FC2ブログ

コロナ・ガイドライン違反、相撲協会はいつもあとづけ

稀勢の里や髙安の師匠だった鳴戸親方(隆の里)が2011年に急逝したとき、あまりに突然だったため、部屋の継承問題が起こり、そこで白羽の矢が立てられたのが当時部屋付き親方だった西岩親方(隆の鶴)でした。
隆の鶴は現役時代からだらしないところがあると評判の人物でしたけど、相撲部屋は親方不在だと解散せねばならないので、鳴門部屋としては苦渋の決断だったことでしょう。
本来ならば、鳴門親方(享年59歳)が65歳の定年まで務めたあと、ちょうど年齢的に引退する頃合いの若の里が部屋を継承するというのが既定路線だったはずです。

その後、株の相続で故・鳴門親方の遺族と折り合いがつかなかった隆の鶴は田子ノ浦を取得し、いまも部屋を率いているわけですが、現役時代からのちゃらんぽらんは改善されず、稽古場でも不真面目で稀勢の里らに無視されているとの報道もありましたし、ゴシップ記事が出ることもしばしばでした。
隆の鶴の現役時代は前頭8枚目止まりだったので、横綱・稀勢の里や大関・髙安を指導するのは難しいでしょうけど、せめて波風立てずに静かにしていて欲しいというのが関係者の率直な思いだったことでしょう。

そんな田子ノ浦親方ですから、一昨日7月27日(2020年)、相撲協会の新型コロナ・ガイドラインに違反する”飲食店での泥酔”報道があったこともそう驚くことではありませんでした。
場所中に繁華街に繰り出していたことが発覚して休場となった阿炎もそうですけど、やりそうなひとはやっちゃうのでしょうし、それを狙うパパラッチもいることでしょう。
大相撲と夜の街は切っても切り離せない関係ですし、他にもいるかもしれません。

さて、そこで注目されたのは田子ノ浦親方への処分です。
師匠の錣山親方の判断で休場となった阿炎は、柴田山理事(大乃国)が「今場所は自宅謹慎してもらうしかない」といっていることから、相撲協会としても休場処分を追認したといっていいと思います。
対外的に、”ガイドライン違反をした力士は出場停止”という姿勢を鮮明にしたということです。

では、同じく違反をした田子ノ浦親方はどうなるのか?常識的にいえば同等の処分を課すべきです。
ところが、28日に相撲協会が行ったのは田子ノ浦親方への”厳重注意”だけでした。
細かなことをいうと、これは協会の賞罰規定には存在しない処罰で、呼び出してちょっと注意しただけにすぎませんから、実質お咎めなしです。
阿炎との比較でいえば、正直いって目を疑う処分です。
なにしろ、阿炎が課せられた休場というのは、褒賞金を取得する機会を失うだけではなく、番付が下がるため、年収や生涯賃金に大きな影響を及ぼす、厳しい罰なんです。
一般社会ならば降格の上、減給ということになるでしょうか。

協会のガイドラインは”全協会員”を対象にしたものですから、力士だろうが親方だろうが、立場によって違反者の扱いに差をつけるのはおかしいはずです。
しかも、ガイドラインには罰則規定は存在しないんですから、そもそも違反者に罰を与える根拠はなにもないんです。

私は阿炎や田子ノ浦親方の行いを決して擁護するわけではありませんが、ルールにない罰を与えることには強く反対です。
これが許されれば、組織はあとづけで個人をどのようにでも処分することが可能になってしまいます。
これは本当に恐ろしいことです。
日本の自称リベラルたちが本当にリベラルならばいまこそ大声を出すときです。

そしてまた相撲ファンとして恐ろしいのは、場所後に他の力士の違反が発覚することです。
その力士が優勝していたり、三賞を獲得していたりしたら、相撲協会はいったいどうするのでしょう?
史上初の剥奪となるのでしょうか?
先にルールを作っておかなければ大変なことになるのです。

近年さまざまな問題で繰り返し世間を騒がす相撲協会ですが、危機管理能力の欠如がその原因でしょうね。
人気ブログランキングへ

2020メジャーリーグ開幕、悲しき無限大

野球の〈防御率〉というのは、その投手が9イニング・27アウトを投げたと仮定した場合に失う点数の平均であり、少なければ少ないほどいい成績になるわけですが、ときおり成績欄に”∞”(無限大)と表記されていることがあります。
これはその投手が1アウトも取ることもなく失点してしまっていることを意味しています。
ゼロアウトなので防御率の計算ができないわけです。
もちろん投手としてはかなり悲惨な表記になりますが、開幕直後ならそう珍しいことではありません。
たとえば同点の9回裏にシーズン初登板のリリーフピッチャーがいきなりサヨナラホームランを打たれてしまえば、あっという間に∞です。

今日7月27日(2020年)、メジャー初登板だった山口俊(ブルージェイズ)などはそれに近い状況でした。
今季のメジャーは武漢ウイルス対策として、試合を早く終わらせるために、延長10回からは無死2塁からのタイブレーク制を導入しているのですが、1点リードの10回裏のマウンドに上がった山口は、先頭打者に四球を与えて1・2塁にすると、次打者に2点タイムリーを打たれてあえなくサヨナラ負けを喫してしまいした。
試合後の山口は淡々と投球を振り返っていたようですし、特殊ルールのせいと思って、次は開き直って投げて欲しいものです。

ただ、そんな∞の防御率も、先発投手だとかなり珍しいことになります。
先発が1アウトも取れずに降板するというのもめったにありませんし、それがシーズン初登板ならなおさらです。おそらく何十年に一度という珍記録、それもかなり不名誉な珍記録ということにになることでしょう。
ですから、今日2年ぶりにメジャーのマウンドに戻ってきた大谷翔平(エンゼルス)が、その珍記録に名前を残してしまったことは大きな衝撃でしたし、信じられない思いです。
1アウトも取れずに3四球3安打5失点、ランナーを残したまま、わずか30球での降板はまるで悪夢のようでした。
ちなみに、メジャーで先発投手が1アウトも取れずに降板したのは2004年のボーグルソン(元阪神タイガース。懐かしい)以来とのことです。

自慢の速球は平均が150キロに満たず、変化球も制球が定まらないという目も当てられない内容でしたし、なによりも肘の手術を経て変更した新フォームがまったくしっくり来ていない様子は、不安しか残しませんでした。
下半身との連動性がなく、いわゆる”野手投げ”になっていましたけど、次の登板までにこれが修正できるものなのでしょうか?
フォームが固まっていないなかで投げ続け、肘の怪我が再発することが心配です。
チームから離れ、調整すべきとしか思えません。

通常、大谷のように腱移植手術を受けた投手は、1年数ヶ月のリハビリを経たあと、マイナーで何試合か投げて、実戦感覚を取り戻したり、投球後の肘の張りのチェックを繰り返すものです。
ダルビッシュ有もそうでしたし、大谷も本来はそうすべきです。
ところが、今季は特別な事情があって、武漢ウイルスのせいでマイナーリーグが創設以来初めての中止となってしまっているので、そこでの調整ができないんです。
大谷が酷い姿をさらしたのも、そこに原因のひとつがあるといっていいでしょう。ぶっつけ本番すぎたわけです。

ただ、このままローテーションで”調整登板”を続けるのは、チームにも本人にも決していことではないはずです。
ファンも怒りますぜ。
今季のエンゼルスの大谷の起用方針は、中6日で先発登板させ、その前後は準備と休養、4日間はDHでバッターボックスに立たせるというものですが、そういうスケジュールのなかで新フォームを修正することはかなり難しいはずです。
開幕前の練習中に頭部に打球が当たってローテーションを外れている田中将大(ヤンキース)は、チームに帯同せずに調整を続けていて、実戦形式もベンチ入りを外れたチームメイト相手にピッチングをしていますが、大谷はそれ以上にじっくりと仕上げなければならない状態のように思います。

可能性が無限大だったはずが、いまは不安が無限大です。
人気ブログランキングへ

ルールブック以下のガイドライン

武漢ウイルスのせいで夏場所が中止となり、ファンがうずうずするなかようやく迎えたこの令和2年7月場所ですが、私の住む長野県では地元のスター御嶽海の初日からの連勝に大いに沸いています。
今日7日目も対戦相手の阿炎の土壇場休場で不戦勝となり”7連勝”ですから、ひょっとしたら3度目の優勝があるかもしれませんね。
過去の優勝も19年ぶりの3横綱全員休場場所とか、貴ノ富士の暴力問題とか、いわくつきの場所でしたし、名古屋ではなく国技館開催となり、観客も制限された今場所などは御嶽海が強くないはずはありません。

それにしても、今日の阿炎の休場は唐突でしたし、師匠の錣山親方から説明された理由が「数人のお客さまとの会食」というのも驚きでした(場内アナウンスは「病気欠場」)。
相撲協会が定めたガイドラインでは「不要不急の外出」と「クラスター発生場所や3密になる場所」を避けるよう力士に求めているので、それを阿炎が破ったというわけです。
錣山親方が「お客さま」といっていることから、おそらく後援会関係者と食事に行ったのが露見したのでしょう。
流行の第2波が囁かれているなか、力士のような目立つ風貌の人間が外食をしていれば目立つでしょうに、なんとも迂闊なことです。
相撲協会はNHKと協力しながら”大相撲は感染防止に厳格に取り組んでいるキャンペーン”を貼っているだけに、幹部たちもカンカンに怒っていることでしょう。

ただ、今回の阿炎の休場はガイドライン違反による罰ではないんです。
相撲協会のガイドラインには力士がやっちゃいけないことが色々並んでいますけど、”罰則”はどこにも書いていません。
今回の阿炎の休場は、あくまで錣山親方の判断ということでした。
ということは、親方によっては、不問に付すということもあり得るわけですよね?
それは力士たちにとって公平といえるでしょうか?
相撲協会として罰則も含めたガイドラインを定めるべきです。

私が心配なのは、たとえば終盤戦に入って優勝争いをしている力士のガイドライン違反が発覚した際はどうするかということです。
優勝争いがつまらなくなるといってお目こぼしをすれば、阿炎との比較で出場の正当性が疑われてしまいますし、最悪なのは優勝したあとの違反発覚でしょうね。
協会として規定を設けておかないと、万が一のときに対応できません。

この相撲協会もそうですけど、日本のプロスポーツ興行の武漢ウイルスのためのガイドラインにはどこも罰則がありません。
それは選手に対してもそうですし、観客に対してもそうです。
Jリーグでもプロ野球でも、観客・サポーターによるガイドライン違反が散見されていますけど、連盟やクラブが注意を呼びかけるだけでなんの罰も与えていませんし、このままでは選手がなにかしてもそれで終わりになることでしょう。
契約形態が曖昧な大相撲では親方が力士に強権を振るうことができても、きちんとした契約書があったり選手組合があったりするJリーグやプロ野球では、クラブが規定にない処分をすることはできないはずです。
強行したら選手から訴えられるかもしれません。

もともとヤンチャ者の阿炎もそうですけど、スポーツ選手なんてガイドラインを粛々と守るいい子ちゃんばかりのはずがありません(偏見)。
阪神タイガースの西勇輝投手なんて、緊急事態宣言が発出されている最中、球団も外出・外食を禁止しているのにも関わらず、県境を跨いでゴルフをしたり不倫をしたりしていたのがバレちゃいましたよね。
それでも球団からの処分はただの厳重注意なんですから、痛くも痒くもありません。

サッカーも野球も、ルールブックには退場とか警告とか罰金とかあるんですから、本当におかしなものです。
人気ブログランキングへ

焼き飯と炒め飯

一昨日7月20日(2020年)、奄美地方が観測史上最も遅い梅雨明けをしたとの報道がありましたが、今年は全国的にも長い梅雨になるのが確定的な状況です。23日からの4連休が雨でがっかりなさっているひとも多いのではないでしょうか。
まあ武漢ウイルスの感染者が増えているので巣ごもりの方がいいのかもしれませんが…。

そうしてじめじめが長く続いていると、気になるのが食品・食材の管理ですよね。
自宅でいくら気をつけていても、生産→輸送→販売というルートのなかでの温度管理が難しいですし、小売店から自宅まで運んでいる間だって悪くなりやすいのでどうしようもありません。
ですから、一番大事なのは”すぐ食べること”です。保存期間をできるだけ短くすることです。

ただ、そうはいっても”余るものは余る”というのが飽食に慣れた現代人の真実のはずです。
我が家の冷蔵庫にもタイムリミットを待つ食材がごろごろしています。
それをどうしようかというときに、真っ先に思い浮かぶのは”炒飯(チャーハン)・焼き飯”ではないでしょうか。
とにかくなんでも細かく切って、ご飯と一緒に炒めて、調味料で香らせれば、たいていの日本人はなにも文句をいいません。
いや、それは日本人だけではなく、お米を食べる国全部がそうでしょう。
お米はすべてを受け止めてくれます。

ちなみに、みなさん、”炒飯・焼き飯論争”というのをご存知でしょうか?
両者の違いはきちんとした定義がないため、ときおり議論の的になるんです。
「卵を使うのが炒飯」(卵でご飯をコーティングさせる)という意見もありますが、関西ではそれを見ても「焼き飯」というひとがいるので、それが答えだとは簡単にはいえません。

そこで注目したいのは〈炒〉と〈焼〉という言葉です。
中華料理の〈炒〉(チャオ)は、鉄鍋などに油を引いて、食材を混ぜながら短時間で火を通すという意味だそうですし、〈焼〉(シャオ)は、煮る・蒸す・揚げるなどを含め”火を通す”という広い意味だそうです。
日本だと〈炒める〉は同じ意味だと思いますけど、〈焼く〉は直火か鉄板などを媒介して食材を動かさずに火を通すということになるでしょうか。
というより、”焦げ目をつける”というのが日本人にとっての〈焼く〉のような気がします。
焼き魚、焼き鳥、焼肉、焼きもろこし、焼きそば、お好み焼き…みんなそうです。
興味深いことに、卵焼きは焦げ目がついている場合もあるのに、出し巻き卵になると焦げ目がついていることは稀ですよね。

そう考えると、炒飯と焼き飯を分けるのも”焦げ目”なんだと思うんです。
日本人はご飯の”おこげ”が好きですから、ご飯を炒めるときに焼き付けて香ばしさを強調したのが焼き飯、そうでもないのが炒飯というのが私の結論です。
関西のラーメン屋さんなんかでも、〈焼き飯〉と書いて炒飯を出している店ではちょっと焦がした感じにしているように、我々は〈焼く〉という言葉を見聞きすると、焦げ目を想像するわけです。
炒飯は基本的には焦げ目をつけないものです。

その焦げ目でいうと、焼き飯ならば仕上げの醤油はやっぱり鍋肌から注ぎたいですよね。
私の祖母は必ずそうしていましたし、強くそういい聞かされたものです。
ああ、祖母がよく作ってくれた古漬けの焼き飯が懐かしい。
あれもやっぱり残り物でした。
人気ブログランキングへ

殊勲インタビューではなく風呂場に直行するのが感染防止ではないか

大相撲は長きに渡って国民に親しまれ、皇室にも愛されてきたことから、国技としての地位を確かなものとしていますが、その迫力のある取り組みと伝統的様式美は海外にもファンが多いことでも知られています。
外国人の観光ツアーでも大相撲観戦はオプションに入っているといいますし、椅子席を増やせばもっと人気になるかもしれません(お年寄りにも嬉しい)。

また、海外のひとが驚くのは、大相撲の”興行”としての歴史だそうです。
ボクシング興行が1700年代前半に始まったと考えられているのに対し、大相撲はそれより100年も早いだけではなく、取り組みが記録としてしっかり残っているのですから、まさに世界最古の格闘興行です。
しかも、現在の大相撲の、日曜日に初日があって、中日がまた日曜で、千秋楽も日曜で終るという15日間は、興行として完璧ともいえる日程であり、毎日取り組みが異なり、場所の終盤には番付上位同士の対戦が組まれ、徐々に盛り上がってゆく形もとてもよく考えられています。
相撲協会の安定した経営と力士の社会的地位や収入も含め、他の格闘団体が羨望の声を上げるのも頷けるというものです。

しかし、いまのこの武漢ウイルス禍のなか、その完成された大相撲の形が感染防止対策を難しくさせているのは事実です。
まず、他の格闘興行に比べて、出場選手数が膨大になりますから(650人ほど)、ひとりひとりの健康状態のチェックや控室での隔離が難しいものになります。
しかも毎日対戦カードが違うということは、ひとり感染力士が出て、取り組み相手が濃厚接触者と認定されれば、複数のそれが生じるだけではなく、その濃厚接触者も他の相手と取り組むわけですから、15日間のなかで、2次3次…と感染がどんどん広がってゆく危険性があるわけです。
また、15日間で場所を終えねばならないために、取り組みには延期がなく、濃厚接触者になれば休場、すなわち黒星と同じ扱いになり、優勝争いの面白さが損なわれてしまうかもしれません。

そして、感染防止対策のひとつの柱である検査でいっても、昨日7月19日から始まった令和2年7月場所では、抗体検査やPCR検査も場所前にやるだけで、途中にはやらないようですが、これも15日間ぶっ続けの興行だからでしょう。
他の興行のように週末だけに試合があるならば、平日に検査が出来るはずです。

このように、大相撲は本当に特殊な興行なんです。
その上、”相撲部屋”という独自の疑似家族制度のなかで、力士や行司や呼び出しや床山が同じ建物で共同生活をしているので、誰かが感染してまえば一気にクラスター化する危険性があります。
4月に高田川部屋でクラスターが発生し、三段目の勝武士が亡くなるという悲しい出来事があったのはまだ記憶に新しいところです。
その勝武士は28歳という年齢ながら、糖尿病を患っていたことで、武漢肺炎が悪化したといわれていますが、糖尿病は力士の職業病といっても過言ではなく、かなりの数の力士が不安を感じていることと思われます。

そういった背景を持ちながらも、相撲協会は7月場所を断行したわけですが、専門家の意見を聞きながら厳しいガイドラインを作成し、3密を避けるために支度部屋での距離を開け、アクリル板を設置するなどの対策を講じているといいます。
大相撲放送を一手に担うNHKも、中継中はもちろんニュースのなかでも「厳戒態勢」「厳しい対応」といった言葉を繰り返しています。
しかし、中継の様子を見る限り、なにが厳格なのかよくわかりません。

まず、土俵下の審判部の親方や呼び出しがマスクをしていません。
Jリーグやプロ野球ではベンチの面々はマスクをしていますから、それよりは甘いことになりますよね?
また、土俵のなかで一番声を出す行司がマスクをしていないのもとても気になります。
力士の至近距離で「見合って」「待ったなし」「はっけよい!」「残った残った!」って大声を張り上げているのですから、感染予防というならば、この行司をどうにかせねばならないはずです。
観客には「声援を送るな」と指示を出しているのに矛盾しています。

マスクは声を出すのに邪魔というかもしれませんが、例えば同じく神事でもある能楽では地謡が黒子がつけるような布マスクをしている会場もあります。
見栄えの面でも発声の面でもさして違和感はありませんし、こうして知恵を絞っていることこそが、武漢ウイルスと戦うということなのではないでしょうか。
大府相撲はNHKが「厳格!厳格!」と大声を張り上げているだけで、その姿勢が伝わってきません。

今場所は春場所と違って、「感染者が出ても場所を中止しない」と明言していますけど、もう諦めていたりして…。
人気ブログランキングへ
プロフィール

かつしき

Author:かつしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード