ロシアW杯登録メンバー発表 日本代表と足し算

ハリルホジッチ監督解任によって、いい意味でも悪い意味でも注目が集まるロシアW杯登録メンバーですが、今日5月31日、西野朗”新”監督からその栄誉ある23名が発表されました。

GK
川島永嗣 東口順昭 中村航輔

フィールドプレイヤー(西野ジャパンはまだシステムが決まっていないせいかポジション別ではありません。)
長友佑都 槙野智章 吉田麻也 酒井宏樹 酒井高徳 昌子源 遠藤航 植田直通
長谷部誠 本田圭佑 乾貴士 香川真司 山口蛍 原口元気 宇佐美貴史 柴崎岳 大島僚太
岡崎慎司 大迫勇也 武藤嘉紀

先に壮行試合に臨む27人が発表されていたので”サプライズ”はありませんでした。
落選した4人、青山敏弘は怪我による離脱、三竿健斗は経験が明らかに足りていませんし、最終予選で活躍した井手口陽介と浅野拓磨も所属クラブでほとんど試合に出ていないのが理由でしょう
井手口は最終予選後の勇気ある海外移籍でしたが、出場機会を失ったのは残念でした。
サプライズは27人に絞ったときの”中島翔哉”の落選でしたね。
また、所属クラブの試合があって27人から漏れていた久保裕也に関しては、西野監督が追加招集の可能性を匂わせていたものの、最後は無視する形になってしまい、ちょっと配慮が足りなかったようにも感じます。

このように、選ばれた23人は順当…といいたいところですが、香川と岡崎は怪我もあってここ数ヶ月所属クラブで試合に出ていなかったのでコンディションがかなり気になります(香川は最終節に15分ほど出場)。
西野監督は選んだ23人のコンディションについて、「メディカルチェックを行い、練習や30日のガーナ戦で確認した」みたいなことをいっていましたけど、ガーナ戦を見る限り、香川と岡崎の状態はいいときとはほど遠いような感じでした。
W杯本番で使えなかったときは「中島や久保を選んでおくべきだった」という批判が出てくるのは間違いありません。
流行りのアメフト言葉でいえば「できませんでしたじゃ済まされないぞ」ですかね。
(※香川などは怪我の再発を恐れたのか、攻守に渡り相手との接触を避け、2失点目の起点となった相手ゴールキックもまったく
競っていません。)

また、メンバーが決まったことで気になるフォーメーションですが、ガーナ戦では多くの時間を3-4-3に費やしたので、それが基本になるかと思われたものの、西野監督の会見を聞くとまだ決まっていないみたいです。
それも”対戦相手に合わせる”という意味で決まっていないのではなく、”いまのチームとしてどれがやりやすいのか”という意味で決まっていないようです。
私個人はガーナ戦の3-4-3はある程度機能していたと思いましたし、試合後には複数の選手が肯定的なコメントを残していました。
問題は3バックの両サイドのスペースをどう埋め、どうカバーするか、といった部分でしょうね。
ガーナにそこを突かれた際の対応はまだぎこちないものがありました。

そして攻撃に目を移せば、1トップ2シャドーというこれまでにない形を取っていましたけど、残念ながら得点は生まれず、決定機も多く作れませんでした。
左ウィングバックの長友と右ウィングバックの原口を使ってサイドを崩すところまではいっていたものの、最後の部分で決めきれない、いわゆる決定力不足ですね。
しかし、これはアタッカーに”特別な選手”がいない日本代表の長年に渡る課題ですから仕方ありません。
チャンスの数を増やすか、それとも中盤の攻撃参加などのリスクをかけるか、どちらかでしょうね。
いずれにせよ、W杯本番でも我々はじれったい思いをしそうです。

今回の代表は、若手を切り、経験値のあるベテランを並べたため、計算が出来るチームではあります(30代8人は過去最多)。
しかし、その計算というのはあくまで”足し算”であり、そこに化学反応はないといっていいでしょう。
いまの代表と同じように閉塞感が漂っていた2010南アフリカ大会のときは、チームの中心を長谷部誠と本田圭佑という若手に変えることで、ガラッと雰囲気が変わりましたが、いまの代表にはそういう若手もいません。

正直って、このロシアW杯ではなにを楽しみに日本代表を応援したらいいのか私にもよくわかりません。
悲しいかな、足し算というのは結果がわかりやすい計算方法なのです。
それに、そもそも今回の代表はサポーターやファンを意識したものなのでしょうか?
今日の記者会見でも日本サッカー協会の田嶋幸三会長はキリンとアディダスへの感謝の言葉から話を始めました。
もちろん、スポンサーがいないと代表の強化も進まないので、それが大事なのはいうまでもありませんが(私もキリンさんにはずっと感謝しています)、お金がなくても代表は成立するんです。
しかし、国民の応援がなければどうなるのでしょう?
それは日本代表と呼べるのでしょうか?

代表に必要な足し算があるとしたら、それは国民の応援の声ですぜ。
人気ブログランキングへ

西野ジャパン、メンバー発表で見えてきた常識破り

せっかくのW杯イヤーだというのに監督交代ばかりに注目が集まっているサッカー日本代表ですが、2018ロシア大会まで1ヶ月を切った今日5月18日、西野明”新”監督から壮行試合のメンバー27人が発表されました。

GK=川島永嗣 東口順昭 中村航輔

DF=酒井宏樹 酒井高徳 長友佑都 槙野智章 植田直通 昌子源 遠藤航 吉田麻也

MF(守備寄り)=長谷部誠 三竿健斗 山口蛍 青山敏弘 井手口陽介 大島僚太 柴崎岳

MF(攻撃寄り)原口元気 宇佐美貴史 香川真司 乾貴士 本田圭佑

FW=大迫勇也 岡崎慎司 浅野拓磨 武藤嘉紀

常識的にいえば、ここから23人に絞られ、それが栄えあるW杯メンバーになるわけですし、逆にいえばこの27人に入っていない選手はW杯の夢が破れたということになります。
ただ、過去にあった”悲劇の落選”みたいなものは今回はまだありません。
最終予選を勝ち抜いたハリルジャパンのレギュラーメンバーは全て選ばれていますし、岡崎や武藤など欧州クラブでそこそこ試合に出ているのにハリルに冷遇されていた選手が入っていたり、不調や怪我であまり試合に出ていない柴崎や香川といった人気選手もちゃっかり名を連ねています。
(※久保裕也はクラブの試合が月末まで残っていることを理由に選考外にしたと言及していましたから、実質28人目のメンバー)。

もちろん怪我による不運の落選もあって、西野監督も今野泰幸や小林悠の名前を挙げていましたし、清武弘嗣と杉本健勇のセレッソコンビも怪我がなければこの27人には選ばれていたのではないでしょうか。
ハリルジャパンの1トップは大迫がレギュラーで、控えの座を杉本と小林で争っていただけに、その2人とも欠けたのはかなりの痛手だと思います。

そして、唯一の予想外の落選であり、多くの代表ファンが驚いたのは”中島翔哉”の名前がなかったことでしょう。
春の欧州遠征で、停滞するハリルジャパンにおいて、希望を感じさせてくれたのは中島だけでしたからね。
W杯でも切り札になると思っていたひとは多いはずです。
その落選の理由について西野監督は「ポリバレントではない」、つまり”複数の役割をこなせない”と断じていましたが、中島はクラブで攻撃的な選手として”左も右も真ん中”もやっていますから、複数ポジションができないわけではありません。
ただ、代表ではわずか2試合しか出場しておらず、その両方とも左サイドでしたから、W杯までの残り少ない期間では複数ポジションを試せないということでしょうか?
私は中島の可能性に賭けるべきだと思いますけど…。

この中島の落選のように、今回の27人を見渡してわかりやすいのは、代表キャップ数が5試合に満たないのは大島と三竿くらいで、あとは代表経験が豊富ということです。
西野ジャパンはここからの3週間ほどでチームを作ってゆかねばならず、そういうチョイスになったのでしょう。
そもそもシステム(フォーメーション)すらわからないのですからね。
一部サッカー解説者は、「西野監督はシステムありきではなく選手ありきでチームを作るのではないか」と予想していますが、私もそれに同意します。時間がないなかではそれが一番でしょう。
さらにいえば、この6年ほどの代表チームでやっていないシステムは採用しないと思います。
”ザックジャパンとハリルジャパンのいいことどり”みたいな感じになるんじゃないでしょうか。
局面でのディエルは激しく、攻守の切り替えは素早く、それでいて攻撃は縦一辺倒にならず、細かくボールを繋いでの崩しも使うみたいな感じで(いうは易し)。

ハリルホジッチが解任されたのは、「選手とのコミュニケーション不足」(田嶋幸三会長談)とのことでしたけど、これはつまり”有力選手たちが気持ちよくプレイできなかった”ということに他なりません。
ですから、逆にいえば西野監督の仕事は”有力選手たちに気持ちよくプレイさせること”なのでしょう。
”勝つためのサッカー”や”相手チームが嫌がるサッカー”なんかクソくらえ!って感じですかね。

それで本番で結果を出したら本当に凄いとしかいいようがありません。
いままでの日本代表の常識と積み上げてきた歴史が完全に覆ります。
ドキドキワクワクが止まりません。
とりあえず30日のガーナ戦に注目ですね。
人気ブログランキングへ

ハリルホジッチ、名誉を守る記者会見

4月9日(2018年)、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、「選手とのコミュニケーションが不足し、信頼関係が薄れた」との理由でヴァヒド・ハリルホジッチ監督の解任を発表しました。
これを受け、日本のメディアがフランスにいたハリル氏の声を聞くべく、自宅に押し掛けると、ハリル氏は怒りと失望と共に「解任に納得できない。日本に行き、反論する」と述べていたわけですが、この”反論”は”反乱”である可能性も高く、守秘義務を棚上げしつつ日本サッカー協会を徹底的に批判する危険性も指摘されていました。
そして4月21日に来日したハリル氏は、空港では多くを語らず、「私の誇りを傷つけることとは戦わないといけない」といって去ってゆき、協会との激しい”ディエル”の予感だけが残されたわけです。

しかし、昨日27日に開かれた記者会見でのハリル氏はさほど激高した様子もなく、日本への愛着や敬意を語り、自分自身は全力で仕事をやってきたつもりであり、W杯出場や最終予選で初めてオーストラリアに勝利するなどの結果は正当に評価されるべきだと主張しました。
昨年から負けが込んでいた親善試合は「あくまでW杯に向けての調整という位置づけだった」とのことです。

そして田嶋会長のいう”選手との信頼関係”については、「解任が決まるとたくさんの選手やスタッフから感謝と励ましのメッセージが届き、1人の選手はわざわざフランスまで会いに来てくれた」といって、そこに問題がなかったことを強くアピール。
また、ハリル氏の奢りでみんなで何度もディナーを囲んだこともあり、選手とは友好的な関係を築けていたというのがハリル氏の認識だそうです。
その上で、「仮にコミュニケーション問題があったのなら、解任する前に田嶋会長や西野技術委員長からなにかいってくれれば改善できた」というのがハリル氏の主張でした。

ただ、質疑応答の最後になると、「1人(2人)の選手が不平不満を抱き、その声が協会に届いていたと聞いている」というちょっとした暴露を置き土産に、ハリル氏は「しゃべり過ぎてしまった」といって、日本代表へのエールと共に記者会見を締めくくりました。
1時間の予定が1時間半強に延びたそうですから、やっぱりおしゃべりですね。

記者会見の全体的な印象は田嶋会長の解任理由への真摯な反論というものであり、決して喧嘩腰なものではありませんでした。
ハリル氏にすれば”自分の名誉を守るための戦い”だったのでしょう。
田嶋会長のぼやけた解任会見よりはずっとわかりやすかったと思います。

逆に喧嘩腰だったのは田嶋会長の方で、ハリル氏の会見の後の取材で、「1人2人の選手が反乱したようにいうのは失礼だ」と激しく批判。
今後のハリル氏への対応は「弁護士に任せる」ともいっていて、かなり好戦的でした。
しかし、よく考えてみると、ハリル解任の理由について「選手とのコミュニケーション不足」といって、”選手の反乱”を匂わせたのは田嶋会長の方ですよね?
身勝手な怒り方ですけど、造反選手が特定されるのを恐れたのかもしれませんね。

ハリス氏の会見は言い訳というより説明に終始し、責任を誰かに転嫁するわけでもなかったので、日本人好みの態度だったと思います。
しかも日本人は”判官びいき”なので、ハリル氏への同情論が高まるかもしれません。
W杯で結果が出せなかったときは田嶋幕府の崩壊は避けられないでしょうね。
まあ、そのときも”選手のせい”にするかもしれませんけど。

というわけで、W杯でのハリルのテレビ解説に期待しています。
ハリルはまだまだ日本で仕事があると思いますぜ。
人気ブログランキングへ

2018アジア杯、優勝はなでしこジャパン!

〈なでしこジャパン〉といえば国民栄誉賞に輝いたこともある国民的ヒロインのはずですが、マスメディアはこの2018アジア杯での彼女たちの奮闘をほとんど報じていません。
マスメディアにとっては160試合もあるメジャーリーグでのヒット1本やプロ野球2軍戦のホームランの方が大ニュースのようです。
リオ五輪を逃したこともあり、なでしこジャパンのメディア価値は下がっているのでしょう。マスメディアとは気まぐれなものです。
なでしこたちはこのアジア杯決勝に勝って、それを取り戻さねばなりません。
代表チームが勝ち続けなければ、勝たなければ日本における女子サッカーの灯はか細いものになってしまうのです。

日本時間の4月21日未明に行われた決勝の相手はグループステージで微妙なジャッジもあって引き分けに終わったオーストラリア。
今度こそすっきり勝ってアジア女王を掴みとりたいなでしこは、コイントスで勝つと”風下”を選びます。
これはちょっと意外でしけど、前半はオーストラリアに攻めさせ、それを凌いで、後半に勝負をかけるという戦術なのでしょう。GSではそれがハマりましたからね。

そして前半のオーストラリアは予想通り、というか予想以上の圧力で日本ゴールに襲い掛かってきます。
現在”世界一”とも評されるその攻撃力はまるで暴風雨のようで、シュートは雨霰。
13分には完全に崩される形でカーの強烈なシュート!
決定的という以上に絶望的な場面でしたが、GK山下杏也加が奇跡的にはじき出します!
山下はそこからの波状公的も防ぎ切り、そのすぐ後には自らのミスもあって相手に与えたPKをも止めてしまうのですから神がかっていました。
”女・川口能活”襲名ですね!

この山下の活躍もあってオーストラリアの猛攻を凌ぐと、25分くらいからは日本がチャンスを作り始めます。
35分には岩淵真奈がマラドーナ張りのドリブルで相手DFを3人引きはがしながら右サイドを突破すると、そこからのスルーパスに長谷川のシュート!これは惜しくも相手GKに防がれましたけど、岩淵のドリブルは鳥肌ものでした。

そうして前半は0-0で終了。
日本はよく守り抜きましたし、緊迫感のある好ゲームでした。
オーストラリアはやや疲れが見えていましたし、ここまでは日本のゲームプラン通りといっていいでしょう。
GSのときのオーストラリアは後半ガックリ動きが落ちたので、”風上”の後半はなでしこの時間になるはず。

ところが、決勝ということもあって気合十分のオーストラリアは後半に入ってもパワーダウンせず、エースのカーを中心に猛攻を繰り返してきます。
この大会は2週間で5試合という過密日程なのに、オーストラリアの奮闘は敵ながら見事なものでした。

しかし、なでしこは前半同様に高い集中力と粘りの守備でオーストラリアの暴威を跳ね返します。
組織された守備と、選手個々の局面での奮闘は、いわゆる”ゾーン”に入ったかのようで、サッカーではこういうチームからはそう簡単に点は取れません。
オーストラリアは攻めているようで”攻めさせられている”という部分もありますからね。

するとようやく後半20分過ぎからオーストラリアのスタミナが切れてきた様子で、攻撃でミスが出始めると同時に、守備もやや緩くなってきます。
それを見て高倉麻子監督は27分に菅澤優衣香→横山久美の交代カード。
横山は途中出場した準決勝・中国戦で2得点ですから大いに期待。

しかしこの試合のオーストラリアはやはり気合が違って、なかなか日本に主導権を譲ってはくれません。
さすが”世界一”を目指しているチームだけありますね。
オーストラリアはアグレッシブで組織的で、ロングボールというストロングポイントもあって、本当にいいチームです。
こういうチームと同じ地域で切磋琢磨できることは日本にとっても幸福といっていいでしょう。
そしてそんなチームに勝つことができれば、大きな自信を掴めるんです。

そんな後半40分、なでしこの左サイドからの攻撃。
スルスルと相手を縫って前進した長谷川唯からのスルーパス、それをターンしながら受けた横山がサイドステップで相手をかわし、”よこちゃんゾーン”からの豪快ミドル!
これがネットに突き刺さり、待望の先制点!よっしゃああ!
この日ほとんど目立たなかった長谷川の天才性と横山のここ一番の集中力が見事に融合したスーパーゴールでした。

あとは守り切ればアジア杯に手が届くわけですが、GSではここから悔しい同点に追いつかれています。安心はできません。ここからが正念場です!
もちろんそれはなでしこたちも十二分にわかっていたことでしょう。そこからの5分+3分、彼女たちにはまったく隙がありませんでした。
攻守に奮闘した岩渕が足をつる場面もありましたけど(高倉さんはなぜ交代カードを2枚も残すのか)、11人が高い集中力を持続させた日本はオーストラリアを根負けさせ、ついに試合終了。
日本からヨルダンへの祈りも届きました。
アジア女王は我らがなでしこジャパンです!

”ゲームプラン通り”の勝利といっていい結果でしたけど、ランクが遥かに上のオーストラリアとの試合では、薄氷を踏むというよりも、剣の刃を渡るようなプランでしたから、それを遂行したなでしこジャパンは天晴れとしかいいようがありません。
また、大会MVPには岩渕が輝きましたけど、チーム全体がMVPといっていいまとまりを見せていたと思います。
全員が一致団結し、泥にまみれながら栄光を掴みとる姿こそがなでしこジャパンです。
今大会での彼女たちはそれを取り戻しました。

なでしこジャパンはここからがここからが再出発です。
日本女子サッカーの灯を燃やし続けろ!
人気ブログランキングへ

2018アジア杯、未来が明るくなってきた準決勝

GSを突破し、W杯出場権を獲得したなでしこジャパンの次の目標は、もちろん2018アジア杯制覇。
その最初の関門たる準決勝の相手は”古豪”中国女子。
このところ力が落ちてきているとはいえ、得意の肉弾サッカーが勢いづけばまだまだ怖い存在です。
リオ五輪予選では苦杯をなめさせらましたしね…。

4月18日、日本時間午前2時に始まったこの試合のなでしこのスタメンは、今大会初出場のGK池田咲紀子とCB三宅史織を含め前の試合から5人を代える、いわゆるターンオーバー。
4バックが有吉佐織・三宅・熊谷紗希・清水梨紗、中盤が長谷川唯・宇津木瑠美・隅田凜・中島依美、FWに増矢理花と岩渕真奈。

高倉麻子監督が常々「このチームは控えが出ても力が変わらない」といっているように、なでしこは立ち上がりから攻勢に出て、サイドからの攻撃や細かいパス交換で相手を押し込み、ペースを完全に握ります。
しかし、なかなかゴールをこじ開けられないまま時間が進み、ちょっと嫌な感じで前半が終わりかけた39分、ボランチの隅田凜からの縦パスを受けた岩渕真奈が華麗なターンから軽やかなステップで相手DFをかわすと左足でズドン!何度も動画再生されそうなスーパーゴールで日本先制!

こうしていいムードで前半を終えたなでしこですが、後半は立ち上がりから中国がギアを挙げてきて苦しい展開。
中国の野性味あふれるキック&ラッシュは試合を観る側も疲れるそうになるくらいですから、ピッチのなでしこたちは拷問のようだったことでしょう。
ただ、明けない夜はない。
後半25分を過ぎたあたりからはさしもの中国女子もスタミナが切れてきて、なでしこの時間帯…といいたいろこですけど、なでしこたちも同じくらい疲弊。
今大会は中2日、中3日の強行日程ですからこうなるのも仕方ありません。

そうなれば大事なのは交代カード。
高倉監督は28分に長谷川唯に代えて横山久美を投入すると、その横山が40分に左サイドの”よこちゃんゾーン”から思い切りのいいミドル!これがネットに突き刺さり、貴重なダメ押しゴール!
このときのなでしこたちの笑顔と、中国女子のがっくりきた表情の対比といったら例えようがありません。

押せ押せの日本はそこからも攻め手を緩めず、43分にPKを奪取するとこれを横山が決めて3-0!
横山はそのすぐ後にちょっと雑な守備で中国にPKを与え、3-1に迫られるきっかけを与えるなど、終盤はよこちゃん劇場でしたね。
これで復調してくれたら嬉しいです。

こうして見事な試合運びで中国を下し、なでしこジャパンの決勝進出が決定!
ここのところずーっと得点力不足が課題だったなでしこですが、前線で岩渕が自由自在に動く”マナドーナ・システム”が確立されつつあることで、相手にかなりの脅威を与えられるようになってきました。
岩渕の調子に左右されるシステムですから、そこはやや不安ですが、この大会の岩渕はかなりキレているので決勝もやってくるでしょう。
また、長谷川や隅田、清水(今大会のシンデレラガールかも)といった若手が大会中に成長し、チーム力を底上げしてくれているのも頼もしい限りです。
なでしこもようやく世代交代し、低迷期間からも抜け出しそうですね。

そして21日の決勝戦の相手は”ライバル”オーストラリア。
GSではもったいない引き分けでしたから今度はすっきり勝ってアジア女王を掴み取りたいですね。
未来が明るくなってきたなでしこジャパンをメディアももっと取り上げてください!
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード