すぎます。
あそこは喫煙派をやりこめるチャンスでした。大西議員の発言は喫煙派の総意なのか、と攻め崩すべきでした。
それなのにその場では反論するだけに留め、会合の後でブログやマスコミを使って批判するなどというのは、政治家のやることではありません。議論から逃げているだけです。
顔に泥を塗るのではなく、”ボディ”に強烈な一撃を見舞ってやって、ぐうの音も出ないようにしてやるのが政治家の戦いです。
ましてや大西議員は同じ党の仲間なのですから、恨みが残るのは得策とは思えません。

そして、音声データをマスコミに流した議員。
おそらく”受動喫煙防止派”だと思いますけど、これも卑怯としかいいようがありません。
文句があったら、その場でいうべきです。強面の大西議員にビビっちゃったのでしょうか?
内々の会合を外に漏らしていては自由な議論はできませんし、このことが野党やマスコミの餌食になることもわからなかったとしたら、議員失格です。

こんな会合ばかりならば、自民一強もそう長くはないと思いますぜ。
人気ブログランキングへ

加計学園騒動、辞職すべきはどちらか

「内閣総辞職に値する問題だ!」

このところ民進党や一部マスコミが騒いでいる”加計学園疑惑”ですが、安倍総理の友人が理事長を務めるこの学校法人が新設を予定している獣医学部新設に関して、内閣府が文部科学省へ「総理のご意向」だといって計画を後押ししたとする”極秘文書”を民進党が公表しました。
そこで民進党の蓮舫代表は、「官僚が国民ではなく内閣を見て仕事をしている。文書の内容は究極の忖度だ!」といって内閣総辞職を求めたわけです。
民進党やマスコミはこれを”第2の森友問題”にしたいのでしょうね。

しかし、この加計学園疑惑、事実関係を見ても何が悪いのかよくわかりません。
まず、この話は2015年6月に安倍内閣が決定した〈日本再興戦略〉のなかに”獣医学部新設解禁”が盛り込まれていたことから始まります。
歯科師や獣医師はあまり多く輩出しても医師があぶれてしまう可能性があるので、日本ではその学校の数を文科省が制限しているんですけど、獣医学部はなんと52年もの間、新設がなかったんです。
しかし、安倍内閣としては昨今の需要を鑑みて新設を判断したのでしょう。
そしてそれを地方創生と絡め、近隣に獣医学部がない愛媛県今治市を国家戦略特区として認め、設立を申請してきた学校法人・加計学園(岡山県)がそれに決定しました。

それにしても、ペットの数というのは50年前の倍以上ですし、1980年頃に上げ止まってからも、じわじわ増え続けているのですから、これまで獣医学部が新設されなかったことの方がおかしいような感じがします。
しかも、増えているペットの種類は犬や猫ということを考えれば、余計に獣医が必要になるはずなので(減っているのは鳥)、獣医学部新設はごく自然な流れだと思うんです。
そうして、選ばれた今治市も獣医学部空白地帯であり、長年設立を訴えていたというのですから、運よく政府戦略と合致したと見る方が適当でしょう。
「総理のご意向」があったとすれば、成長戦略の具体例を少しでも早く実現させたいということなのだと思います。

民進党やマスコミも「疑惑!」や「問題!」といって騒ぐのならば、政府が主体になって”必要ない学部を必要としていない地域に作った”ときでお願いします。
今回のケースでいったら、安倍総理が友達の加計学園を優遇して、世の中が必要としていない獣医学部を、これまた頼んでもいない今治市に押しつけたというのであれば、大いなる疑惑ですけど、そうではないわけですから、これは完全なる”疑惑の誇大広告”ですぜ。
むしろ、問題視するならば獣医学部がなぜ半世紀以上新設されなかったのか、という点です。
獣医学部新設に最も反対しているのが〈日本獣医師会〉であることにもっと注目すべきです。

ちなみに、今治市では長きに渡って獣医学部の設立を目指していて、2010年には地元選手の白石洋一衆院議員(民主党)と県知事と市長で文科省に陳情に行ったこともあるようです。
その後も民進党では高井崇志衆院議員(中国ブロック・現職)が、この今治市の獣医学部設置に積極的に動いていて、2016年4月の衆議院地方創生特別委員会では石破茂大臣に「実現をさせていただきたいと強くお願いをいたします」と熱弁を振るっているのですから、設立が実現したときにはさぞかし喜んだことでしょう。
しかも、高井議員がかつて秘書として仕えていた江田五月元参議院議長は加計学園の理事長と入魂の間柄なのですから(岡山県繋がり)、高井議員は師匠からも大いに褒められたはずです。

民進党議員たちの長年の働きが形になったのですから、蓮舫代表もぜひ褒めてやって欲しいものです。
人気ブログランキングへ

今村大臣激高の理由が知りたい

議院内閣制のトップに当たるひとのことを”首相”、または”総理大臣”と呼びますけど、我が国日本は象徴天皇を掲げる立憲君主制なのですから、”総理大臣”の方が適切だと私は思っています。
”臣”は「主君に仕えるもの」という意味です。
総理大臣を初めとした国務大臣は、国民統合の象徴たる天皇陛下から任命、認証されるのですから、それに恥じない振る舞いをし、国民全体のために奉仕すべきなのです。
その意味でいえば、4月4日(2017年)の今村雅弘復興大臣の”激高記者会見”はまさに失格といえるでしょう。
公式の場で大臣があのように取り乱すなどあってはならないことです。

ただ、ニュースなどでは、記者から福島の自主避難者に関する質問をされた今村復興大臣が、「どうするって、それは本人の責任でしょう。本人の判断でしょう 」と答えると、その発言を突っ込まれた大臣がしどろもどろになって、しまいにはその記者に対して「出ていきなさい。もう二度と来ないでください!」と吐き捨てて会見場を後にした場面を”切り取って”伝えていましたよね。
これだけだと今村大臣にかなり問題があるように見えてしまいますけど、現職大臣が公式の場で感情を露わにするというのは、普通に考えればおかしなことです。
おそらく、多くのひとが「なぜこんなに怒ってしまったのだろう?」と疑問に思ったはずです。
そして、本来それに答えるのが報道なんです。
”切り取る”ことは報道ではありません。

そこで、復興庁のHPや記者との質疑応答のすべてを映した動画を確認すると、まずこれは閣議後のお定まりの会見なんです。
そこで今村大臣は、東北の被災地の生活インフラの復旧はほぼ終了しているが2020年までにやり遂げたい、福島では川俣町・浪江町・飯舘村・富岡町が避難解除されたのにともない生活環境の整備を推進させたい、帰還困難区域についても今後5年を目途に特定復興再生拠点を整備したい、そして心の復興や産業・生業の再生などソフト面での復興にも喫緊に取り組んでいきたい、などと新年度の抱負を述べていました。
それが質疑応答に移ると、あるフリージャーナリストが、「自主避難者の方の住宅の無償提供も打ち切られましたけれども」と話し始め、そこからずーっと”自主避難者”についての質問、というか要望を執拗なまでに繰り返したんです。
今村大臣はしどろもどろながらも、「国が対応する部分と福島県が対応する部分がある」「基本的には自主避難は御本人の判断」と説明して、”法に基づく線引きがある”ことを行間に匂わせるのですが、フリージャーナリストはそれを無視して、「自主避難者にも国が責任を負うべきだ!」と主張してやまないわけです。

もちろん、ジャーナリストが一方的に要望を述べるのは質疑応答の趣旨からもずれていますし、自主避難についての答えは今村大臣の「我々は福島県の対応をサポートする」で終わっているのですから、繰り返しの質問は復興庁の職員が遮って、「その話はまた後日別の場で」としなければなりませんでした。
今回は職員の気が回らなかったわけですが、それならばそれで今村大臣が上手く”いなす”べきなんです。
それが出来ずに相手の奇襲に面食らって慌てふためき、自分で土俵を下りるなど、70歳で当選7回の衆議院議員であり、これまで内閣の役職にいくつも就いてきた政治家として、本当に情けないかぎりです。
大臣がキレた瞬間、フリージャーナリストもマスコミ各社も、”してやったり”と内心狂喜乱舞していたはずですぜ。
今村大臣は猛省せねばなりません。

日本のマスメディアと偏向ジャーナリストにとって真実などどうでもいいんです。
国を叩く自分、権力と対峙する自分、それで注目とお金を集める自分が大好きなひとたちなんです。
それが多くの国民にばれ始めているからこそ、日本の報道は信頼を失っているのではないでしょうか。
普通のひとが知りたいのは、”会見でどんなやり取りがあったのか”ということです。
重要なのは中身です。
場面を切り取るのではなく、全体の意味をまとめて伝えるのが報道というものでしょうに。

みんな、今村大臣のエヴァンゲリオンネクタイの意味も知りたがっていると思いますぜ。
人気ブログランキングへ

矛盾民進、逃げる隠れる辻元清美

予算審議といえば国会の最も重要な仕事のはずですけど、今日3月27日に成立した過去最高額の平成29年度予算97兆4547億円が十分に話し合われた結果と感じている国民はあまりいないのではないでしょうか。
何しろ野党はこの1ヶ月半以上〈森友学園問題〉ばかりを取り上げていましたからね。
今日だって野党第1党である民進党は、「忖度があったに違いない!」「100万円は寄付したのか?」「講演料はもらったのか?」をメインテーマに予算そっちのけでした。

”忖度”というのは”相手方の気持ちを推しはかること”ですから、人間の内面の問題であり、それがあったことを証明することは出来ません。
しかも、総理夫人付き職員が森友学園側から頼まれて財務省に問い合わせた内容は「一般的なもの」(財務局長)だそうですし、問い合わせにあった要望のような項目(定借10年を50年など)も実現していないのですから、問題にするような”忖度”はないと考えるのが妥当です。
そして、森友学園の籠池泰典元理事長が「2人きりのときに総理夫人から100万円の寄付を頂いた」「講演が終わった後に夫人へ手渡した菓子折り袋に10万円の講演料を入れた」などと証人喚問で述べたのに対し、総理夫人がフェイスブックなどでこれを否定したことについて、野党が執拗に追及しているわけですけど、これは誰にも答えが見つけられないいわゆる”悪魔の証明”ですし、いくら議論しても水掛け論にしかなりません。
しかも、寄付にしろ講演料にしろ、たとえあったとしても、それは違法でも何でもないんです。
こんなことを国会で追及するのは無駄という以外ありません。

そんなことをよりも、森友学園問題ではいままさに違法性のある疑惑があるではありませんか。
それは民進党の辻元清美議員が、森友学園経営の幼稚園の敷地に無断で侵入しようとしたり、職員や園児に威圧的態度を示したりしたこと、そして自分が懇意にしている労働組合の人間を小学校の建設作業員という名のスパイとして送り込み、マスコミに対して作業内容に関する嘘をいわせたという疑惑です。
以上は籠池理事長夫人と総理夫人のメールのやり取りのなかで、籠池夫人が書き残した内容ですが、これが一部メディアで公開されると、民進党は公式サイトで、辻元議員は「幼稚園の敷地近くにも接近していません」「作業員を下請け業者に送り込んだとされていますが、これも全くの事実無根です」と全否定した上で、「メディア各位におかれては、このような誤った内容を拡散しないよう強く求めます」との要望を出したんです。

籠池夫人の書いていることを鵜呑みには出来ませんが、民進党は2月の公式サイトで、辻元議員らが小学校の敷地を視察した後、「幼稚園を訪問し」と書いているんです。
辻元議員らの小学校視察の様子はテレビでも報じられていたので、普通に考えれば幼稚園にも行ったのだと思います。
このように公式サイトに矛盾があるわけですから、民進党は何か勘違いしているか、嘘を付いているのは確かです。
これじゃあどうしたって国民は疑惑の目を向けちゃいますよね。

民進党は公党であり、辻元清美氏は国会議員なのですから、具体的な説明をせねばなりません。
幼稚園に近づいた云々は目撃証言もあるでしょうから事実は明らかにしやすいですし、スパイとして疑われている人物と組合からも話を聞いて、それを突き合わせれば何かわかることもあるはずです。
これは”悪魔の証明”でも”水掛け論”でもないので、ぜひ答えを出して欲しいものですし、民進党と辻元議員はそれを出す義務があります。

何しろ、籠池夫人のメール内容が事実だとすれば、辻元議員の行為は威力業務妨害の可能性があり、スパイとされる作業員のインタビューはそれを元に民進党の玉木雄一郎議員が国会で疑惑追及しているわけですから、懲罰動議に付されたっておかしくはないんです。
もちろん、薄汚い工作活動で国会を混乱させ、日本と日本国民に損害を与えたとすれば、党としても議員としても許されざる行いです。

また、その玉木議員は自身のツイッターや26日に出演した報道番組番組で「27日午後に辻元議員が会見する。逃げも隠れもしない」といっていたのに、27日になると、「問題をすり替えようとしている方がいらっしゃる」「あくまで「予定」としか書いていません」とか駄々をこねて、「会見は行わない」というのですから、もうめちゃくちゃです。
玉木議員は民進党の幹事長代理というポストにいるので、発言は重いはずなんですけどねえ。
何とも無責任で民進党らしいです。

その無責任でいえば、民進党や辻元議員の立場を”忖度”して、この件を報道しないテレビや新聞もそうです。
籠池夫人のメールには具体的な例を挙げながらマスコミの行き過ぎた取材を批判する部分もあるので、保身も働いているのかもしれませんが、いずれにしろ民進党とマスコミが歩調を合わせているのは事実です。
この両者はいつも同じ方向を向いていますよね。
国民とは正反対ですけど。
人気ブログランキングへ

忖度する自由、報道しない自由

この2月(2017年)から民進・共産・社民・自由の4野党とマスコミが玩具のようにして弄んでいる森友学園問題は、本来は国有地の払い下げに関する不正疑惑でした。
つまり、森友学園側が政治家を介して財務省に圧力をかけ、国有地を規定より安く取得したのではないか、という疑惑です。
そうしてすったもんだの末、3月23日に籠池泰典元理事長が国会に証人喚問され、与野党の議員の質問に答えた結果、政治家の関与は一切出てきませんでした。
疑惑を騒ぎ立てていた4野党が、それに関する証拠のひとつも探してこなかったことは、この問題が4野党とマスコミが作り出したフェイクニュースだということの証左といっていいでしょう。

国有地が廃棄物の撤去費用分割り引かれたことについては、これまで財務省は「基準のなかで適切に行った」と説明してきましたし、24日に行われた財務省幹部の参考人招致でも政治的関与は明確に否定されました。
むろん、彼らが嘘をいっている可能性は否定できませんが、払い下げ価格については、証人喚問で自民党の葉梨康弘議員が、問題の土地と隣接する国有地が豊中市に払い下げられた際も、ゴミ撤去費用のために、森友学園以上の値引きが行われたことを解説していたことからも、森友学園が不正な計らいを受けているとは到底いえなくなりました。
マスコミはそのあたりをほとんど報道しないので、多くの国民がミスリードされているかもしれません。

このように、政治家の関与もなく、不当な値引きも証明できないわけですから、この問題は”終わり”のはずなんです。
ところが、籠池氏が、土地が払い下げられる前、まだ借地だった頃の定借の延長やゴミ撤去費に関する陳情を、学園の名誉校長だった安倍総理夫人付きの政府職員(秘書)を介して財務省に行っていたと証言したことで、4野党が争点をすり替え始めたわけです。
その陳情は問題となっている払い下げに関するものではありませんし、内容も役所に対する一般的な要望です。
しかも夫人付き職員は籠池氏に「ご要望に沿うことはできませんでした」というFAXを送っているわけですから、斡旋でも何でもありません。
しかし、籠池氏は、この陳情によって、財務省が総理や総理夫人の意向が背後にあると「忖度」し、その後、払い下げに至る交渉が「神風」が吹いた如くにスムースになったと”感想”を述べ、総理夫人から100万円の寄付をもらったといって関係の強さをアピールしたこともあって、4野党とマスコミは”総理夫人”に狙いを定め、「国会に呼べ!」と騒ぎ立てることとなったわけです。
法も道理もない、とはこのことです。

100万円の寄付について、総理夫人は、総理や官房長官の言葉、そして自身のフェイスブックでも否定していますけど、この寄附自体は違法でも何でもありませんし、名誉校長を引き受けているのですから、仮に渡していたとしても何もおかしくないんです。
それを頑なに否定するということは、普通に考えれば”渡していない”ということだと思います。
また、財務省が”忖度”したかどうかは証明しようがありませんし、陳情が退けられ、その後の払い下げ価格が異常でもなかったことからも、財務省の不正を問うことは限りなく難しいということになります。
つまり、総理夫人には何の瑕疵もないわけです。
そういう人物を国会に呼んで証言させるなどというのは、まさに人民裁判、ただの吊し上げです。

そんなふうに野党とマスコミが広げたがっている”忖度問題”ですが、そもそも、民間が役所に陳情する際、政治家の助力を乞うのは、国だけではなく地方においてもよくあることです。
そこに”金銭”や”不当な圧力”が絡めば、刑事事件になるわけですが、そんなことはめったになく、普通は政治家が取り次ぎや事情説明の協力をするだけです。
もちろん、”有力政治家”が間に入れば、陳情はスムースに行くことでしょう。
有力政治家に群がるひとびとというのは、その政治家の顔を見て、役所が”忖度”することを期待しているわけです。
それがなかったら誰も政治献金をしませんし、パーティー券も買いません。
また、政治家は自分が関係している団体や考え方の近い団体の”名誉なんちゃら”をしていることも多いですよね。
政治家はそれが自分の影響力(票や資金)に繋がりますし、その団体からすれば、役所の”忖度”を期待できるので、まさにお互い様です。

4野党やマスコミは、森友問題に関する忖度を批判するのだったら、政治に絡むすべての忖度を否定すべきです。
でも、4野党のみなさんは本当に大丈夫なんですか?
4野党のみなさんは役所に忖度を強要したことがないんですか?
いやあ、清廉潔白なんですねえ。
そしてまたマスコミはそんな野党の立場を忖度しすぎ。
”辻元清美に関する疑惑”は追及に値するテーマだと思いますぜ。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード